2016年8月 6日 (土)

AIいじりは変態の始まり

   とある銀行様の下請けに入ったおかあさんです。

   例によってネットでいろいろと検索して自習しておりましたら、イマドキはメガバンク様もHPが充実、ご質問にお答えしますコーナーもしっかりしていて、三井住友さんはなんか人間のシルエットになってる! 押してみると、銀行のテーマカラー? の若草色のスーツに身を包んだかわいこちゃんが「ご質問を承ります」とばかりに出てくるのでした。下の箱にキーボードで質問文を入れてこのかわいこちゃんに答えを探して貰うというわけ。
   って、誰子ちゃんよ?

   おかあさんの質問はまず、
   「あなたのお名前は」
   お返事は即時、
   「三井住友銀行のサイトコンシェルジュの若草わかばと申します。一生懸命回答しますので、たくさん話しかけてくださいね。」と出ます。
   サイトコンシェルジュか、なんでもいろいろ新しい言葉ができるもんだ。
   そんでもってわざとらしいドンピシャながら大昔の「住友太郎(おかあさんスミトモ使ったことないので知らんけど)」よりは自然になったネーミングであることよ。

   続く質問は、
   「お誕生日は」
   おかあさん仮想の女の子にそれはないでしょ。
   ところが、ややあって回答は、大きく外して

   [誕生日] に関するご質問ですね。関連する以下の項目が見つかりました。

     SMBCファーストパック デビューの契約期限は、いつですか?
     大学や大学院に在学中でもSMBCファーストパック デビューは自動解約になりますか?

   だったのでした。頑張って検索したけど、回答文の中に「誕生日」が含まれていたのが
これだったんですね。こーゆーAIは自分で頑張って回答文を作成するんじゃなくて、想定問題集から探して引っ張ってくるのです。いえ、コールセンターのおかあさんでもそうです。余計な事言っていつも怒られてます。

   「この中に該当するものがない」を押してやると、なんとわかばちゃんたらひっくり返ってお辞儀をして、

   「お役に立てず申し訳ございません。
   どんどん学習して、より多くのご質問にお答えすることができるようステップアップして参ります。

   恐れ入りますが別の言葉でご質問いただくか、下記より「よくあるご質問」をご確認ください。
   ・よくあるご質問をみる

   また、他にご不明点がございましたら、ご質問ください。」

   と言ってくるのです。顔もしっかり困っちゃって、八の字眉毛がカワイイです。

   おかあさんさらにSッ気が出てきて、
   「スリーサイズをおしえて」と言ってみたらば、

   「申し訳ございません。ご案内できる回答を見つけることができませんでした。

   ご質問に自動回答いたしますので、恐れ入りますが簡単な文章でご質問をお願いします。」と泣きを入れてくる。

、   回答文の下にはだいたい「この回答は役に立ちましたか」というアンケートが付いているので(だいたい最近のネットのよくある質問サーヴィスにはこういうフィードバックが付いてる)、なんだか可哀相になって、

   「個人で口座を開設するには支店に行かなくてはなりませんか」云々と真面目な質問に切り替えると、決裁口座の開設でよいかと聞いてきて、さらにそこへ進むと、お近くの支店に出頭する若しくは電話やネットで申し込むやり方を教えてくれるのでした。

   そしてこの回答は役に立ちましたかに晴れて「役に立った」と押してやると、もう手を打って喜ぶのであります。頬染めて! うん、一日中構いたい!

   じゃーみずほさんはどうよとのこのこ行ってみると、……トップにはいないみたい。いろいろ探し回って、法人向けのネットバンキングサービスに入ると、いました、「ナヴィゲーターのMi-na」さん! こちらはやや劇画調の正統派美人です。ちゃんとみずほの制服を着てます……たぶん、この古式ゆかしきスチュワーデスのような着こなしは銀行の制服だと思う。

   別窓で出てきてちゃんと頭を下げてお名前は最初から名乗ってますから、お誕生日行っちゃいましょうか。
   「私の誕生日ですか?  
   当行の創立記念日と同じ4月1日です。」って、みずほさんの創立記念日ってエイプリルフールだったのか。だからこの前の大トラブルも4月にシステム統合強行したんだなあ。いろんな事情が解る解る。ミーナちゃんありがとう。

   スリーサイズは

   「ノーコメントということで・・・  
    みずほビジネスWEBに関するご質問がございましたら入力ください。」と大人。

   しょーがないなあと、
   「パソコンがないとビジネスEWEBサービスを利用できませんか」と聞いてやると、

   「ご質問の意図に近いと思われるQ&Aが見つかりました。」と言ってやっぱりピンぼけな答えしか持ってこないので、とりあえず適当なのを開けて読んで、
   「この答えは役に立ちましたか」に
   「いいえ」を押してやると、

   「誠に申し訳ありません。
   今後のサービス向上に役立てさせていただきます。」と眉根を寄せる。
   うーん、おすましさん。この顔をゲロゲロの恐怖顔に変えてやるゼェ~とヘンなスイッチが入ったり……しないしない。 待機中も自然な感じで瞬きをして、ヘンなところだけ凝るんじゃないッと開発者をぐりぐりしたくなっちゃう。

   それでは偉大なる三菱……寿限無銀行にいくと、何遍探してもそういうコンシェルジェ? はいないのでした。頑張れよ三菱なんとか。

   けっこーこっちも楽しかったので、お集まりの皆さんも暇潰しに銀行のAIコンシェルジェちゃんをからかってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

周回遅れな話

   おかあさんたら今さらエグスプロージョンの踊ってみたんすけれどシリーズにはまって今日は晩ご飯の後からヘビーローテーション。本能寺の変の最初のところだけでも真似て踊ってみたいなーと思ってはたと我に返りましたね。

   「はっ! これは往年の早乙女おかあさんが動けるデブだった頃のパパイヤ鈴木が踊りを指南してくれる番組を一緒に踊ってみて膝をヤッちゃったのと同じ罠!?」(実話)

   パパイヤ鈴木と一緒にNHK見ながら踊っちゃって膝ヤッちゃって10年杖生活と(去年手術してとっても快適になりました♪)本、能、寺の変ッ♪ ってやって足ぐねるのとどっちが恥ずかしいかなーって天秤に掛けて。

   ……とりあえず柔軟からはじめるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

その辺で拾った話といえども

   軍関係のネタ話のまとめスレを読んでいたら。
   要旨:
   戦後しばらく経ってプラント・ハンターのような仕事の人がニューギニアの辺りに出かけ、人の出入りしないような森などを現地の人に案内させていた。どうしても禁忌があって入っていけない場所があるというので、そういうところにこそ求める植物があると思った彼がなだめすかして案内人の許可をとろうとしたところ、あそこはおばけが出るからダメだという。
   「どんなおばけよ? おれは日本人だからニューギニアのおばけは関係ないよ」 
   「叫ぶおばけ。意味は解らない」
   「どんな鳴き声?」
   「シカリシロ、ガムバレと繰り返す
   それを聞いてプラント・ハンター氏も切なくなったとか。

   プラント・ハントじゃなく遺骨収集に赴くべきだろうとおかあさん思いましたが。
   虎美に話しても切ないねえと言ってきましたが、おかあさんそういえばその手の話には覚えがあって。
   自虐史観全開の80年代に拾った話はこんなだったと思うけどなァ。

   旧日本軍がいた南洋の島に赴くと、現地のひとが思い出したように尋ねてきた。
   「当地には我が国のことばではない言葉が残っていて、多分日本語なのではないかと。老人はよく聞いたと思い出として語るのですが、日本語ではいったいどういう意味なのでしょう?」
   「ほほうどんな?」
   「バケーロー、ギンジョミン
   バケーローはバカ野郎、ギンジョミンは原住民のことであろう、そんな言葉が何十年も記憶に残るとは、日本軍はこの地でなにをやっていたのかとその筆者は胸がふさがったとか。

   ……全然方向性の違う話になっとるがな。

   時代の要望に合わせて採取される「話」も変わるのねという、メディアリテラシーて大切ねというお話。それにしても、後者の話みたいのばっか聞かされたら、そりゃ「この世の全てに謝りたくなる」若者が育つだろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

ダイヤモンドは砕けない……らしい

   ちょっとこの辺 ↓ で引っかけた話。

http://pya.cc/index.php?d=&ct=dGV4dA==

   人間は死ぬどの瞬間まで気力が保つか、残せるかという話で、フランス革命の時に首が飛んでもウィンクして証明したとか、日本でも、処刑される人間と問答して、7代後まで祟ってやるといったところを、ならば首が飛んだあとも何とかをしてその根性を証明せよと言いくるめて、死ぬ間際の執念を恨みではなく根性の証明であるところの目先の現象に集中させたのできっと祟りをすることは忘れただろうとかいうオチの話とか、いろいろ読んだ覚えはありますが。

   戦時中、「気合いがあればなんでもできる!」と死にかけの戦友を励まして、そのことを「気休めを言った」と気に病んでいたご老人が、自分が死ぬときに気合いで生き返ることができるか証明しようとまで思い詰めるとは、というのがまずびっくり。
   そんでじいちゃん生き返って、「見よ、気合いが勝った!」と呵々大笑してまた黄泉路に旅立ったって。それは心おきなく逝けたことでありましょう。

   昔のひとは精神力が強かった、そして心優しかったということで、真夜中にキーボードを叩くだけの心の原動力になりました(それはいいからいい加減お皿洗って寝ようよ)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

ねこにこばん

   このブログを始めた年に買って貰った携帯、流石にもう電池パックが限界で、機種変更をするならスマフォの方がお得ですというので、いろいろ検討して、とうとう念願のコカコーラ色のスマフォを注文!

   今日のお昼に届いたのですが、旦那様は出張から帰ってくるなり爆睡で、まだ目覚めない……。とうとうしびれを切らして猫科の人達が寄ってたかって設定をしてくれようとしたのですが、
   「うちのワイファイのバスワードが解らない! こないだあたしのiPodを繋ごうとしたときにおとうさんに聞いたら、そんなの忘れたって言っててだめだったの!」
   いろいろ試してくれたのですが、そこがネックで、初期設定が何も出来ず、ただ充電して指紋を付けただけでした。(ううん! おにいちゃんがなんかちいさいカードを食わせて裏ぶたを閉めるのはやってくれた!)

   旦那様まだ起きてこないよう……。

   すいません、スマフォデビューは明日以降になりそうです。そして、メイルのアドレスも変わるかもなので、例の件の連絡は明日以降でお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

おかあさん猛抗議する

   本日お夕飯のネタに詰まって、「マグロのカルパッチョ」298円が売れ残っていたのでまあこれでいいかとお兄ちゃんに買って帰って。
   「カルパッチョって何よ?」と聞いてくるので、
   「刺身のえーともこみち風なやつだ」と簡単に答えたら、
   「えーッおかあさんにとってもこみちってそんなカンジなわけ?」と、友チョコで腹が膨れて何も食べたくないとほざいた虎美がおかあさん機を占領しながらせせら笑って。

   「でも、今のネットの雰囲気では速水もこみちというのはなんにでもオリーヴオイルを掛ける人なんだろ……もう遅い?」とおかあさんが軽く応じると、
   「遅いね。今年の春ぐらいの流れねソレ」と冷たく切って捨てた上に、
   「ツイッターで流そう♪」というので、背後から覗いたら、
   「おかあさんの感覚ではもこみち=オリーブオイル」と呟きやがりました(虎美は携帯でつぶやけないようにしてあるので帰宅後はパソコンに貼り付いて呟き続けている。そろそろヤバイ!)。

   

それはあまりにも短絡的すぎるだろう!

   おにいちゃんに説明するに当たってちょっと受けを狙ってみただけで!

   いつもおかあさんが話を盛りすぎるとか言って、つい一昨日もおばあちゃんとの電話中に横からすんごい声をだしていたというのに! お前だって盛ってるだろうが!

   おかあさん猛抗議。
   「……そんなに怒るほどのことじゃないじゃない」と、騒ぎをよそに上のお刺身部分だけ食べたおにいちゃんは、
   「おかあさんも食べるでしょ?」とかいってお刺身を形だけ残してタマネギ食べないで逃げました。こら! おまえはそういうふうにいつもツマを食べないからカルパッチョにしたんだっつの! えーと、……どうしようこれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

ま男はつらいよ

   なんだっけ、ネットで最近よく出回っている話、「フランスでは白アスパラガスのことをマドモアゼルの指というらしい」というネタから。

   パーティ・シーズンだからでしょうか、白アスパラガスを水煮して瓶詰めにしたものもお取り扱いが始まっています。もしかして、紀伊国屋とか、麓のオサレスーパーでは通年お取り扱いがあるのかも知れませんが、当店では最近お見かけするようになったので。原産地はあに図らんや、スペインだった気がするけどなあ。紫外線カットのため(?)色のついた瓶の向こう側に長い穂先が揺れています。

   それにしても、アスパラガスで指ときたら、阿刀田高先生のあの短編でしょう。

   主人公は、とある人妻と不倫をしている、指のきれいな可憐な女性。彼女の夫は缶詰工場を経営していてええと、今で言うDVの気もあったんだったかな。とうとう2人、駆け落ちの約束をして、主人公は待った、が、その夜彼女は来なかった。さもあらん、縁あって一緒になった2人だもの、土壇場で夫を取ったのかも知れない、もう連絡の取れなくなった彼女を思い、身を引く決意をする主人公。けれど、彼は考える。駆け落ちを思ったのは、2人の仲が夫の知ることになったから。もしや、彼女は夫を取ったのではなくて……。
   ある日、彼の元に、その夫から小包が届く。内容は、アスパラガスの缶詰と表に書いてはある。開けて、彼は驚愕する。いや、納得する。指のきれいな女(ひと)だった。中身は……。

   アトーダ先生はちょっと怪奇趣味もあって、神経が弱ってるときにはキツイ時もありますね。今になって解る、これは、「マドモアゼルの指」からアイディアを持ってきて、1つのネタでばーっと駆け抜ける短編ですね。それにしてもきっついわ。いや、された側からしてみれば姦夫姦婦は重ねて4つ、か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

更新記念

   最近反応が悪くなってきていたし、塗装はもう夏前からはげてきていたので、もう限界であろうとマウスを更新することにして、本日イトーヨーカドーの家電売り場で買ってきました。光学式マウス、面倒な設定なしで繋げばすぐ使えるというので、1480円でお買い上げ。もしかして、向かいのイオンの家電売り場に行けばもっとあったのかも知れないけど、あんまり選択肢が多くてもおかあさん迷っちゃいそうなので、諦めました。もうひとつ、きれいな色(ピンクやピスタチオグリーン、サックスブルー)で「ネイルを気にせず使える」という女性向けのもあったんですけど、1980円で。それに、それは「設定無用」とは書いてなかったので諦めました……。
   黒いシンプルな卵形のネズミちゃんです。

   この前変えたのはこっちに来て2年目ぐらいで。……そうです、この5年でネズミちゃんを2匹も使い潰した……。それも、キーボードを摩耗させるってのは、小説を書いたからと胸を張れますが、マウスを使い潰すって……ええ、ゲームのやり過ぎです。それ以外に理由はありません。深く反省。

   外したネズミちゃんは、右も左もボタン部分の塗装が一番上のメタリックのものも、その他の部分と同じその下のものもきれいに剥がれて、プラスティック本体の白い色がもう露出してました。どんだけゲーム好きやねん。……すんごく好きですスイマセン。
   それでは、新しいクロネズミちゃんがよく働いてくれることを祈って。……きっと春までにボタンの辺りがすりきれて光り出すのでしょう。

   「前のネズミちゃんはハツカネズミサイズだが、これはドブネズミ」と言ったらネズミぎらいの虎美は言葉を尽くして罵倒してくれました。おいおい、親に向かってなんだ。……ほんとはそんなに大きくもありません。Lサイズ卵ぐらいよ。

   前の時は、旦那様が買いおいてくれたスペアマウスを勝手に出して、適当に手探りで線を外して同じ所にまた新しいのを挿して……という素人な付け替えだったのですが、今回はちゃんと取扱説明書を読んで、ええと、電源が切れていることを確認してから今繋がっているマウスを外してそこに新しいマウスの端子(?)を入れようとしたら……入らない。途中で手を離しちゃったから、どこにその穴が開いてたか、手探りでは解らなくなって、とうとう虎美を呼んで、少し本体をラックから引きずり出して、後ろを確認して貰って、ふさわしい穴に差し込んで貰いました。

   「光ったよおかあさん!」
   「おう!」

   そして取説の先を見ると!

   「ダウンロードしたセットアップをダブルクリックします」って!

   「面倒な設定は要らないんじゃなかったんかーい!」
   ここでおかあさん怒りの絶叫!
   ところが、小さい字で、「ウィンドウズXP、Me……の場合」と場合分けがしてあって、再起動を促すメッセージが上がりますから言うとおりにしてね、という数行の案内の後、
   「マウスを使うへ進みます」と書いてあったのでした。
   ダウンロードが必要なのは、「ウィンドウズ95 ……の場合」だったのです!
   びっくりさせるなよ。もうちょっと多数派に解りやすく書いて。

   そんで、満を持してパソコン本体をスイッチオン!
   ♪タラララ~ン とウィンドウズXPの起動音。さーて入ろうか、とマウスを持って動かすのに、ポインタが動かない!
   「虎美! ダメだ! 初っ端からやってくれるぜ!」
   「おかあさん、それ前のマウス」と、容赦ないツッコミがありました。
   ……嗚呼、人間の馴れというのは恐ろしいもの。
 
   新しいクロネズミちゃんを操作して、おかあさんのアカウントから入ると、果たして取説にあったとおりに「再起動してね~ん」というメッセージが上がっていたのでした。
   言われるまま再起動すると、ちゃんとご覧の通り動くようになっていたのでありました。なんだ、心配させるなよ。
   でもまあ、虎美みたい(そして「聖おにいさん」のイエスのように!)にウィンドウズ98がまだ動いているひともいますから、ある程度昔のOSにも対応できるよう細かく取説に書くに越したことはないのでしょうね。ああ、焦った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

キミタチはいったい学校で何を学んでいるのかと

   虎美の学校で情報の授業があるというのは聞いていましたが。うちで小さいころからパソをいじって育ってきた虎美は1学期で10を取ったとか取らなかったとか。おいおい。全然自慢になりません。
   この度法律が施行されて違法ダウンロードはいかんとか、動画の作り方も習ってるとかで、今時の若人はスゴイナアと思ってますが、そうでもないらしく。

   「根津君は情報の授業中ずっと別の本を読んでて怒られたらしい」

   ああ、文芸部の誇るアナログくんね。でも、軽音部に勧誘されるくらい楽器もつかえるらしく。「根津君のスペックが高すぎてこんどスキル・リストを作る」そうです。

   ところが、そんなIT教育の行き届いた甘木高校の生徒でも……。

   「おかあさん聞いて! 同じクラスの子が、顔出しで、学校名もクラスも丸出しで本名でツイッターやってる!」

   何その勇者。怖くないのか。うちはお兄ちゃんまで揃って、
   「何考えてるんだ!?」と他人事ながらギャアギャア。

   「わたしは腐った妄想を垂れ流しているから、本人特定されると怖いんでそういうひとをフォローできない」
   「別アカウントを使えばいいのでは?」
   「その為にはメアドがもう一ついるんだけど……○○が××でこうこうだから……」
   「……学校の勉強をしてください」

   まあ、わたしもお友だちにブログのURLを手渡ししてるくらいなので、知ってる相手に見られているという緊張感はいつも持つようにしてますけど(本当か)。本人特定されてもなんら恥じることがないというスタンスは持っているべきかも知れませんね。

   でも子高校生としてそれはやっぱり無防備だろう!!
   キミタチはいったい学校で何を学んでいるのかと、わたしはそれを問いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

偏在する善意

   例によってその辺で引っかけた話。
   シーズンなので、サンマを七輪で食べたくなったとある青年が、ホームセンターじゃないところの町の荒物屋(でようござんすか?)に七輪と木炭を買いに行ったところが、そこの老齢のご主人に、
   「なにに使うの? あんた年いくつ? 仕事は?」と根掘り葉掘りされて、店の奥でお茶なんか頂きながらご主人の来し方やら、今の社会に対する熱い想いなどお聞きして、深く感じ入って涙ぐんでしまって、ご主人から肩なんか叩かれて激励されてイイ気持ちになって帰宅して。

   ……結局七輪は買えなかったというオチに爆笑。

   今時は若いのが一念発起してほんのちょっとしたグルメを志しても練炭自殺を企図していると思われるのね。まあ、ご主人いいことをした気持ちになってるかも知れませんが、それを通り抜かして、「おれァ練炭自殺しようとしてる若いのをおれの人生語って思いとどまらせたね」なんて町内会で武勇伝にしてたりするといや~ん。 

   やっぱりここはホームセンターでドライに購入すべきだったんでしょうかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)