« あるるん補完計画 | トップページ | あなたの知らない世界 大学も水商売 »

2019年11月23日 (土)

モフと聞けば思い出す

   「ああ、オークラショーのこと」

    おかあさんは今はもうない都市銀行の子会社で働いていました。使い物にならないプログラマとはいえ業務関係のお勉強はしっかり叩き込まれ、今でも天候状況で飛行機の機体の都合がつかないと聞けば「ゲンサキしとるからな」と独り言ちてしまうぐらいです。

   注。

   飛行機は、飛んでいった先で帰りの便までゆっくり休んでいるのではなくて、元の飛行場まで帰る便以外にも近場のよそへ飛んで行ってお帰りの時間までに戻ってくるという小商いをしています。

   同様に、栄光の三〇銀行資本市場部が買った債券(主に国債)も、満期償還まで金庫に眠らせておくのではなくて、持ってるだけで何か月に一回利息を産むので、「ちょっとそれ貸して」と言われる先に貸して、じゃない、後で返してねという約束付きで売ってあげます。これが売り現先。戻ってこないことはない前提。実際の飛行機も、普通の日はちゃんと戻ってくるから毎日それで回せているのでしょう。いやーその債券実際金庫から動かしてたかというとようしらん。帳簿というかシステム上でお金が動いているだけだったのかも。状況に応じてちょっと額面より割引したり、ちょっと高めに売りつけたりします。こういう小技大技をやって細々と小金? を稼いでいるのが金融市場。実をいうと、バブルのころはこれが銀行のほぼ本業でした。

   そういう職場なので、先輩やユーザーである銀行本体のお兄さんたちも、カッコつけてアルファベットの略語を使っていて。

   「タイフが」

   「大夫? 今年の大河ドラマの登場人物ですか?」

   「TIFFE。東京金融先物取引所!」

    いんたーなる・ふぁいなんす・ふゅーちゃーず・えくすちぇんじ。メンドクサっ! いや、目にしたことはあるけどそのまんま文部省英語でティフェって呼んでました。Iはそのまま「い」って読んではいけないんですね。iMacが出たのは1998年、平成も10年になってから。今裏を取るためにウィキったらもうないそうですね、タイフ。これの商品を扱うシステム構築するのに億単位突っ込んだというのに。嗚呼、バブルは遠くなりにけり

   当時IBMのシステム使ってた五行合同で利用してたシステムの新商品ヴァージョン説明会に北海道拓殖が出て来ない、どうしたんだ、富士も腰が引けている、なんだろ。もうシステム開発に大金突っ込む余裕がなくなったんです。勘のイイ人はこの辺であの金融再編に気が付いていたのかもしれませんが、下っ端のプログラマ風情では、逆に商品が魅力がないので開発に乗り気じゃないんだと思っていました。いやほんと取引高少なすぎで、データ容量持て余してましたから。

   「モフが」

   「それはもしかして?」

   「MOF。みにすとりー・オヴ・ふぁいなんす、大蔵省だよ」

   フワァーオ!

   なんか国の上の方に立ち混じるような高揚感とともにその言葉はアタマに刷り込まれました。実際使うことはありませんでしたが。

   ところが、あの省庁再編で栄光の大蔵省も財務省になっちゃう。

   「大蔵省ではなにを扱っている省庁かわからない。国際的に太刀打ちできない」

   当時のパワーワード、グローバル・スタンダードに負けたんです。あはれ大宝律令より受け継がれし歴史ある美名も西の果ての国の名に塗りつぶされにけり。

   庁舎の看板も、当時の蔵相あらため財相宮沢喜一が自分で書くかっていうと適当にフォントから選んだっていう……。

   そんでね、財務を扱うから財務省って名前変えたけど、対外的にはミニストリー・オヴ・ファイナンスで変わらずって。

   グローバル・スタンダード対応ちゃうやん!

   もうね、上の方のやることってね、ホント!

   グローバル・スタンダード主義者は敵だ! って落ちに持っていこうとしてウィキったらね、そこは、手前が日本を牛耳っているという大蔵省官僚の心を折る作戦だったって。

   ……古来名前を奪うのは相手に対する最大の武装解除手段というか力を奪う行為だったそうですので。

   世の中なにが効いてくるかわからない。それこそ時津風が吹かないと解らないこともございます。

|

« あるるん補完計画 | トップページ | あなたの知らない世界 大学も水商売 »

コメント

 日本は先進国の優等生じゃなく、遠く東の果てのミステリアスでエキゾティックな国であるべきだと思いますね。今それである意味栄えしてるところあるじゃん。
 昭和の昔は、日本はヨーロッパの言語が通じない、自分から学んで知識を取りにいかないといけない、逆に、向こうからも理解されないというおもいこみがありました。
 今や、日本のアニメや漫画、オタク文化を味わうために日本語を勉強するなんてことがおおっぴらになってきて、う~ん感無量。

投稿: | 2019年11月23日 (土) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるるん補完計画 | トップページ | あなたの知らない世界 大学も水商売 »