2015年6月 6日 (土)

ヤギのおしごと あなたのお側篇

   イギリス海軍では軍船に山羊を乗せていたというお話から始まった「山羊のお仕事」シリーズですがここへ来て急展開!

   5月いっぱい求職活動をしてなんとかお仕事をゲットしたおかあさんです。今はハマー・ツェントルムにコールセンターのオペレーターをしに行ってます。エアコンの効いたところで座って出来るお仕事で夢のよう! ハマー・ツェントルムへは電車いっぽん、13分で行けちゃうので通勤も楽々! こんなに幸せでいいのかしら!? 
   ただ、5月は結局1日も働いてないのでお給料が出るまで生き延びられるか大変でした。夜が明ける前が一番暗いってこのことね(違います)。

   さて、研修も終わって業務に入った今週、とぼとぼと会社の入ったオサレビルを出たおかあさんの眼に留まったのは多摩市の出したとおぼしき掲示。近寄って何気なく見ると、
   「ヤギによる除草実験のお知らせ
   え?
   「昨年に引き続きヤギを使った除草を駐車場の法面において実施します。
    ヤギ除草は、草刈り機や刈草の集積・運搬・焼却が不要で、化石燃料を使用しないCO2排出削減・環境にやさしい除草方法として注目されています。
    期間中は、『大きな音を出してヤギを驚かさない。柵の中に紙くずやゴミを投げ込まない。』等皆様のご協力をお願いいたします。」だって!

   時期は4月の下旬から10月半ばまで。もうやってるんじゃん!? どこ!?
   大人の膝を超えるほどの雑草の繁茂する斜面を見下ろすと、はるか向こうになんか白いものが揺れてる! こういうときこそ携帯だわ! と、リュックにしまったスマフォをいそいそと取り出してスイッチオン! 掲示とヤギのイラスト入りの「大きな音をだしてヤギさんをおどろかせないでください エサをあたえないでください」という(お子様向け?)お願いの掲示を撮ると、いそいそとその白いモノにむかって階段を下りました。大丈夫、そんな遠回りじゃなかったです。そして、粗末な三角屋根の仮設ヤギ小屋と、のんびりと草をはむ3匹のヤギさんを発見! みごとに携帯に収めました! ……すいません、わたしまだスマフォからこのブログにお写真おくるのってできないので文から想像してください。娘にはラインで送れました。これは金沢に去る前に虎ちゃんが教えていってくれたの。

   ……1匹はサボって小屋の中でお塩かなんか舐めてましたけどね。

   昨日は雨だったので、さすがに小屋の中だろうと思って帰りに寄りますと、
   小屋が動いてる!
   午前中はまだ降り出してなかったからですかね、こまめに面倒をみてくれてるようです。小屋の位置が動いて、もっと仕事場のビルに近い方へ来てました。そして! やっぱり3匹には小さかったのでしょうか、一匹のヤギは小雨の中結構な斜面をのしのし登って、その人間様ではとても立っていられないようなところの草をもりもり食べていました。

   ナルホド、傾斜地の除草はヤギに如かず!

   ヤギ除草の有効性については、このシリーズを書きながらいろいろ調べたんですが、見てて癒されるとかしーおーつーがどうとかよりなにより、意外なところで効率! 実は、ちょっと起伏があると草刈り機って入れないらしいんですよね。ところが、ヤギは、ネットでときどき信じられない画像的なジャンルで上がっているのを見るに、相当すごい斜面でも苦にせず上っちゃうらしいです。だから、こういう団地の法面なんかの除草にはもってこいなんだとか。なるほどな~。これは百聞は一見にしかずってやつよね。

   虎美どころか旦那様や豹太にまでどしどし写真を送ってしまってゴキゲンなおかあさんでした。

   じゃあ、頑張ってハマー・ツェントルムの美化に貢献しちゃってくださいね。

   そーいえば先週? うちも不動産屋さん差し回しの植木屋さんが「虫が出たとのことなので」と庭の手入れに来てました。隣との境のブロックのお隣側に結構蔦がはってて、ものが蔦だから切ってもいいものか悩んでたのをたぶん手入れしてたようで、お隣の奥様が出てきて見張りつついろいろ苦言を呈しておられてちょっとうわーここで聞いてますスイマセンと冷や冷やしたんでした。
   うちもヤギ飼おうかしら。でも、こんなに狭い庭でそんな声が聞こえるほど密着してるところでヤギは無理よね。ハマー・ツェントルムの駐車場でもそこはかとなく育小屋の香りがしてたから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月30日 (火)

洗濯機が逝ったらしい

   いやこれ家電カテゴリだろ(作れ)。

    当家では仙台時代より生協の粉石鹸を使用しておりますが、これはよく落ちるし仕上がりもふんわりとしていておまけになんだか地球環境もいいらしいのですが、残念なことに石鹸カスというものができてしまって、手入れをしないとそれが洗濯槽内にたまり、不潔であったり、洗濯物に再付着して仕上がりが悪かったりという問題点があります。それを防ぐためにはこまめに洗濯槽クリーナーというもので石鹸カスを除去しなくてはならないのですが……。仙台にいた頃は残り湯を使って良く溶かしておったためにかあんまり大惨事となることはなかったのですが、さすがに中高と子供が野球部で、ほぼ毎日2度3度回すということをやっておっては。

   そういえば最近は、ホースの方にも詰まっておるのか、洗濯~すすぎやすすぎ~脱水への水抜きの時点でうまく水がはけずに、「もうだめ、限界」と洗濯機の方でSOSサインを出して止まっていることが多かったっです。それは洗濯機の方であらかじめ設定されている「トラブルの報告」の機能で、取扱説明書には「ホースの排水など確認してからスタートボタン押し下げ」で対応、と書いてある通りにやればなんとか過程を再開してちゃんと洗濯工程を終了してくれていたのですが。ええほんとこの2,3年は。だから、
   「洗濯機がよく止まるから夜中の3時まで寝られなかった」と野球部のママに愚痴ってナニソレと言われていたのでした。

   まあ、洗い上がりが悪くなってきて、ねずみ色のねっとりしたものがついているというのは「そろそろ洗濯槽クリーナーしなくっちゃ」の目印だったのですが、最近ちょっとさぼってて。だいたい、よく止まる→洗濯に時間がかかる→洗濯槽クリーナー(ここで2時間放置してねとか素で書いてある)で回している時間が無くなるということですから。おかあさん最近アルバイトに出ていて日中はいないし。

   おにいちゃんやっと野球部を引退して洗濯ものに追いまくられる日々が終わったと思ったら、おにいちゃん牛丼やさんにアルバイトを見つけて、制服一式をまた洗う日々が訪れました。3セットあって必ずしも夜中に洗って翌朝に間に合わせなくてもよくなっただけが救い……ってネタにしようと思ったらこんなことに。だから水温も高く洗濯物の少ない夏のうちに洗濯槽クリーナーしとけば良かったんだよって、秋ぐらいにやった気がするけど……。時既に遅し?

   ほんとに今日はよく止まる、虎美、あんたは明日また学校だから寝なさいとベッドに送り出したのが2時! 最近はほんと、チョークで引いたような大胆な石鹸カスがついてくるようになっていて、仕上がりをチェックしてすすぎをもう一度しないと使い物にならないから、と仕上がりを待っていたんです。虎美も学習というものをします。

   ところが、ほんとにもう、3分しないで止まる、スタート押してもまた止まる、という事態に、もうホースはどうしようもなく詰まっておるのだなと判断して、もう手で濯いで脱水だけかけて干して、連休明けに電気屋さんに来て貰おうと洗面台に洗い物を全部出してみたら。
   ……虎美のパーカとか、抱き枕カヴァーとか、大物が結構あったよ。
   そして、よせばいいのにいろいろ試したら、洗濯槽洗浄モードでお水を満タンに張った状態で水がはけずに止まってしまいました! おかあさんのバカバカ!
   下着類はなんとか手で絞ってタオルでぱんぱんして干しました(参考:「カルバニア物語」 女王様が自分のショーツを自分で洗濯するエピソードがある)。
   タオル類はラップの芯がちょうどあったからそれを芯にねじるようにして絞りました。けっこう絞れたけど、3回目にはもうお水でぐなぐなになってボロボロ表面取れてきちゃいました。ま、加工してあるとはいえ紙だしな。

   ……あとはどうしよう?

   今、シャンプードレッサーに裏が起毛でもこもこになってる虎美のパーカ放置してます。絞るのやだむりーもう手が疲れたー。「娚の一生」でつぐみさんが海江田氏の下着を洗濯するエピソードがあって、うわー今時手で洗濯して(洗濯はともかく)絞るなんて無理、って思ってて、実際そのあとの美人秘書が押しかけてきて「あたくしがいたします」つって意気揚々とやったはいいけど全然絞れてなくてびしょびしょの状態で干してて、あーああいうのそういうお外の物干しがあるからできるんだよなーって泣きたい気持ちになりました。最悪仙台のマンションならあの広いヴェランダなら吹き降りでもない限りなんとか干せたし水が多少滴っても迷惑かかん無かったと思う……(ああまた仙台帰りたいノイローゼ復活しそう)虎美の服、濡れたまま放置で色うつりとかしたらどうしよう? あーおかあさんそろそろお化粧落として寝たいなー。

   ちょっとネットで調べてみましたが、この辺コインランドリーもないみたいです。グーだかYahoo! だかで、「ノイエ・リリエンベルクに引っ越してきましたが近くにコインランドリーがないようです。どうかおしえてください」ってのが引っかかったぐらい。そんでもって回答あったみたいですがそこも家からは遠い! うち車ないんですってば! 無理! 大きいお風呂やさんの側ならあるんだろうかと一縷の望みで開けてみた「ジャイアンツ・ランドのヴィクトリーの湯」も、あそこはどちらかというとリゾート的お風呂なのでお食事どころやマッサージのサーヴィスはあってもコインランドリーはついてなかったのでした。

   最後の望みで開けてみた天気予報も、明日から下り坂で、びちゃびちゃのまんま外に干しといて自然乾燥を期待するというわけにもいかなそう

   ……恥を忍んで裏のキタガワさんちに脱水だけさせて貰いに行くかな?

   来て貰うにはちょっとお玄関と洗面所掃除しなきゃだし、電気屋さんも「連休明けにしてよ~」と思うことでしょう……。

   嗚呼、早乙女家の大型連休はお洗濯難民!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

メイプルシロップの使い方

   本日は暇ネタ。

   それはまだ仙台でだらだらした生活を送っていた頃。生協で、カナダから直輸入のとってもいいメイプルシロップというのを頼んでみて、ホットケーキに掛けたり、生協のプレインヨーグルトに混ぜたりしておいしく頂いていたのですが、……ちょっと飽きてきた頃かな? なんだか甘い匂いがずっと漂ったままだわ最近、ふたをキッチリ締めてないのかな、なんてぼんやり考えていて。飽きちゃってたのでそのまま一ヶ月ぐらい放置で。

   久し振りにテーブルの陰になってるところまでお掃除しようと潜ってみたときに見たものは!

   倒れちゃってもう残り半分になってるカナダ直輸入メイプルシロップと、テーブルから滴り落ちて床に広がってる大きな茶色い染みでした! 旦那様ゴメンナサイ! もう時効だから許して!

   慌ててテーブルどかして必死に拭きました。マンションだったからありんこは来てませんでした! 

   お雑巾何枚も費やして水拭きから拭きしてなんとかベタベタしなくなるまで拭き上げましたが、そのあとは……さすがカナダ直輸入、買ったまま一度もワックスがけしてなかったフローリングの床が、ハムテル@「動物のお医者さん」が大掃除の時に担当した壁の如くにつやつやのぴっかぴかに! そりゃ樹液だもんなあ。牛乳で磨くってのは聞いたことあるけど、メイプルシロップもワックスの代わりになるんだぁ……でももったいないからもうしません。戸建ての方もありんこが寄ってくるかもですからお奨めしません。……あんまりなんにもネタがないから出してみました。

   ……インフルエンザがまだ抜け無くって。やっぱりお医者に行って薬をもらうに越したことはないんですね。頭は痛いし空咳は続くし。今日も寝て直すつもりです(いや医者行った方が良い?)。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

やばい!

   東京ガスのひとが昨日のお昼近く、
   「定期点検ですー」って来て!
   「台所見せてください」って!

   困るーッ!! いまうち「ハウル城」だから!(またか!)

   「困るわッ!」と押し切って、ちょうど虎美の受験でおやすみを戴いてた木曜のお昼に来て貰うことにしましたが。

   

大掃除だ!

   って、こんな時間に起きてるわけ。
   ほんと、何で突然来るのよ! もしかして、ポストにお手紙挟まってたけど見逃したって奴かしら?(玄関周りもなんだか散らかってる!)

   

大掃除だ!

   どうせ虎美の卒業式におばあちゃん来るって言ってたからちょうどいい、心を入れ替えて掃除しよう!(といつもギリギリになってから反省する……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

ポーランド人男性のお値段

   余震おさまりませんねえ。
   それがまた、マグニチュードが7とか、最大震度が5とか6とかで、そんなんふつうだったらそれだけで1週間ぐらい話題引っ張れる大地震だって!
   ホントお心を強く持ってください。
   サッカーのベガルタ仙台にいた外国人選手が、
   「ボクは日本大好き! ずっと一緒にいるヨ!」って言ってたのに、こないだの震度6の余震で心が折れて退団、帰国したって……。無理しなくていいからね。落ち着いたらまた来てね。ホントごめんね。

   そういう多摩丘陵の早乙女家では……まだ外灯が点いてない
   れいの、余りにも高すぎて手が届かなくて換えられない外灯です。さすがに暗いままだと旦那様の帰宅にも可哀相で、とりあえずパルックボール(電球型蛍光灯)で買い求めて参りましたが、旦那様いつも疲労困憊でさ。
   この週末、意を決して声を掛けましたところが、
   「お兄ちゃんにやってもらって」
   「豹太では背が足りないんです」
   「もう追い越されたって」
   「チキンで高所恐怖症だから無理なんです、手を伸ばせない」
   「イヤだ」って……。

   押して豹太に命じましたところが、
   「身長は勝ったかも知れないが、手が短いから無理」
   ああ、手が短いのも口が達者なのもうちの家系ですよッ失礼しましたねッ!

   手さえ届けばわたしがやりますよッ! 届かないから言ってるんでしょッ!
   ああッ実家の母が本当にこのひとはなんにもしないんだからと前住んでいた家の屋根のペンキ塗りまでやっていたことを思い出します事よ。

   エスニック・ジョークで、電球が切れたとき、普通ならそれを取り替えるには背の高い(?)男性一人いればいいところが、ポーランドでは、机の上に上がる人の他に、その机を寄ってたかって持ち上げて回す屈強な男性があと4人必要であるといったようなものがあるそうですが、それは、要するにポーランドが何をやるにも人手がかかって時間も取るみたいなことを表わしているんでしょうか? それにしたって換えてくれるんだからまだましよッ!

   ああッ! イケメンのポーリッシュ男性4人を派遣していただくにはお幾らかかりますかしらッ!?
   ……この期に及んで「イケメン」を付け足す余裕があるのか。

   ソコまで行かなくても、ビールのひとケースも持っていってマデノコージさんのところのイケメンのお兄ちゃんに頼めばいいかなあ。まて、あそこはまだ未成年だ。ミネラルウォーターにしておくか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

ラストスパート!

   うおおおおお! きなりっこ最強ッ!

   ただいま絶賛大掃除中(時計を見ろ!)。すいません追い込まれないとその気にならなくて。
   いつもはお洗濯に使っている廃油製きなりっこせっけんですが、良く溶かして使えばお台所の油汚れも落ちますよなんて袋の説明に書いてあって、この夏以来ほったらかしのレンジフードとその周りの壁なんか擦ってみようかなーなんて。今思いつくなーッ!
   思って、そのお掃除用ボロ切れを作るために着古しのお洋服を分解してたら楽しくなって日付変更線を越えちゃったのよ(それは12月初旬にやっとくべきコトでしょぉーッ!?)。
   もう捨てちゃおかなと思ってた(思ったらすぐ捨てようよ)お台所洗剤の空き容器にきなりっこを適当にあの洗剤用スプーンで2杯くらい入れてお湯を入れて思いっきりシェイクして、なんだかまだダマだわぁというのを着古しのメリヤス布を破って作ったボロ切れに含ませてお台所のそこら辺を擦ります。

   うん。落ちます

   ちょっと力はいるけど、楽しい。

   合成のいい匂いはしないけどね。まあ、その分安心ってコトで。
   今はちょっと上の方やって肩が疲れたから休憩中。
   たしかこれ思いっきり手が荒れるんじゃなかったかなーと思いましたが、それはまあ、お正月金沢早乙女家でもう地デジ対応したTVでもゆっくり見ながらいいクリームをすり込んでマッサージでもすることにして。

   あと1日ある! がんばるぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

LED電球のいじわる

   うちは旦那様が眼が悪い関係上、けっこうどこの電灯もつけっぱで、非常に地球環境に優しくありません。気がついたら消すようにはしてるんですが、玄関の電気とか、うっかり表もうちの中もつけっぱなしで午後遅くまでほったらかしだったりして。もったいないもったいない。ですから切れるのも早くって……
   「玄関の電気が切れました」
   「点けたり消したりするから寿命が短いんです。点けっぱなしでよろしい」って、そんなわけがあるかーッ! 歩き始めたおこちゃまの悪戯のように短いサイクルで入/切したらの話でしょうが!

   玄関の表の方が切れたのは12月はいってすぐだったでしょうかね。
   「この際LEDにするという手もある」
   「だったら買ってきてくださいな、ご近所スーパーにはないですそんなの」と言ってから音沙汰なしで、なんと先週には入ったたたきのところのも切れちゃった。階段や廊下の電球はまだ生きてるから真っ暗で往生するってことはないけど、さすがにこれはまずいでしょ、とリーリエマートに電球を買いに行きました。
   「長持ちする電球型蛍光灯にしましょう」ってこれもいいお値段しますね、1500円ぐらいだったかしら。
   脚立を持ち出して、なんとか手が届きました。ここんち天井が無駄に高くて、トイレの吊り戸棚なんて高すぎて手が届かなくてトイレットペーパーとか入れられないの。なんのための収納なんだほんと使いづらいんだからブツブツ。
   そして、表の電灯も、旦那様が忙しくてあんまり調達が遅いから、もういいやこの電球外して、
   「この口金にあう電球くださいな」って電球を買いに……行こうと思ったら、届きませんでした。前切れたときはどうしたんだっけ!? ちょっと、困るわー!!
   ……と放置してたんですが、お正月を控えて玄関の電気が切れたままってみっともないし、第一暗くってこの日の短い季節に大変だから、買っちゃうことにしました。なんと、リーリエマートの電球売り場にLED電球が入ったのを一昨日見たのです!
   おお、輝ける文明の光よ。すんごくお高かったけど(2900円ぐらい)。
   豹太がいて、手を伸ばしてくれることを期待して、今日満を持して買いに行きました!
   なんだか重かったです。そんでもって、電球のウェストのあたりがアルミダイキャストのようになっていて、ハイテクというかメカメカしい雰囲気でした。おお、これはきっと長持ちしそうよ!
   さて、脚立をお外に持ち出して、豹太を呼んで、登って貰いましたが……豹太まだ身長165ぐらいでさ、……………届きませんでした。
   だから最近のメーターモジュールかしらないけど規格外の大きさの家っていやなのよ! 日本人の体格が良くなったっていってもいいとこ平均は170内外なんだからさ! どうしてくれるのよ!
   旦那様を呼びました。いてくれてよかっただーりん。彼も公称168センチですが、うんと手を伸ばして、指先だけでなんとか電球を回して、外すことができました……?

   やばい。

   今外した長持ち電球と、買い求めてきたLED電球、露骨に形が違うわ。

   天井にはめ込み型の電灯で、天井に切ってある円柱型のくぼみに直接電球を差し込むのですが、口金の大きさは同じようだけれど、電球のウェストというか腰から下の形が違います。元あった方は一応電球の形を模してすうっとええと、反比例のカーヴを描いておるのですが、LED電球の方は、ダイキャスト部分は最もふくれた部分から口金まで直線なんですよね。

   旦那様は構わず押し当てて回し始めましたけれど。

   ごーりごーり。

   なんかこう、つっかえて空回りしてる音なんですよ。

   ごーりごーり。

   入ってかないみたいですね。
   「旦那様、それ、穴に電球が沿ってないです。無理」
   「そんな筈は」
   「返品してきましょうか?」
   「中の電灯で試せばいいんです」

   この前付け替えたばっかりのたたきの電球と替えました。
   「スイッチ・オン!」

   ピカーッ!

   ほんとに明るかったです。昔の蛍光灯みたいに青白さが勝っていて、これぞ文明の光(違います)。

   「あとはこちらを表に入れれば」
   「入りますかね?」
   「……入りませんでした」
   「どうしましょう?」
   「どうして現物を持っていかなかったの!?」
   脇で見守っていた豹太が怒る怒る。だって手が届かなかったんだってば。
   「うちじゅうの電灯で試せばいいんです」と、旦那様少しも騒がず廊下の電灯で試したところ、なんとかなってホッ。

   廊下にはがらくたが溢れていて、脚立が置けなかったといって
   「お掃除をしなさい」 とガンガン叱られてしまいましたけどね。ま、これからエンジンを掛けていきますから(本当か?)。

   それにしても、従来の電球と切り替えてくださいというならまったく同じ形にしてくれないと困るじゃないの! ほんと、LED電球のいじわる。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

桃太郎お掃除隊がゆく!

   本日雪関係のもの以外ほぼ全ての警報が出た神奈川県川崎市一帯からお送りします。流石高校はちょうど文化祭で、
   「警報が2つ出ていたら11時まで待機、その後の様子を見て決行か延期か決める」とのことでぎりぎりまでぐずぐずしていたかぜっぴきの豹太は、朝の時点では
   「強風注意報だけだね」とおかあさんに言われ泣く泣く登校しましたが。
   旦那様が起きてきて、医者に行くんだけどとTVを点けた頃にはもう、大雨雷洪水強風波浪警報。グランドスラムだ。あとは低温と大雪と着雪ぐらいしかないよね?
   「文化祭どうなったんでしょうね……?」
   虎美は虎美でイーヴィヒベルク小のバザーも今日だったので、小学校以来のお友達の翔子さんやミキさんと誘い合わせて先生に会いに行く筈だったのですが……
   「誰が行くか。今日は寝て過ごす」と11時ぐらいにのっそり起きてきました。ところが、11時半ぐらいにそのミキさんからお電話があって、
   「はぁー? わかった、行くって!」と、呼び出しがあって出て行きました。
   「吹奏楽部パネエこんな日でも練習あったって」
   それがゆえの強豪校なんでしょう。バザーの時も
   「惜しくも銀賞でした」とか言ってました。銀賞でも残念なのか。

   お昼を適当に食べ終わった頃に電話があって、
   「2人がまたうちに来て掃除してくれるって言うんだけど、いい?」
   「バカ者ーッ恥を知れッ! ご遠慮申し上げろッこないだもして貰っただろッ!」
   「あたしも言ってるんだけど」

   斯くして本日も桃太郎お掃除隊が来襲、じゃないご来臨。おかあさん慌てて階段だけお掃除して、お嬢さん達のためになにかおやつを買いに出ました。近所のベーカリーのアップルパイにじゃがりこつけて。お茶はちゃんと「イギリスの朝ご飯」を淹れました。昨日衝動買いしたトワイニングのメイプルティーはあのホットケーキの蜜の匂いがするだけで甘くなくって、朝淹れて「失敗」って言ったら虎ちゃんに冷たく「自分で責任持って飲んでね」って言われたから。だれもアンタに飲んでくれって言ってません!!

   3時にお湯を沸かして、トレイを出してお皿を並べてたら虎ちゃんが下りてきて、
   「ああっ、お茶なんか淹れて! いっとくけど今持ってこないで、足の踏み場ないから」って、今ポットにお湯注いだばっかりなのにこれをどうせよと!?
   親を親とも思わぬ発言にカーッとなったのですが、こないだもそんなこと言って5時まで休憩なしでやってたから。それはちょっと許されないでしょう。
   あっついおしぼりも御用意して、不揃いだけど虎ちゃんのカップ(カワイイカップはみんな取られて虎美専用が3つばかりある!)をよく洗ってやや出過ぎになったけどお紅茶を入れて、おかあさん2階に行きました!
   「Hey! girls! 厚生労働省立ち入り検査だ!」
   いつもは文科省なんですけど、今回はお仕事をしていただいてるので。
   ……確かにきれいになってました。これでヒーター出しても火事の心配はないわね。

   またしてもその後がんばってくれて、5時頃、吉備団子ならぬ松井サブレをお土産にご帰宅されました。ホントにいつもすいません。
   「掃除するくせつけなよって言われた」
   ええ本当に。……おかあさんもがんばります。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

雉も鳴かずば(真夏の夜の恐怖篇)

   「ッ!」
   何気なくお勝手口を見やると、そこには女性の永遠の敵、茶色いつやつやした害虫が! しかしおかあさん少しも慌てず、その辺に転がっていた(片付けましょう)空きペットボトルを掴むと、
   「ハッ! ハッ!!」と裂帛の気合いでもってぶったたきます。

   それは「蒼天航路」の初期エピソード、若き曹操が宮城のナントカ門の門番に就職したころ、誰であろうと法を犯すものは赦さないとばかりに厳しく門限破りを取り締まっておったところが、腐った大貴族のナントカがいい気分で堂々と門限破りを試み、「この紋所が目に入らぬか」とばかりに押し通ろうとしたのを、もはや閉門の時刻、何人たりと法を犯すことは認められません、とぶっとい警棒でおさだめの通り500回だっけ、思いっきりぶったたかせるんですよ。爽快。
   結局惰弱なその大貴族、刑の執行に耐えきれず死んじゃうんですけど。その報告を受けて、
   「ならばよし!」って、さわやかーに見得を切って言い捨てて、嗚呼。
   ええ、この頃から「蒼天航路」は楽しく読んでましたけどね。

   おかあさんは咎人(人ちゃう、虫!)を殺すあたわず取り逃してしまったんですが、ま、しょうがない。
   同じさわやかーな気持ちで、
   (ならばよしッ)と向き直ったところへ、旦那様が、
   「ゴキも出たのかッ!? お掃除しなさいッ」

   嗚呼、おかあさん、黙って見逃しておれば旦那様にはばれなかったのにッ!!

   実は温かくなってきた頃から気配がしていて、コンバットその他を配置して防衛していたんですッ。

   旦那様ごめんなさいッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

セラミック・ヒーターが不調!

   一気に寒くなりましたねえ。

   仙台時代の暖房は、セラミック・ヒーターというもので、これはコンセントから電気をとって、なんだか訳の解らない理屈で(文系!)温かい風がでてくるという器具でした。どこがセラミック(焼きもの?)なんだろう?
   これがけっこう暖かで、寝室はこれでいけてたんじゃないかな? 灯油は危ないし、燃えるときの匂いがイヤなので、アパート時代はずっとこれとガスストーヴの2本立てで仙台の冬をやりくりしてたと思います。

   で、いとけない頃の豹太が出てきます。
   歩き始めて何事にも興味の出てきたお子さんは、まずTVをぶっ壊すらしいですね。
   あのぷちっと押す主電源、押すと引っ込んでパイロットランプが点いてTVが映り、もう一回押すとまた高く押し戻って映像は消える。これが、1才かそこらのお子さんには堪らないようで。押す、押す、押す、押す……こんなこと繰り返されると、いかに丈夫な日本の家電といえども悲鳴を上げます。で、故障と。
   気の利いたベビー用品売り場には、そういう被害を防ぐためのスイッチ・カヴァーがちゃんと売ってるらしいです。
   うちもやられて、壊れる前にガムテープでカヴァーしましたね。接着剤が残って見苦しくなっちゃいましたけどね(これを防ぐためのが前述のカヴァー)。
   それと同時に、わたくしの愛するセラミック・ヒーターちゃんもやられました。こちらは柔らかいプラスチック板を被せてあって、タッチパネルのように見た目凹凸はないにしてもそれを押すことによって強弱やらタイマー指定やらの入力をする形式だったので安心してたんですが。……主電源だけは、ボタンを押し込む形だったよ、そういえば。
   ニャンゴちゃん寒いからヒーターの前に貼り付きっぱなしねーって微笑ましく見てたら、彼は忙しくガチャガチャと電源をオンオフしていたんですね。

   

みごとに壊されました。

   これは、いろいろ試した結果、ぎゅっと押し込んで、荷重をそのボタンの輪郭に沿ってぐるりと掛けることによってなんとか接触が確保できて電源が入るということが解って、電器店に持っていくまでもなく、以後もお役に立っていただきました……とりあえず、豹太(当時はニャンゴくん)の前からは遠ざけて旦那様部屋でつかうことにして。

   で、多摩に来たら、多摩寒かったですね。

   角部屋で冷気に晒される豹太が責任でそのセラミック・ヒーターを引き取って、タイマー設定までちゃんと使いこなして仲良くふた冬を過ごしたと思ってたら。

   とうとうスイッチが壊れちゃいました。

   昨日、洗濯物干しに入ったら、付けっぱなしで、消そうと思ったら全然言うこときかなくって、コンセント抜いたらタイマー設定が消えて泣かれるかなーと思って、とりあえず入りタイマーを押したら設定時刻までは切れるかなーとかいろいろボタンを押しまくったら停止したんですが、そのあと電源が入らなくなっちゃって。

  今朝豹太を起こしに入ったら、おにいちゃん体中に蒲団を巻き付けて机に向かってました。
   「……徹夜?」
   「いや、9時までは寝てたでしょ?」
   一応、帰ってきてから夜までは寝てたんですけどね。それから2時3時までやってまた寝るんだと思ってたのに。
   「一度寝た方が記憶が固定するらしいぞ」
   「セラミック・ヒーター死んだよ。寒い!」
   「ごめん」

   15年前のセラミック・ヒーター、悪いのはスイッチ部分だけだと思うんですけど、直りませんかねえ? もう無理?

   これから受験勉強おいこみなのに……。

   とりあえず、おかあさんの背後にしまい忘れられたままひと夏経過した赤外線スタンド・ヒーターを持ってってもらいました。これは、虎ちゃんがお部屋を片付けなさすぎて置くところがベッドに近くなりすぎてお蒲団を焦がしちゃったからおかあさんが貰ったの。お兄ちゃんはだいじょうぶかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)