2016年4月 1日 (金)

賢者は2度あることを繰り返さない……?

   不祥事ばっかりの日本オリンピック委員会はもう諦めて2020年東京オリンピックのテーマソングをあらたに選定することを諦めたそうです。そして決定したテーマソングは!

   

 「TOKIO with さっちゃんによる TOKIOのカヴァー!

    ……さっちゃんって、そう、ニコニコのスーパースター、小林幸子ですよ。世界に誇るHENTAIの都としてはデーモン小暮閣下にお願いしようかと思ったんですが。
    そんでもってカップリングの別ヴァージョンは吉田兄弟の伴奏と。
    今年の紅白は当然さっちゃんが落下傘背負って宙乗りだ! 年間最高視聴率は貰った!

    当然夏のあのお祭りではさっちゃんがCDを手売りだそうで。
    みんな! 行くよな!? いえおかあさんは行きません。カレンダーをお確かめ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

本音はそこか

   先週半ばぐらいから凄いぞ凄いぞと言われてたけど。

   

琴奨菊関優勝おめでとうございます

   繰り返し言われてたのが「日本出身の力士で10年ぶり」という表現。出身はモンゴルとか欧州とかで、もう国籍は日本になってる力士への配慮でしょうか。「日本人力士」と「外国人力士」というのが通例だと思っていたからどうしてそんな回りくどいいい方するかなとちょっとひっかりました。

   まあ日本で生まれた力士がこのところ横綱になってなかったから、危機感は強かったと思いますけどね、協会の方も、ファンの方も。わたしは入門を受け入れて昇進もさせてきたんだから横綱にしないのは無理がある、どんどんなって貰えばいいじゃないのという結論に至ってますけど。まあ、それを許しちゃう現状の日本人力士が情けないとは思いますよ。

   そんでもってはしゃぐひとを中心に「街の声」としてニュースを構成するのもいいけど、
   「日本の誇りです」とか、「日本人みんなが待ち望んでました」って、勝手に世論を作るな。これ夕方からNHKずっと見てきてもう我慢できなくなったから書きます。

   ついこないだには外国人横綱の白鳳が大鵬を抜いたとかなんだとかで褒めそやしておいて。朝青龍のあとということでお行儀よくしなくちゃならない圧力を感じながらそれでも横綱を勤めてきた白鳳が可哀相じゃないか。
   大相撲はもう日本人力士だけのものじゃありません!
   日本で生まれた力士が久し振りに優勝して、国技の行く末が懸念されていた状態に少しは光が見えたからって、はしゃぎすぎじゃないですか。結局は外国人力士の台頭を歓迎していないみたいに聞こえます。
   古くは高見山、琴欧州に黒海たんトチノココたんを応援してきたおかあさんはちょっとムッとしています。
   故国を離れて、同じ国の若人ももう我慢できないような古いしきたりにまだ支配されている世界にはいって言葉も食べ物も生活習慣も違うのに頑張ってる力士達に対して失礼だと思います。
   しかしながら、豊かな世に生まれ、必ずしも昔のように尊敬を受けなくなったご時世に敢えて稽古の道に入り、今日ここに初優勝にこぎ着けた琴奨菊関の益荒男ぶりを、だからこそ讃えたいという気持ちも解るんだなあ。

   どっちもガンバレ。そして大相撲を盛り上げてちょうだい。お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

楽天の補強は万全!

   昨日の第二戦では新加入のユーキリスが1号ホームランを打ったそうで、今年も補強が巧くいってご機嫌な楽天野球団でした。

   今年の楽天のファン向け企画で、特定の外野席をチョイスすると、選手に掲げて見せるボードがついてくる! というのがあるようです。それが、3種類。読み取りやすいように1文字ずつ。まずふつうに「」、ヒットですね。次は「」これは三振だ。「Kill」の「K」だってのはガセビアだそうです。じゃあなんの「K」なのよって調べたら、定説はまだないんだそうで。「Struk out」 の「S」じゃあ他の用語と被るから別の字で、までは分かるけど、どうして「K」なのかはいろいろ。「Knock out」の「K」なんじゃないかというのが一番もっともらしい説なんだそうで。
   脱線しちゃったわ。
   それで、残る1枚は「盗塁しろ」、「頑張って次の塁を狙え」、の「走」なのかなと思ったら、なんと「」。色も微妙な黄緑だし。もっと目立つ色にしろよ。それに、歩いてどうする!? って、これは、楽天ファンなら解る?
   「AJ用だわ……」
   説明しよう!
   去年の楽天を支えてくれた外国人助っ人、アンドリュー・ジョーンズさんはとっても強いバッターではありますが、選球眼も良くって、出塁率は高いのですがどっちかというともっぱら四球で出塁が多いと。
   「AJまたおさんぽだよ」というのが昨年の楽天ファンの合い言葉だったとか。
   いや扇風機(ただ振りまわして三振するだけ)より随分ましだよ! 生きて塁に出てるんだもん!
   そして、続くマギーさんが「マギムラン(マギーのホームランの意)」で点をかせぎ、まーくんやのりもっちゃんその他を援護しまくってあの優勝に導いてくれたのでした。まあ、ホームランなら歩いてホームまで帰れる(実際は小走りであろう、あんまりちんたらしてると時間の無駄だし)から。そういう意味でもよく歩いたのか、去年のAJ。走れるのかな……? ちょっと心配。

   というわけで、「歩け!」というメッセージも解ると言えば解るのですが。

   「今年はどうするの?」

   頼れる5番バッター、マギーさんは家庭の事情やらなにやらで退団してしまったのです!

   代わりに獲得したのはケヴィン・ユーキリス選手。またいい選手で楽しみだったのですが、開幕前にネットのニュースで拾ったのが、
   「巧打で有名な選手だが、選球眼もよく、ユーキリス選手が四球を選ぶとユ~~~ク! と歓声を上げるのがメジャーのお作法」というような記事。

   「おい! 4番5番が揃って歩いてどうする!

   ちゃんと返さなきゃダメでしょ!

   「……稼頭央に打点がつくだけだ、大丈夫」
   おかあさん豹太と目を見合わせて頷き合いました。次には顔のいいほうの松井(マルシー喬林先生)、松井稼頭央選手が控えているのでした。うん。今年も楽天は大丈夫……。

   って、おにいちゃんと息を殺して開幕戦の情報を見に楽天の公式HP開けてみたら、「A.ジョーンズ二塁打のあと松井稼頭央の2ラン・ホームラン」と出ていたのでした。AJちゃんと打っとるやん! 次の打席にはちゃんと「おさんぽ」もしているし。AJは大丈夫だな。今年もよろしく。いっぱい「おさんぽ」してね。

   大笑いしながら昨日を迎えると、ユーキリスもちゃんと1号ソロを打ってしおちゃんを援護してくれたのでした。

   春から働くぜユーク!

   今年の楽天も安泰。今日は辛島君でちょっと心配ですが、きっとホームラン乱れ打ちで援護して三連勝で開幕を飾ってくれることでしょう。良かった良かった。

   そんでもって、松井が被って今年の大物新人松井裕樹くんはどうするのかと心配してたら「ゆうくん」で定着……と思ったのに、ユーキリス選手は「ユーク」でまた被っちゃったじゃん、とおかあさんはしょうもないことで気を揉んでいるのでした。
   どっちの「ユーク(ン)」もがんばれ。   

   そして……永井怜さまは今年も開幕二軍のようです。いいの。待ってる。山形の桜を見てからおいで(って5月始動かい!?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん

   則本投手開幕戦初勝利おめでとうございます!!

   おかあさん今日は初めて行った現場で、先日にネットで調べたかぎりではいろんなイヴェント会場でお食事を提供する業種みたいだったんですが、実際はなんだかちょっとアットホームな感じのお総菜工場でした。行ってびっくり。工場の外観写真ないわけだよな。海老名の住宅地の真ん中にあったよ。

   そこで自分のとろさにまたしても絶望しながらも
   「おねえさんコレ洗って」
   「はいッ」
   「おねえさんコレも」
   「はいはいッ」
   「悪いけど洗っといて」
   「ウエルカムでございます」
   なんて愛想だけが取り柄で立ち回っていました。
   なんか午後の後半はずっと洗い物ばっかしてましたね。またしてもお染ブラザーズ回か?

   うららかな春の夕方、日はどんどん傾き、背後ではおじさんとお兄さんの境目とおぼしき男性がむっつりとキュウリに串を打って浅漬けの素に漬け込んでキュウリビズ串を作っており、隣の部屋からはソース焼きそばの香ばしい匂いが漂ってきたのでした。

   ……これはアレだ、今日たしか日本のプロ野球は開幕だから、スタジアムに持っていって売る食べ物を作ってるんだな、温かい日でよかった、つい6,7年前には仙台のKスタ宮城で小雪舞う中、西武戦を見たというのに。あの頃は楽天が優勝して仙台で開幕戦をやる日が来ようとは思ってもいなかった……いえ、この6,7年で仙台で3月の試合は無理だということになったようで、優勝した翌年だというのに楽天は開幕戦は敵地開催なのでした。所沢の西武ドームだってこの季節天気によっては冷え込むと思うけどね。

   でも、今日は大丈夫、みんな各メイカーそれぞれ色とりどりのビール売りのおねえさんの姿を愛でながら球春を楽しめばいいと思うの……なんてことを考えながらおかあさん焼きそばを一キロずつジップロックに入れて密封していました。スタジアムで再加熱して小分けして売るのであろう。

   かろやかにビールサーヴァー担ぎたる
    乙女行き交ふ スタジアムの春      舞音

   よく考えたら、開幕戦用っていうより今週末のお花見用のスナック類かも知れなかったわね。
   通勤の小田急沿線からもほんの少しピンクになった枝が見えるようになってきました。楽しみ楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

本日のガッデス オヴ アンフォーチュン

   


  羽生結弦選手金メダルおめでとうございます!

   今朝の朝刊が遅かったのはメダル待ちだったんだと思ったんですけど、そうではなく大雪のせいだったそうですね。旦那様が帰宅を諦めて朝帰りしたというのに小田急バスが運休していて往生したと言ってました。おかあさんはぎっくり腰で昨日の仕事をキャンセルしたので雪かきできませんゴメン。もう寝返り打つのも大儀。

   「鬼灯の冷徹」待ち(首都圏では金曜深夜放映)で夜更かしして、
   「れーてつだぞ起きろ!」と虎美を叩き起こして一緒にはにゃ~んとなったあと、
   「フィギュアどうなった?」と聞かれて、はて、もう決まったであろうかとNHKにチャンネルを合わせると最終組の滑走が始まらんとするところ、そのままメダルが決まるところを見てやろうと二人してTVに向かいましたよ。

   この「おにいちゃんと同い年と思えない可愛い生き物」は、くまのプーさんが大好きだそうで、リンクにもぬいぐるみを持ち込んでいるとかネットで話題に上がっていて、滑走の後ファンから投げ込まれるプレゼントも黄色い熊が多いという話だったのに、
   「今日は持ってきてないよ、どうしたんだろう?」
   「そこは大会がわから、大会マスコットを愛玩するように指令が下ったのであろう、プーチンのイケズ
   なんて会話をしておったのですが、
   「プーさんいないとゆづるきゅん力が出ないよ、だめだよ、プーさんいないと」と虎美ヘンにげんを担ぐこと。それよりもうすぐ成人のリアル男性に向かってなんという呼び方をしておるのだ。

   あに図らんや、滑り出したゆづるくんはいきなりジャンプを失敗して尻餅をついてしまったのでした!

   「ああっ、やっぱりプー(さん/チン)の呪いが!?
   「それは母が見ているからではないのか」
   ここでまた冴え渡る疫病女神の呪い!?
   「そうか、おかあさんが見てるからだ!」
   おまえもそこは尻馬に乗るんじゃないよ。

   おかあさんパソコンに向き直り、眼を閉じて、
   「勝たせてやってください、金メダル取ったら映像はニュースでナンボでも再生される、生で見られなくていいから勝たせてやってください」とブツブツ唱えながら手を合わせていました。
   「勝ち負けじゃないの、ゆづるきゅんが満足行く演技ができればいいってどうして思わないの」と虎美またカッコつけたことを。
   「世界最高点をショートで取っておきながらフリーでこけてメダルを逃すようじゃあこの先永遠にメダルは手にできない、ここでメダルを取らなくては一生負け犬だ」って言ってるけど、もう2回も転んで。解説の人も言葉少なじゃん。もうおかあさん祈る祈る祈る。おにいちゃんの受験より真剣に祈ったかも!?(親失格)

   あとはなんとかミスなくまとめ上げて、結構良い点が出たようです。
   「あんなに転んだのにか?」
   なんか、転ぶ前に何回転かした分はフルに取ってもらえたらしいです。やっぱむつかしいよ、最近のフィギュアの点数付けは。転んだことによる失点はちゃんとマイナス2計上されていたとか。しかしながら、その他の演技構成点がもともとレヴェル高かったので、引いても十分良い点をキープできたんだとか。よう知らんけど。

   そして、続くパトリックちゃん(おかあさんソレ違います)も転び、高橋君も町田君も転びながらもなんだかんだいってボロボロまでいかずに得点をまとめ……でもメダル圏内からはずるずる零れ、最終滑走の選手までみんな見て、
   「羽生選手金メダル確定しました!

   虎美と喜び合いました。

   ここは、アナウンサーも解説の人も洗練されてきていて、あとで滑るひとに転べ転べと言ったり転んだことで喜んだりしたりしなかったのが美しいと思いました。

   終わってみれば、高橋選手も町田選手も6位までには踏みとどまって、フィギュア・スケート漫画「ブリザード・アクセル」では最後に日本人選手で表彰台独占! って(ペア競技だけど)未来に、漫画だからってそれはないだろって突っ込んだものでしたが、ほんとに日本人選手が全員入賞する(だいたい、一国から3人も出られるなんて超実力国待遇!)現実となって、ここまで来たかとお母さん感無量。

   だって、昭和の頃には、冷戦の頃には、こういう西欧人の独壇場的な芸術系競技で日本人がトップクラスを占めて世界最先端になるなんて、しかも男子競技で! 思いもよらなかったですよ、やっぱ体型の違いはいかんともしがたいとか、思ってましたよ。ソヴィエト/ロシアの審判が日本人選手に良い点つけてくれるなんて絶対ありえないって。

   ほんとに、ほんとに日本はスポーツ大国になったんだなあとしみじみいたしました。景気悪くて大変でしょうが、他の競技もみなさん支えてあげてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

遅い! 遅いって!(泣き笑い)

   忘れるとこだった!

   こないだの日曜、お兄ちゃんが携帯を開くなり、
   「永井勝った!」って呻いてました。
   「永井ってどこの永井?」もう 日本シリーズも終わり、今週末には優勝パレードが仙台であるというのに、とおかあさん冷ややか。しかしふと思い出して身を乗り出します。
   「もしかして怜様!? 今台湾でやってるんだっけ!?」
   最近は、公式戦の後、この辺の野球の好きな国が集まって、それぞれの国の一位同士で誰が一番強いかってシリーズをやってたと思います。今年は中国か韓国が来られなくって、代わりにオーストラリアが参戦ってニュースにもなってたっけ……?

   慌ててパソコンを操作して楽天の公式を呼び出しますと、そのオーストラリアはキャンベラのチームとやって勝ってました! 長谷部と小山に救援して貰って6対3!

   「今は主力いないから」とお兄ちゃん。
   「まーくんやのりもっちゃんは休ませんとな。でもなんとか先発できるようになったんだな。5回保ったんだ、よかったなあ」
   「よかったね」
   「うん」
   てなことがあって、昨日お仕事をしながらごおしちごとぶつぶつやってました。

   輝ける亜細亜の星となりにけり
     寝坊の若鷲一勝を挙ぐ      舞音

   もう若鷲って年じゃないので来季は頼れる柱になってください。お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

楽天やりました!

   楽天鯖㌧㌦

   しまいにはニコニコ動画にも入れなくなっちゃって。

   楽天日本一になっちゃいました。
   昨日まーくんで負けた時点でもう心が折れちゃったと思ったのに。
   楽天しぶとかったですね。さすがだ。

   祝杯をあぐる選手をよそに見る
     永井の再起を待つと誓ひぬ      舞音

   怜さまにも投げさせてあげたかった……ほんとに来年は復活してね。
   しかしのりもっちゃんのロングリリーフといい、楽天の中継ぎはほんと信頼されてない。……怜様に中継ぎ転向して貰う?

   最後はまーくんじゃなくて小山に投げさすべきだろ、星野は大衆受けと言う名の自分の中の浪漫だけ追いすぎ。

   Kスタで7戦目までやっちゃって、これが満員なら二万五千×4で、十分十万人観客を稼げたんじゃないのと思ったんですが、甲子園で4タテで終わっても五万五千×2で動員数では負けちゃうんだ。……でもKスタでやれてよかった。今年でクリネックスと契約が切れるらしいんだけど、来年はもっと大きくしてもらって、新しい名前で出直してください。

   美馬MVPキター!

   
お兄ちゃんとも見てる最中から、これは美馬MVPクルでと言ってたんですが。なんだかんだいって今年は美馬ちゃんとのりもっちゃんが出てきたのが収穫か。
   このオフは秋保温泉にでも浸かってゆっくり養生して来年もがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

まーたまたやらせていただきましたぁーーーーン!

   前の島田社長の時もドラフト会議でまーくんや長谷部を引いたりと運が強かった楽天のフロントですが、今年もやっちゃったみたい!

   桐光学園のあの奪三振の松井裕樹くん(漢字これでいい?)を引いちゃったらしいです!

   うわー。
   来年活躍が裏目、まーくんがメジャーに行っちゃうのではと噂されてただけに、ここでまた新しいエース候補が来るのは嬉しいわー♪ 左利きだって! 助かる!

   お詳しくないかたために。
   プロ野球は、お金を持っている強いチームに有望な新人が行くのを防ぐために、一応協定を結んで個別に交渉することはできなくなっています。秋の佳き日にみんな集まってドラフト会議というのを行って、弱かったその年の最下位チームから欲しい選手を指名することになっています。監督がアレで弱いチーム、オーナーがお給料ケチってるところ、なじみのない地の果て(オイ!)、TVに映らないマイナー球団など、イヤだ、と選手の方で思った場合は拒否できますが、その年は指名してくれた球団以外と交渉することはできません。どれだけ幼い頃から憧れた球団があっても、そのライヴァルから指名されたらそこに行くか、大学に行ったり企業の野球部に行って修行を積んで年季が明けるのを待つしかないのです。そこにいろいろ悲喜劇が生まれ、星野がジャイアンツを目の敵にしたり、江川が一生ダークな烙印を押されたままになっておったりするわけです。松井ヒデキは頑張ったよなあ。

   そんで、この子が欲しい! と複数球団の指名が重なったときに抽選になるのですが、これが、楽天の社長さんが強いというわけ。

   今年は5球団競合したらしいのですが、優勝チームということで最後に引いた籤が大当たり~♪彡 だったわけです。ホント凄いわ。

   楽天には松井稼頭央さん(顔が良い方の松井マルシー喬林先生)がいるので松井被っちゃいますが、登録名どうしようとネットではファンの方で既に嬉しい悲鳴が上がっているようです。松井かっこかせぐ? 今うちのおにいちゃんが松井かっこ老人の老といいました、彼には反省して貰います。松井君はえっと三振王の方の松井とか、ええと~。なにがいいですか? 松井かっこ石原裕次郎の裕、今おにいちゃんに字を説明しようと思ったら出た。昭和臭のする表現だなあ。

   あと、これはもう背番号はまーくんの18番、エースナンバーを御用意するべきだとか、それはダメになったら帰っておいでと残しておくべきだとか、もう退団だろう(故障帰国)というラズにゃん(17)からひっぺがせとか、な、永井怜さまの30番は譲らないんだからねッ(それおかあさんだけ)とかいろいろご意見が出た模様。やっぱ19かなあ、空いてるし。
   「34はどうだ? 金田だぞ」
   「それをありがたがるのはおかあさんだけ」

   ああ、もう、日本シリーズ前から嬉しい悲鳴。今年の楽天は豊作です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

優勝おめでとうございました

   仕事で消耗して遅れてしまいました。楽天優勝おめでとうございました
   TV消してパソコンで遊んでたら、お兄ちゃんが降りてくる音がして、そろそろ決まったかなと思ったら、
   「NHKがニュースの時間に中継してるッ」って。慌ててTV点けてみんな集まって応援して、なんとか決定的瞬間を見ることができました
   「勝ってるんじゃなかった?」
   おかあさんは抜け目なく楽天の公式での実況を時々見てましたが、よその方に気を取られて。たしか最初先行されて、後半ジョーンズが打って逆転して、さすが今年の楽天は違う、このままいくかなーと思ってたんでした。
   「田中リリーフで炎上ッ!
   「それは往年の楽天のパターンを踏襲しておって思い出深い」
   仙台時代から、中継ぎ抑えが不備で勝ってる試合を何度もひっくり返されてました。
   またサヨナラ負けを予感しましたけど、そこは、今年の田中は稲尾級ですから。

   ほんと、おめでどうございました。

   「楽天のサーヴァーが飛んでるらしい」
   携帯を操作していたお兄ちゃんが呻いたので、すかさずチェックしましたら、たしかに、ついさっきまで投球ごとにコースなどを表示していた画面が、
   「ただいまアクセスが集中していて」云々とお詫び画面になってました。それはみんな見に行くわよね。
   おかあさんは、釜ちゃんや塩ちゃん、のりもっちゃんたちは未成年じゃないのか、ビール掛けに参加して大丈夫なのか生年月日をチェックしたかったんだけど、さすがに当日中は見られませんでした。……大丈夫だよね?
   虎美はニコニコ動画で中継されたというビール掛けまでしっかり見てました。おかあさんは聞いてただけですが、インタヴュアーのお姉さんが昂奮しすぎて声が聞き苦しかったと思いましたです。

   翌日は始発で現場に行かなくちゃならなかったんですが、駅でスポーツ新聞買っちゃった(自重して日刊スポーツだけ)。空き時間に広げてニヤニヤしてました。
   楽天の初期メンバー一覧が載っていて、今楽天に残っているのは小山と高須だけとあって、なんだか感無量でした。
   ほんと、あのころはピッチャーが代わっても代わっても打たれてて、いつチェンジになるんだろうと気を揉んだのに。
   まーくん楽天に来てくれて本当にありがとう、黄金の手で初期の神ドラフトを決めてくれた島田元社長ありがとう。
   新聞の対談記事では「楽天に来てからは誰も殴ってない」と言われていた星野監督ありがとう。暴力監督だと思っててごめんなさい。
   ジョーンズとマギーを取ってくれたフロントの人もありがとう。ほんと、今年は補強が巧く行ったんだと思います!

   ほんとうにお疲れさま。CSも日本シリーズもがんばってね。

   永井選手も気を落とさずに頑張ってね。日本シリーズには間に合うことを期待してます。

   最弱に生(あ)れし球団いまここに
    ペナント制す 誇らしきかな     舞音

   作ったような歌になってしまいました。イマイチ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

楽天日本シリーズはどこでやるって!?

   ニフティのスポーツニュース→ http://news.nifty.com/cs/sports/baseballdetail/jitsuwa-20130916-4630/1.htm で拾った話なんですけどね。おかあさんもう激おこ
   ……いやこれそんなに真剣に取り合うべきニュース・ソースじゃなかったわね、今リンク張ってみたら。でもまあ一応ご覧になって。

   どうも球団創設初優勝しそうな今年の楽天、日本シリーズは巨人とやるみたいなんですけど、せっかく球界の盟主を迎えての日本シリーズなのに、ああ、本拠地クリネックススタジアム仙台はあまりにも小さくてお客様が2万ちょっとしかはいらないんですって!
   野村監督の時代に2位でクライマックス・ステージだっけ、上位チームだけの追加試合やってた時も、お客が入らないからもったいない、プロ野球機構にもお金がはいらないから楽天は勝ち進まないで欲しいとまで影で言われてたらしいですけど。

   そこはしょうがないでしょ、街の規模がちがうし。見栄で5万人規模のスタジアム作ってお客さんが全然いなくてお掃除の手間ばっか掛かってもしょうがないし。
   それでも、初年度、思っていた以上に東北の皆さんの支持があったみたいで、客席を堂々追加したし、その後もちびちびと拡張はしてたらしいんですけど。
   ……やっぱり2万人も差がつくと、「えーっ他の球場でやればあと2万かけるウン千円儲かったわけでしょ?」と思うらしいですね、とくに、オーナーが。

   苦肉の策が、「甲子園開催」ですって! 甲子園はその日程だと空いてるし(よそのドームだと、チームが日本シリーズに出られる訳ないと思って別のイヴェントを入れてる!?)星野監督は昔阪神の監督だったからファンもきっといるだろう、温かく迎えてくれるんじゃないかとか、まーくんの地元も向こうだし、きっと喜んで貰えるとか記事は甘いこと書いてましたが。

   はあ~~~~~~~~~~~~~?

   1回か2回ぐらいもっと温かくて雨が降っても大丈夫なところをお借りすることはあるとしても(さすがに11月の仙台はちょっとどうかと思いもした)、楽天主催がわの試合全部甲子園なんかでやったら、あれだけ応援してくれた東北のファンの方が見られないじゃないの!
   東北だとやっぱりジャイアンツの人気が根強いところもあろう、その球界の盟主とチャンピオンフラッグを争うというもう値千金の試合を、楽天ファンでなくても菅野やら沢村やら阿倍やらガッツさまやら人気選手をみたいひともおられるだろうに、なんで仙台で試合をしないのか、なんで故郷に錦を飾らないのかと。

   

猿や。きれいなべべ着とるだけ。猿猴にして冠するのみって、だれのせりふでしたっけ? 項羽本紀になかった? あ、これは文脈が逆か。項羽が故郷に錦を飾りたいっていって見放されるんだっけ。

   あれだけ東北復興東北東北言ってたのに、いざ優勝すると、東北のファンのことなんか考えもしないで金儲けのことを考えるのね。

   客席が足りないのなら隣接の陸上競技場でパブリック・ヴューイングでもすればいいじゃない! 勾当台公園や評定河原球場で芋煮しながら見なさいよ! もう、麒麟麦酒園とか名取のサッポロビール園はなぜパックを企画しない!?

   あんまり東北人をバカにすると、本年は控えめにしていた最凶のさげまんスポーツファンが本気で楽天野球団の優勝を祈らせていただきますが、いかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧