2016年9月 3日 (土)

本日の暴論 黒喪服をぶった切れ!

   というわけで嫁入り桐箪笥みんなあけちゃう♪ ツアーをやって来たわけですが。

   「この段は喪服だ。活田の女紋、ハート3つの片喰紋入りで夏冬両方作ってくれた。……まだ着たこと無いけどな」
   当分というかこのご時世永遠にないのでは。随分前に大おばあちゃまが亡くなられたときも、
   「大○(老舗百貨店)へ行ってブラック・フォーマル買っていらっしゃい」だったから。東京(神奈川です)に出てきてからも、お葬式帰りとおぼしき女性はイロイロ見かけるけど、みんなスーツというかアンサンブルで、お着物の方ってお見かけしないし。

   ちょっと前、ミセスのフォーマルは黒留め袖だったのを、着るのが大変だからとロングドレスにリフォームするのが流行っていて、たしか弟のお嫁さんのお母様も結婚式にそれを着ていらして「ふーん」と思った覚えが。

   黒留め袖って、模様は裾模様で、あんまり全面に絵画的に拡がってる感じじゃないから、別にロングドレスにしても残念感はないですな。ドレスって言っても、お年頃的にも、元々の布地の量から言っても、裾の拡がったお姫様ドレスにはならないからまあもとの絵も見られるというかまるきりなくなって残念ってほどじゃあないし。黒留め袖にするような反物なら物はいいはずだから、ドレスにしたってそりゃみすぼらしくはならないけど。

   やっぱなんか、「簡便にしました、それだけ」って感じがします。まあ、目立っちゃいけないんだけどさ、結婚式ではさ。

   どっかで見かけた画像では、友禅の絵付け師になった娘さんがプレゼントしてくれた彼女の作品を、お着物にしてもそうそう着ていくところはないから、とお母様がアンサンブルに仕立てたってのがありました。娘さんが精魂込めたであろう百合の花が、胸元に持ってきたはいいけど洋服の裁断をすることで無惨にぶった切られていて、それはないだろうととっても残念に心に焼き付けられております。もうちょっとなんとかならなかったのかと、ほんと、夢にも見るよ(見ません)。

   だってさ、友禅は、和の英知! いっぺん白い生地をお着物のかたちにある程度仕立てて、着るときのかたちにしておいて、その状態で一枚の絵になるように絵を描くんじゃないですか(山村美紗ミステリの知識でしゃべるやつ)。お振り袖とか、留め袖とか訪問着とか。それを、洋服にするからって無理矢理にあの細い反物に型紙置いたら模様もくそもなくなるのは道理。そりゃ無理だってば。

   だからさ、いまどきお葬式にお着物の喪服着るのもないんだったら、たんすのこやしの喪服こそをアンサンブルにリフォームすればいいんじゃないの? 黒一色→黒一色。模様的になんの障害もありません。夏のお葬式に絽のアンサンブル。涼しげでよいわ~。

   じゃあー隗よりはじめよ、手前の喪服をリフォームしろよって言われたら……ちょっと待って、もしかして旦那の親戚にそういうのにうるさいひといるとやばいから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

やっぱりネコ系が好き!?

   沖縄の修学旅行のしいさあ絵付け体験で、虎美はしいさあを思いっきり虎柄にペイントしてきたそうです。周囲のおともだちはもう「早乙女=虎美」だと認識しているので(クラスで揃いで作ったTシャツ、運動会や球技大会などクラス別で盛り上がるときに着用するやつで、背番号が出席番号、その上の本人のニックネームが迷わず「とら」だったぐらい!)、なんにも言われなかったらしいんですが、お店のひとはそんなこと知るわけないので、
   「まあー阪神ファンなのー?」と聞いてきて、
   「いいえぜんっぜん違いますッ」と答えたらしいです本人談。
   嗚呼なぜそこで
   「ええ~違いますよあははははッ♪」と答えられないのであろう(詠嘆)自分も若い頃は突っ張っていてコワイひとと思われていたような気もする事はするんですけどね。なんでそう無駄に攻撃的なのかと、ハァ。親は冷や冷やしますですハイ。今時の子であるリアルの友達はそこんとこ媚びて無くてクールでカッコイイとかそこシビとか思ってるのであろうか。やっぱり冷や冷やしてたりして。

   そして、虚しく楽天のグッズ通販のページなど見ていたら、タオルマフラーの一覧がありました。これがまた品数が多い。お値段的に手を出しやすいからでしょうか。やっぱりクリムゾンのお品が多いわーと下へスクロールしていくと、なんとピンクのヒョウ柄のマフラーがあって、商品説明を見たら、「女性に人気のヒョウ柄をプリント」云々と書いてあって。ああ、それでピンクなのね。
   「柄ではやばいんだろうな」と呟いたら、
   「……そりゃやばいでしょう!」と虎美がややあって大笑いしてくれました。それこそ阪神ファンと思われちゃうじゃん!
   それにしてもピンクはないだろうピンクは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

仙台帰りたい。

   しまった禁断の呟き。

   事の起こりは、ボタンを1つ無くしてしまったので、気の利いたボタンを買いたい→ノイエ・リリエンベルクのオサレスーパーでは手芸用品が充実していない→仙台だとマブチで手に入ったのに→仙台良かったなー→仙台帰りたい 今ここ。

   まあそんなのは今度お歳暮出しに行くついでに町田で探すことにして。

   実家の母が作ってくれた木綿のブルゾン、ピンク×ベイジュの2ミリ角のギンガム的チェックという微妙な色合いながら奇跡的にカントリーなカンジでうまく仕上がっていて、母の手作りということでローズピンクのプラスチックのシンプルなボタンが付いていたのを、マブチで木彫りのボタンを買い求めて自分で付け替えてゴキゲンで使ってもう7,8年? 気がついたら今年の夏一番下のボタンが取れていて。あ~あ、どうしようって言ってる間にもう秋も深まってシーズンオフに。
   今の間にボタン付け替えないと春になって必要なときに着られなくなってそしてうっかりどこかへ紛れて入ってボロ切れからゴミになってしまうので、早めに対応しとかないとなのに、気の利いたボタンを調達できなさそうで。

   あーあ。外したもとのボタンどこへ仕舞ったんだったかしら。

   どうせなら1つだけ思いっきり目立つやつをつけて、足りなくなったんじゃないのよお洒落なのよ~とやってみようかしら。

   どっちにしてもボタンとかワッペンとか可愛いモチーフとかたまにキャ~キャ~言ってよりどりした~い!
   もう老眼で細かい手芸できなくなってるにしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

ファッションの分水嶺

   引きこもり主婦を脱して毎日お仕事に出るようになりまして、お客様の日常を日々目の辺りにするようになりますと、ああ、今ホントにこういうものが流行ってるのね! というのを実感できます。
   ちょっと前、ネットでは「面ファスナで封をするような合成の防水布製三つ折り財布(バリバリ財布!)なんてもう時代遅れ、恥ずかしい!」っていうネタが流行っていて、わたくしなどはこういう悪趣味な決めつけはいけないだろうと子ども達に申したところ、
   「おかあさん! ホントに今時バリバリ財布使ってる子なんていないって! お兄ちゃんもそれ変えた方が良いって!」と猛烈に虎美に反論されたのですが。
   リアルにレジに立っていたら、ホントに中高生以上の男性で防水布の三つ折り財布使ってるひとはいませんでしたね。いつからだろう?

   先だってネタにしたアームカヴァーも、車に乗るようなうちの田舎の母(窓に近い方の手が日に焼ける!)は平成入ってすぐぐらいから使ってましたが、お外をお歩きになる時には必ず! ってなったのはここ数年のことだと思うんですけど。デパートでも大型スーパーでもかなりの売り場面積を取って商うようになりましたね。いやほんと大奥様も若奥様もみんなしてましたよ今年は。

   そして、去年からこっち、流行ってるんだなあと思うのは、大判のショールを無造作に羽織るスタイルです。落ちないように、ちゃんとボタンやらストラップやらが付いているのがまたお洒落のアクセントで素敵です。寒暖の差が激しいですからね、調節が利くし、これは実用的でもありますが……。

   わたくしがファッションのことなど口にするのもおこがましいのですが、その、ショールは、ほんと、気合いを入れたファッショナブルなものの方がよろしいかと。あんまりその、お家でお膝に乗せてるブランケットによく似たものを、たとえばキャメルのダブルブレストのコートなんかに合わせて、そんでもってショルダーバッグ斜めがけとか、あまつさえ背嚢、じゃないリュックなんか背負ったりしたら、

   旧 ソ 連 軍 女 性 兵 士 になってしまいますよ。

   ……ヘタリアでもおなじみですが、ソ連軍正式軍装は上に羽織る毛布込みのスタイルだそうです。

   その昔のファーのヴェストも、ひとによっては女マタギになっていたそうじゃありませんか。
   その辺の「おっしゃれ~」と「どこの山出し?」との分水嶺はどこにあるのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

萌えを翼にして

   わたくしはファッションには疎い方です。きれいなものを見るのは好きですが、バブルからこっちの若い人のカジュアル革命にはちょっと付いていききれないものがあって。まあ、デブスの逆恨みもありますが。うわーちょっと着てみたい!? でも入らない! そのお洋服はきっと正統派じゃないおかしな服なのよ……という理屈です。

   というわけで、ブランドショップなんかも足を踏み入れたことはなかったんですが、もうこの年になったら怖いことはない。わたしが着るんじゃないんだもん、小説のヒロインが着るんだもんッ! 取材よ取材、ユニクロ着てても心はクチュール、じっさい早乙女おかあさんが作ってくれたスカートはたとえウェスト85でも高級(?)注文服! と、最近胸を張って見に行くようになりました。

   トラサルディのコート! ポンチョが流行ってるのはオール・オーヴァー・ザ・ワールドなのか、ええと、「山」をふたつくっつけた形の、一枚布に切れ込みが入ってるだけの厚手の布を後ろから前へ身体にまといつかせて(お袖は一応筒に縫いあわせてあったような)、太いベルトで締めるカンジのコートが面白かったです。お色はネイヴィーとベイジュ、チョークストライプほどの太さで障子ぐらいの大きさの格子縞が入ってたような。一応リヴァーシブルでもいけて(ネイヴィーの裏はブルーグレイ、ベイジュは紺だったかな)、着物のように打ち合わせて前は3つほどのボタンでした。とってもカッコイイシルエットなのですが、構造がポンチョなので、袖口が縫ってあると言ってももう30センチほども空いた形で、
   ……風が吹き抜けるんじゃないかなあ、ホントに寒いときにはキツイぞこれ。
   うわーすごいわーとかいっていろいろ触らせてもらったり鏡に向かって当てたりもしたのですが、寒いところに長い間暮していた身ではれーせーにダメ印を出していたのでした。

   ポロかどっかのトラッドなブランドのセーターは、ゲージがええとハイっていうんでしょうか、細い糸でキッチリ編んであって、紺と赤がありました。そんなに複雑な編み込みの地模様はなかったかと思うのですが、やや開いた襟元に白いレースがあしらってあるのが今風? これはスレンダーなひとにスッキリ着こなして貰ったらステキかもーと、目をキラキラさせて手にとってしまったり。わたしなら赤! だけど、今書いてるシリーズのヒロインなら紺を選びそうだなーそんで、似合ってるけど、もっときれいな色を着ればいいのにと周囲をやきもきさせるんだな、とひとりでニヤニヤしてました。

   そういうお金に困ってなくてスタイルのいい女の子、でも女の子っぽく着飾ることに興味はない、だとこういうブランドかなーと、サンローランを見に行くと、そう! バッチこれ! という黒の薄いジャージ素材のアシンメトリーなカットソーがあったりして、もう、イメージ膨らむ膨らむ! アレも着せたい! これも着せたい! そしてこういうことさせたい!

   というように、この年にして萌えごころを翼にブランドショップに飛び込んで、で目の保養、心のときめきを貰っているのでした。お金のかからない娯楽♪ 助かるわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

本日の手仕事ニッポン おかあさん困っちゃう篇

   ちょっと褒めるとこれだから。

   「まいこちゃん? おばあちゃん豹太くんにマフラーを作ったからあげてちょうだい。絹の着物を壊して作った赤いマフラー。豹太くんは赤い色が好きだそうだから」
   って、オイ!
   「なあ、赤いマフラーってどうよ? 一昔前のヒーローか、サイボーグ009とか仮面ライダー1号2号とか……」と虎美と相談しますと、
   「おにーちゃん絶対そんなのしないよ! おかあさんがなんでも言うから!」ってなんでわたしのせいになる!?
   「どうしよう……?」って言ってたら、ホントに送ってきましたよ。それがまた、ふんわりしたカンジならまだしも、ごわごわしたしぼのある素材で。ええと、縮緬。確かに目の覚めるような赤で、端のところはミシンがけしてあって、オーダーして作ったという自分のオリジナルを示す「 ~ ふる~つ ☆ ISHIKAWA ~」 の織りネームタグも付いています!(こんな所に旧姓を使うなんて、このばばあはよっぽど婚家に恨みがあるらしい)

   「おかあさん、これちょっと……」
   「あら! いい縮緬やろいね? しぼがあるからきゅっとしまってゆるんでこなくていいがよ。わたしも巻いとるわね。やっぱり首と手首と足首をあたためるんがいいんよ」
   「……ありがとう」
   わたくしが責任持って巻いています。緩んでこないのはいいけど、やっぱりごわごわとしていて、垢擦りタオルのようです。でもまあ、ないよりはいいか。お色はわたくしの好きなコカコーラレッドから、端に行くにつれてピンクの糸が混じって3回ぐらい濃くなったり薄くなったりのグラデーションをつくってます。……うん、色柄は好ましいです。

   ほんとに、時々とんでもないのを寄越すんだよなあ……。

   親に逆らえないわたくしは、その昔、
   「これはいいものなのよ! 着物を壊して作ったから正絹で!」と、強引に薦められて黒地に黄色の格子縞の入った負ぶい紐で虎美をおんぶしていました……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

「タイガー&バニー」 流行りには一周遅れで乗るのがツウ……?

   今年話題だったアニメ「タイガー&バニー」、ヒーローアニメなんですが、画期的なのは提供をCM枠で宣伝することでお金を貰うだけじゃなく、作品中に取り込んで、変身したヒーローの身体のあちこちに企業のロゴを入れて、それを見せつけることによって宣伝を行うという形態を取ったこと。たとえばヒロインにはペプシロゴがついていて、セクシーなしぐさでペプシNEXという商品を飲むのです。
   ストーリーもなかなか魅せる展開だったらしく、みんなはまっていたようでした。
   噂には聞いてたけど、はまるとヤバイと思って、自分では終わるまで触れないできました。
   って、なんでカテゴリがファッションかっていうと。

   晴れて物語が大団円を迎え(たんだよね?)、番組公式サイトにさてどのような話であったのかと見に行くと、これがまあ毎週TVでやるようなアニメですかといいたいくらい繊細で美麗な絵だったのでした。ストーリーはと言うと、アニメ版「相棒」みたいなカンジで、いや「白バイ野郎ジョン&パンチ」(古い!)かな、性格のちがう2人が衝突しながら任務をこなし、謎に挑んでいく間に心を通わせる話? ナルホド人気を得たのもむべなるかな……?

   おかあさんセンスっていうかドレスコードが昭和なひとだから、娘もいるやや薹のたったヒーローであるところの主人公鏑木・T・虎徹氏がややワイルドな感じでパンツ&ヴェストを普段着にしておるのはステキとおもうにせよ、そのヴェストの裾からベルトのバックルが覗いているのがどぉ~も気になるッ! 

   三つ揃いを着るときは、おズボンはサスペンダーで吊るもんでしょう? ベルトで締めるときには、バックルは中心からずらして、ヴェストの裾から見えたりしないようにするもんだと思ってましたが。
   やや崩した着こなしで、揃いでないヴェスト&パンツのときにはどうなのよ。そういえば、ウェスタンなコーディネートだと、ジャケットはなしでデコラディヴなカンジのヴェストだけだったりしますが、ああいうときはベルトはふつうだったかしら? 

   ああ、もう、気になってしょうがない!(本編ははっきり言ってどうでもいい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

本日の手仕事ニッポン ― シニア篇 ―

   実家からまた支援物資が届いたと思いねえ。中身はおばあちゃんのおでん各アイテム1コずつジップロックに入っててひと袋が一人分×4。おかあさんありがとう。
   そして、
   「まいちゃんや、足首を冷やすといけないのでカシミアのセーターを壊して作ったレッグウォーマーを入れておきます。お仕事がんばってね」のお手紙といっしょに、これは素人目に見ても良いセーターの袖再利用レッグウォーマー
   「虎美や、おまえ、レッグウォーマー片方無くしたと言っていたな、おまえにや」
   全部言わせずに持っていった虎美の躾について考え直した方がいいかなあ。まあ、受験生優先。

   「それにしてもいいものだ。こんないいセーターなら丸のママ貰いたい物よ」と、母に電話して苦言を呈したところが、
   「あらん、それ、お友達から、胴体部分は蓑虫が付いて食われてしまったけど、活田さんならお袖だけでもなにかにするでしょう、といって貰った物やわ」って。
   うう~ん、お友達の間ではそういうことで有名なのか、うちの母。負けました。
   そして、うっかりしてカシミアのセーターを喰われてしまうのはわたしだけじゃなかったのねと少し安心。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

本日の手仕事ニッポン

   やってきました冬将軍。
   「まったぁ?」って遅刻して、
   「うう~ん、もっとゆっくりしてくれても良かったのに」と心から言うことのできるお方はこの方以外にいますまい。特に今年は、被災地の仮設住宅なんかまだ準備が出来てないとか聞きますと、冬将軍空気読んだなと好ましく思ってましたのよ。

   「おかあさん軍手探して」
   自転車通学の豹太が泣きを入れたのは先週。ああ、うん、そろそろキツイよね。
   「一度使ったような奴は母のタンスの上にあったような気がする、今みてやろう」
   草むしりなんかで使ったようなの、洗ってとっといてあったような。
   「おう、これこれ……」と、広げてみましたら、それはお子ちゃまサイズ!
   芋掘り遠足とか、草むしりとかありますもんね、小学生時代も学校から軍手を持たせてくださいってことがありました、そう言えば。ただでさえ手の小さい両親から生まれておりますから、うちの子はなんにせよ手が小さい! 大人用を持たせて間に合わせるなんてことは出来なかったのです!

   「これは無理か?」と広げてみたらば、
   「無理!」
   ……おかあさん無駄に張り切って、それは手の甲の部分に当時流行っていたキティちゃんのアップリケが右左とも縫いつけてあったのでした。
   「おおそう言えば昔そんな悪戯をしたような……持ってく?」
   「絶対イヤ!」
   ネタとしても面白いじゃん。はいらないと思うって、それは。……入ってもまたやばいかそれは。
   「虎美に見せてやろう」
   「おかあさん、勘弁してやって」

   おかあさん昔は頑張ったよなあ。

   そして、自分のカーディガンを発掘してみたらば、去年もう鬱のどん底で、まともに生活を回していけなくなっていた状態だったらしく、適当に箱に突っ込んであったキャメル色のカーディガンは……見事に4,5箇所も虫に食われていたのでした。嗚呼、やっちゃったよ!

   泣きながらお裁縫箱を出して、らくだ色の糸がないからもう白い糸でいいやとばかりに一本どりで拙いながら穴を繕って……昔おにいちゃんのお下がりをくれてやっていた虎美のシャツの胸元にせめての彩りに付けてやってたおリボンの薔薇、処分する前に回収してたのが裁縫箱の底に残ってたのを縫い跡隠しに留めつけて。いや、そんなリボン3コも4コもついてたらおかしいって。でも気にしない。

   なんとか穴はふさげました。おリボンが足りないのと、あんまり変なところにおリボンが集中してるとヘンなので付けなかったところもありますが、まあ、うちからリーリエマートの更衣室まで着てくぶんにはいいでしょ。ちゃんとしたお出かけにはちゃんとタンスにゴンしといたカーディガンを着ればいいのよ。

   それにしても、あとの処理の大変さを思うと、やっぱり衣替えの時にきっちり防虫剤入れてしまうに越したことはないのねと深く反省しました。

   それにしても、おうちで着る用のセーターにもなんだか穴が空いていて。ここはまた手芸店に気の利いたアップリケでも調達しに行きたいな。週末はお歳暮出しのついでに町田で探してみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

プラダを壊した魔女

   その昔、うちの母が年甲斐もなく「お誕生日にはプラダの赤いリュックが欲しい」といいだした話をここでしたかと思ったのですが。
   プラダは黒いカバンのブランドでしょ? 赤いカバンなんかあるかしら、どこにもない、探し求めて幾星霜、はっと多摩丘陵はアルト・リリエンベルクでお見かけしたおねえさんの腰に掛っていたバッグがたしかに赤いバッグで▽のプレート付き! ああ、これが赤いプラダのバッグなのね!? お嬢さん、そのバッグどちらでお求めに? ……なんて初対面の方に聞けるわけないよと思っている間に見失って、当初の目的を果たしに行ったそこで出会ったのが果たして忘れもしないプラダの君、恥を忍んでお尋ねしたら、「日本で買ったものじゃないので」というオチだったのですが。

   本日、実家の両親の来訪を受けました。夏に虎美を連れに来た早乙女おじいちゃんが、あまりの「汚!」屋敷ぶりにほとほと呆れて製造物責任を取れとばかりに実家の父母に言いつけて、それで責任を感じて、
   「これが最期のご奉公」とばかりにお掃除部隊となって来襲、という次第。恥ずかしい。

   でも、実の親子ですからそこは遠慮なくだから要らないものを送ってくるなとか、要らないものははっきり要らないと言えとかキツイ言葉で応酬しながら大掃除を敢行してたのですが。

   「虎美ちゃんや、ちょっとそこのおばあちゃんのバッグを取って」
   「はい……?」
   「これはフリマで手に入れてんよ。プラダなんやけど、ここのところ、革のフラップが掛っておったのが使いづらいって、持っていらした方が邪魔やと言って、いらないから上げるわって800円にしてくれてん。
   わたしこの蓋とってしまって、プラダのマークも引っぱがして、このまま使っておるのよ。便利便利」
   あまりの内容に顔を出して見ますと、なんともマゼンタのすごい色が目に飛び込んできます。材質はたしかにプラダふうの、つるっとしたいいナイロン素材のようでした。ファスナーで締めるタイプのヒップ・バッグの、頂上部のファスナーと、その少し下がったところに付いたもう一回りちいさいポケット部分の上部ファスナーを覆う形でたぶん同色のエナメルのフラップが被さっていたようで、端にその土台部分がアクセントのように幅1センチの帯状に残っていました。そしてたしかに逆三角形のナニモノカがくっついていたような痕跡が……。

   ……それにしてもプラダのバッグを800円で手に入れてしかもそれを魔改造するか、恐るべき老女……。

   まあ、気に入って使っているならそれで良いのかな?

   あ、おうちはきれいになりました。みんなしてノイエ・リリエンベルクでオムライス食べてきました。ごきげん。これからこのきれいさをキープします。ごめんね、おかあさん、おとうさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)