« 千歳ヲチコチ ― 時空を超える共感 ― | トップページ | 指輪の選んだ婚約者 - 大団円お見事! - »

2020年4月26日 (日)

聖女の魔力は万能です ー ナチュラルいいじゃない ー

   またしてもステイホーム支援のご紹介。

   「聖女の魔力は万能です」橘結華、作画藤小豆。乙女向け召喚ものの一大メジャー。「なろう」の原作は第三部111話まで更新中。コミカライズはカドカワフロースコミックで連載中で、各種オンラインサーヴィスで無料で読めます。コミック版はシーモアでも電子で買えます。絵がきれいで見ていて楽しい。色使いも素敵。

   ちょっと社畜の疲れたおねえさん、小鳥遊聖(タカナシ・セイ)さんはある夜異世界に召喚されますが、問題なのは一緒に可愛い女子高生が召喚されたダブル召喚だったこと。待ち構えていた王子は見た目可愛いその女子高生アイラちゃんに飛びついて聞いちゃうのです。

   「貴女が聖女か?

   よっぽど大物じゃない限り、即答ではいって答えられないと思いますけどコレ。

   恋に墜ちたんだかどうなんだか、二人の世界を作ってしまった王子とアイラちゃん、さっさとどこかへ行ってしまいました。取り残されたセイさん、静かにキレながら事情をきこうとするも、みんな「王子の聖女」の方に気を取られてハッキリした説明もなく放置放置放置……。

   そりゃあ、キレるわ。

   ところが、神のイタズラか、喪女力をこの世界で魔力というんだか、暇を持て余したセイさんどんどん謎の力を発揮していくのです。これがまた、常識外。ほかの術者が汗水たらして作り上げるポーションを楽々量産したり(しかも効果が謎の5割増し)、顔見知りの騎士さんが魔物退治で四肢欠損したら、治った方がいいよね? と楽々再生。

   なろうで有名な「俺やっちゃいました?」系ですよこのおねーさん!

   しかも、乙女向けとしてふつーに逆ハーレムですから! 淡々としていて、もててもてて困る事案は起きてないけど、すべての発端、暇を持て余して薬草園にお散歩に来ていたセイさんを
   「薬草に興味あります?」と見事に薬用植物研究所に勧誘したふんわりジュードさん、王宮から内内にフォローをお願いされてた研究所の所長さん、その友人でセイさんの五割増し上級ポーションの効果で一命をとりとめた騎士団の団長さん、セイとアイラちゃんどちらが聖女なのか、セイさんの能力をを確かめるために派遣された魔術師団長さん。みなさんキラキラした美形で、

   「なんなんだこの部屋の美形率は」とセイさんもあきれるほど。

   その他、諸悪の根源王子といい、団長さんのお兄様である魔術師団の副団長であるインテリ眼鏡様、もちろん国王様も、皆さま美形ぞろいでいらっしゃる。ああ、目の保養。メインは団長さん。命の恩人への感謝以上の好意を見せてくれて、それが中高生の初恋みたいなほほえましさなのを、周囲が見守ってくれてる可愛らしさが好ましい。皆さん(諸悪の根源王子以外は)セイさんに好意的で優しくセイさんが物理的にも精神的にも辛いことがないように図ってくれているのでほんとうらやましい。いや、約一名自分の知的好奇心を満たすためだけにムチャ振りするひとがいたか……。

   もう日本には帰れないらしいけど、勤勉で周りの人に笑顔でいてもらいたいと心掛けるお姉さんにとっては非常に暮らしやすい召喚聖女生活なんじゃないでしょうか。

   聖女として魔物討伐にも積極的に参加し、結構怖い目も見るし、聖女としての奥義技が出せなくて追い詰められたりもするけど、そこそこ承認欲求も満たし、ほのぼのとした好意的な美形やお嬢様との交流、舞踏会やらお茶会やらなどを経験して、みんなに慕われる穏やかでハッピーな聖女生活を終えられたらいいんじゃないかな。

   ほんと、セイさんにひどいこと言ったりやったりするひとがモブから国の重要人物までほとんどいないので、安心して読めます。侍女さんたち、騎士さんや研究員さんたちがみんな優しくてプロフェッショナルなのがいいです。自分もこういうモブでありたいものです。

|

« 千歳ヲチコチ ― 時空を超える共感 ― | トップページ | 指輪の選んだ婚約者 - 大団円お見事! - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千歳ヲチコチ ― 時空を超える共感 ― | トップページ | 指輪の選んだ婚約者 - 大団円お見事! - »