« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年5月24日 (日)

「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました」 ー 異世界にはアラサーから ―

   タイトル長げぇよ。読点まで入ってる。

   最近のおかあさんはもう家事はほとんど投げて、おうちに帰ったらもうなろう小説を読むこととブラウザゲームをすることしかしてません。いやマジ。勤労と納税はしとるからええやろ。子供を学校に通わすことは最後はおじいちゃん(と奨学金)に投げたけど。

   そのなろう小説ですが。異世界に行って英雄になるってのも、若さに任せてチャンバラやればいい時代は終わり、今は、アラサーである程度経験を積んだ人が、その知識と経験をもとに頑張っています。

   「宝くじで40憶当たったんだけど異世界に移住する」カズラさんは、異世界と往復できるトンネルもさることながら、やはり40憶をパワフルに使いこなす大人の経験と知恵あってのことでしょう。荷物運ぶ道具が欲しい→道端にリヤカー放置→札ビラ切って借りていくとか、水車欲しい→業者探す→断られそうになると前金即金で押し切るってところは中学生には無理でしょ。

   「理想のヒモ生活」の善治郎さんも、ブラック企業でいろいろ経験した結果の交渉力や判断力がかれをただの「女王のヒモ」以上の油断ならない優秀な王配たらしめています。最初に召喚されて白羽の矢が立った事情を聴いて、自分に求められることを的確に推理して交渉するあたりがすごい。この作品の第一の見どころは婿入りまでにあります。魔法の絨毯で持ち込んだ現代日本の文明のチート(ずる)もあるけどね。

   「異世界のんびり農家」のヒラクさんも、一農夫としてのんびりしたいとかいいながら、いざという時の調整力や胆力(そして武力)でガルガルド魔王国の一部地域ではなくてはならない存在になってますしね。ヒラクさんが在職中どんなご苦労なさったかはあんまり描かれてないけど(長い療養生活のせいもあろうが)、その分仏のような寛大さ、動じなさがつちかわれちゃってる。ヒラクさんの魅力は「そうなのか?」でスルーして、「じゃあこうしよう」っておっとり受け入れて対応しちゃうところね。竜が来ようが呪いの岩が発掘されようが。

   やっぱり、読者は疲れた勤め人? なので、うまくいかない日常といえどもその積み重ねは無駄なことではない、自分の中に何かは残っていて、いざとなったらそれで社会に貢献して認められるのだと思いたいんですね、わたしもです。

   さて、表題作「異世界に救世主として喚ばれましたが、アラサーには無理なので、ひっそりブックカフェ始めました」の水森月奈さんもある意味豪傑。

 「え? 異世界転移?
  嫌です」

  お、おう。それなりに生きていけてるアラサー社会人なら環境の激変は望まないわな。こちらの世界から転移した救世主だけが使える大魔法があるので、それで世界を救ってもらいたいって、現れた神様(と名乗る球体)は必死に口説きます。もう静かに暮らしてもらうだけでいいからって、なにの投げ売り? 異世界からの人間の魔法でないとと安定できない世界って世界として破綻しとるやん。おまえその世界の神として恥ずかしくないんかとわたし思いますけど。
 
  そのへん、やはり血気盛んな中高生ではないので月奈さんきれーに論破して拒否りますが、

  「代わりに君の願いはなんでも叶えよう」って、神様も必死。

  したたかな月奈さん、そこはよく考えつつ、自分に向いてる転移先をいろいろリクエスト、願い事もよくよく吟味して、その他追加の願い事をカタログで通販するノリで手に入れられるペンダント(神様が細かい要求に根負けしてプレゼントしてくれた)までゲットして、準備万端の転移です。もう、このイントロだけで思いっきり読みでがありました

   そして、月奈さんが趣味と実益で選んだのがブックカフェの店主でした。

   えーとあのー食べ物飲み食いしながら本を読むって、「本好きの下剋上」の麗乃さんに怒られそうなんですが。いまこういう形態のお店ってあるんですか、10年? ほど前、書店に喫茶店が併設されて、お会計前の本も持ち込んで読める? とかいうの見聞きしたかもですが、図書館に入る前には手を洗う、物を飲み食いしながら借りた本を読まないとか叩き込まれた世代なんで(自分の本は当然左手に持って読みながら飲み食いしますけど)、なんか微妙。お行儀悪いんじゃないの? わたしはこういう形態のお店利用したことないです。学生用カフェレストランで置いてあるジャンプよみながらスパゲティ掻きこんだことはあるけど。

   地球だって近世に至るまで本は貴重なんで、ものを飲み食いしながら閲覧ってのはあり得ないと思うんですが。うーん、それで物語世界の登場人物はありがたがっているからいいか。とりあえず月奈さんのお店の本は汚れないよう魔法がガードしているそうです。

   まあ、お客はほとんど、相手役のイケメン騎士イルしか来ないし。

   もう一人、この世界には先に転移した救世主ちゃんがいて、全然自覚がなくちやほやされることだけを享受するダメ異世界人だったので、お城のみんなはストレスが限界、イルもそれで癒しを求めてこの店にたどり着いたという事情がありまして。

   本好きの二人は運命の出会いに心を寄り添わせていくのでした。

   このへん、疲れたイルに対し最初のお客さんだからときめ細やかなサーヴィスをするのがぴたりぴたりをはまってゆくあたりがだいご味。やっぱ社会に出てそれなりに揉まれているからこそのサーヴィスです。……まあ、居心地の良い場所を提供して、おいしい食事を出して、ほんの少し、癒しの魔法もかけて、とままごとっぽいですけどね。

   神様としては、月奈には普通にこの世界に存在してくれるだけでいいらしいので、ブックカフェが採算取れてるかどうかは問題ないんだろうな。お会計とか、仕入れとか、細かいところはスルーでした。いいのかこんなんで。

   そして、彼女の対照として、自覚も覚悟もないもうひとりの救世主のダメダメっぷりも描かれてゆき、世界はとうとう破滅を迎えます……。

   月奈は平凡な異世界ライフを守り切れるのか!?

   もう一人のダメ救世主や、彼女を受け入れ甘やかしてしまう王子など、固有名詞さえない割り切りっぷりのシンプル電車道な物語。あっさり終わりますけど、それだけに終わったときにはガッツポーズが出ました。これでいいよ。足りないぐらいでいい。お幸せに! 

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

最後のレストラン ー 横からどや顔 ー 

   自粛づかれなどの言葉もささやかれる中皆さまいかがお過ごしでしょうか。おかあさんは本日はおさぼりです。こないだ雪降るほど寒かったのにもう真夏日かい!? 身体がどうかなるわ!(雪がふったのは3月下旬です)

   さて、書店が閉まってても書籍も発売日は粛々と訪れ、またしても新刊が出ました。電子書籍で買いました。

   「最後のレストラン」藤栄道彦。もうはや15巻に突入です。
    親の残したレストランをなんとかこんとか回しているオーナーシェフの園場凌(そのばしのぐ)クンのお店は、歴史上の人物が今わの際によくタイムスリップしてくるというマジカルなお店。今日も有名無名の偉人が現れておいしいものに癒されたり園場クンにありがたい言葉をかけてくれたりするのでした。

   連載最初はそのころ流行りの偉人召喚バトル漫画「ドリフターズ」と登場人物が被っていたものでしたが、向こうが連載止まってる? 間にもこちらは巻を重ねて、被ってるどころかもう古今東西有名どころはみんな出尽くして、ネタ切れ感を感じてきていたのですが。いやいや。

   ここへきて、どうも新刊15巻は文豪シリーズ。ドイルに漱石やらシェイクスピアやら。前巻14巻では最後の大物(?)ケネディが巻中ぶっとおしでご出演して、さらに召喚された他の偉人、チェ・ゲバラなど同時代人やイシンノゲンクン大久保利通と絡んだりしてくれて二度おいしい作りです。そういえば、大河サーヴィスで西郷さんが召喚されたときも、光秀さんと絡むシリーズがありました(12巻)。作者さんもいろいろ工夫しているようで応援したいです。

   作者さんご自身空きページの解説で語っていますが、一般的な評伝をひっくり返して、実はこういうところもあったのよ、というのを描いてくれているのでまいど得をした気持ちになります。エリーザベト皇后が足ることを知らない無駄づかいエンプレスだったとかね。
   
   そして、偉人との触れ合いを経て(園場クンはかたくなにそっくりさんと言い張ってますけど)、園場クンじしんもいろいろ成長して、レストラン初期メンバーに加え、帰れなかった被召喚者のジャンヌ・ダルクや安徳天皇、出戻ってきた同窓の女性料理人、ソムリエ親娘や2号店3号店の人たちまでしょって立とうとし始めたのには感嘆を禁じられません。一話完結ものとはいえ、少しずつ、人間変わっていかないとね。でも、お見合い相手の好美さんを取るか、自分を慕ってくれているジャンヌをとるか、黙ってつかず離れず召喚者たちのことを教えてサポートしてくれる前田嬢(マルチリンガルの才女で被召喚者のプロフィールを教えてくれる。初期は通訳も)は園場クンのことどう思ってるのか、シェフより威張ってる同窓の御奴さんは園場クンとどうこうなる気はないのか、よく考えたらハーレムじゃんこれ!

   時事ネタも多少さらっと混ぜてあって、フランス料理も毎回お題に合わせてなるほど、というものを用意してくれて、そして歴史について、人生について、やられた! と思わせる名回答を見せてくれて。いやいやこれすっごい密度濃いですよ!

   クールジャパンで、よその国の方に漫画をご覧いただくなら、こういう作品も混ぜといてほしいです。

   日本は、古今東西の偉人についてこれくらいのお遊び(描いて面白がれる)ができる程度には教育水準が高く、個々の人物について、いいことも、悪いことも調べて描ける程度には自由ですと。そして、ただの評伝ではなく、面白おかしく、お料理に絡めて目にも楽しく読めるような作品を生み出せる作家がいるのですよと。

   自分は生み出す側でなく享受する側ですが、とりあえず欠かさずお金を払い、そして折を見てこういうところでアピールする、どや顔でね。それくらいはするつもりです。このあとどうなるか考えるとこわいけど、空前の繁栄をしていた漫画の国ジパングの住人としてね。

| | コメント (1)

2020年5月 6日 (水)

おおカミよ

   この春先のあの騒ぎの覚書。

   1月の終わりにトイレットペーパーの定期買い足しをしたときに、「従来品の??%増し」で巻いてあるので買い替え頻度が減ってお得というペーパーに変えたところが、2月末の段階でそれの封を切って、巻が多い分ひとパックが6個ぐらいしか入ってなくて、やっぱりなんだか心もとないわね、今週末もうひとパック買っときましょうかって気持ちになって。ところが3月頭は例の箱根温泉ガラス旅で、買出しに行けなかったのでした。

   「ってわけで、今週こそトイレットペーパー買いに行こうと思うんだけど」っていってたら、なんだか世間はトイレットペーパーが足りなくなるんじゃないかって話になって。
    いやまさかそんなコロナとトイレットペーパー全然関係ないじゃん、昭和のころじゃあるまいし。だいたい早乙女さんちみんな日中仕事でいないんだからトイレ使う人いないんでしょ、週末買いに行けばいいわよって言われて、あははそうですよねーって3月第1週はのんきに過ごして。って、あとでブラセリーカサイのママに聞いたら、その2月の末に一気にトイレットペーパーは店頭からなくなっていたのでした。

   そうでない去年以前も、よっぽど切羽詰まったときでないとノイエ・リリエンベルクの駅でトイレットペーパーなんか買ったりしてません。バスにそんな大物持って乗りたくないし、仕事の帰りは食品を買って帰ってるんで荷物増やしたくないし。
   買うとしたら、イオンと小田急スーパー、それから薬局が駅の北口と南口、エルミロードにイトーヨーカドー入ってたかな。

   一応ラインの自分の撮った写真を会社の熟女と共有してた記録出してみたら(マスクの売り切れ情報など共有してた)、3月3日の時点で小田急スーパーには欠品のお断りが張り出されていたのでした。

   「大丈夫ダイジョブリーリエマート行けばいいんだから」

   おかあさんまだそのころは余裕。一応、毎日駅の周りはチェックしたけど、既にイオンと南口のドラッグストアでは影も形もなくなってました。

   「そういえば、うちの会社の一階トイレの個室に配備されてた予備ペーパー、今日は一個しかなかった」と熟女のヘレンさん。

    待ってー! 事態はそこまで切迫してるの!?

   「朝イチだったからじゃない? あとは、1階はいろんな人が入り込んでるから多少用心してるのかも。うちの会社のフロアはID持ってる人じゃないと入れないからちゃんといつも通りダースで配備されてた」   

   「ああ、そうなのね、ごめん」って、ヘレンさんはいつも理知的な方です。

   「うちの旦那のよく行く会社の近くのセブンはペーパーが切れたのでおトイレ借用禁止になったって」

   「ぎゃー!?」(慌てふためくスタンプが入ってました)

   「我が家は古Tシャツを小さく切ってティッシュの代わりにしてるけど、さすがにトイレには使えないわね」ってヘレンさん。

   「いや最悪の場合、ウォシュレットでよく洗ってぼろ布で押さえてそれは燃えるごみ出すことも考えてる。

    ただし、うちこの夏ウォシュレット買い替えた時に旦那が設置したところで力尽きてまだホース繋いでないの!

    旦那にウォシュレットを使えるようにしてもらうべき!?」

   「早乙女さん旦那さんに頑張ってもらって!」ラインは一時騒然……。

    そしてデスクで使っていた鼻セレブも切らして(花粉症です)、会社の下に入っているセブンイレブンに買いに行ったら鼻セレブどころか普通の箱に入っているティッシュペーパーも欠品していて、これは本格的にやばいのでは? となって。

    その週末、一山越ええていつものリーリエマートに行ったらほんとにトイレットペーパーの棚ががらんとしていて、ひと家族様一品限りになっていたので、目の前にあった小さい4個入りパック、うっすらピンク色で香水の香り漂ういつもだったら絶対こんな高級品使わないわってのを約400円で売ってたのを、ジャンプしてキープしたんですが。だってすぐ横にご主人をともなった大奥様が買おうかどうしようか迷ってたたずんでいらしたので。

    ……ちょっと横に398円で12個入りのも売ってたみたいよ。でも、わざわざジャンプしてまでとびついたのを捨てて別のにするのは恥ずかしかったのでそれ買ってきました。くぅーっ痛恨の一事。

    そのころお隣の席でいろいろこのトイレ紙苦労話を聴いていただいてた熟女のえすこ様(ちょっとSなご気性から)にその話をしてもう皇族の方みたいなノーブルな笑みで「良かったわね」と言ってもらってたんですが、

    「とうとう例の香水入り4ロールに入ったんだけど、なんとこのロールにはちゅうりっぷの絵まで描いてあったの!」

    「まあ!」

    「それで、いつもの通りぴっと紙の端を引くと、その勢いに負けてミシン目でぴっと切れてしまうの。

     またピッと引くと、また最初のミシン目で切れてしまうの。だから、3回目はそーっと引き出して、必要量を巻いて、そーっと切ったの。わたしはこのペーパーを使うには淑やかさが足りない、

     なんと わ た く し は い か に 野 蛮 人 な の か と い う こ と を
         こ の ペ ー パ ー に 教 え ら れ た の !」

    「まあ、よかったわね(ノーブルスマイル)」

    しかもですね、そのあとまたそのリーリエマートに行って、ほかにペーパーはないかと売り場をじっくりと見たら。

    「落とし紙が売っていました
    「なあに?」えすこ様ホーリー&ノーブルに問い返されます。
    「あの、巻いてない、ぼっとんのトイレのときのペーパーですよ、田舎のおばあちゃんちで使ってたの昭和のころ見たことある。あれ知ってる最後の世代が私たちですよね、使ったことあります? そういえば、東日本震災の紙がないときもあそこで見たわ、あの時は、あまりにも紙がないから倉庫から出してきたんだと思ってた、今でも作ってるんだ、何に使うんだろ」
    「知らないわ」にっこり。

     次の週、事情通のブラセリーカサイのママに聞いてみたら、
    「通年売ってますよ、なんか聞いてみたら、ワンちゃんのお散歩のときに始末をするために使ってるって」
     なるほど、あれティッシュなのかと思ってた。あれでつまんでヴィニルの袋に入れて持って帰って、落とし紙なら水洗に流せるからご自宅のトイレに流しちゃうんだ。ペット飼ったことないから知らなかった!

     と、また月曜日にえすこ様に報告すると、
    「うちはあらかじめヴィニルの袋の中にペーパーがセットしてあるのを使ってるわ」
    「その場合は中身だけトイレにポイですか?」
    「袋ごと燃えるゴミね」

     この機会にいろいろと知らないことを知ることができました。

     そして、ネットで見るには、ペーパー不足という消費者の不安状況を打破するためにイオンはペーパーのお徳用パックでお城を作って、

    「幾らでもありますからどうぞお買い物してください、どれだけ減ってもすぐお城を作り直します」ってやってたというのにうちの近所のイオンには影も形もない、あれはどこの国のイオンの話なのだ、うちの近所が川崎のチベットと呼ばれているへき地だからなのかと言っていたら、虎美が、

    「おかあさん、あれは阪神大震災を経験したもとダイエーの社員の人がお客様にご不自由をさせてはいけないというダイエー魂を出してやってくれたことなんだって。ノイ・リリのイオンはもとサティのイオンだから、ダイエー系列じゃないから無理なのよ」とまた眉唾な話を教えてくれたりして。

    もうトイレットペーパーもティッシュペーパーも買えるようになってきたから忘れないうちに書いとく。

| | コメント (1)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »