« 熟女はとってーも芋が好きっ♪ | トップページ | ジパング伝説を検証しました ― 落とし物必ず返る篇 ― »

2019年5月19日 (日)

本日の手仕事ニッポン

   前の項に関連して。

   日ごろうちで穿いているリラックス用のパンツ(ウエストのゴムが緩くなったのを力技で入れなおしたと数年前ここに書いた)が、古びてボロボロになったので、そろそろ新しいのを買おうと思ったところが、この冬油断してとんでもなく太っていて、ウエストがちょっとすごい値になっていて、こんなサイズはユニクロにもないのでは、と大いに反省、意気消沈。でも、じゃあお裁縫大好きの実母に縫ってもらえばいいじゃん、いつもは趣味にお金をかけない主義で適当に古着をリサイクルしているからとんでもねえのができるのであって、自分が購入に立ち会い、材料費も出してついでに芯地やらゴム紐やら糸やらの小物も買ってあげれば、母の日の贈り物も悩んだ挙句に

「おかあさんこんなのいらないわ」

 と言われることもなくお互いストレスフリー! と、実家の老母をなだめすかしてお買い物に連れだしたら。

   「ここはいい服地がお安くてお気に入りなの」とばかりに金沢郊外の小さなお店に連れてゆかれ、なんかプレハブっぽい(失敬)大教室ほどの店内は所せましと服地を巻いたロールが立ってたり横に積んであったり。仙台だとマブチ、池袋だとキンカ堂、この辺だとユザワヤみたいに明るい店内に手芸材料から服地から初心者向けキットとか各種小物がきれいに展示されてるああいうお裁縫のテーマパークみたいの想像してただけに失望限りなし

   わたし、自分では何にもしないけど、ああいうお裁縫の品物見て歩くの好きなんですよねえ。チャコペンとか、ゴム紐通しとか今はこんなに便利になってる! とかちいさい感動があって。

   そういう自分の娯楽も込みのつもりだったから。

   いやそれは事前にすり合わせしておこうよ。(反省)

   とりあえず、端切れサーヴィス! ワゴンに載ってた茶色のちょっと厚手の布地をちょうど着分相当だったので買いました。

   「おかあさんは芯地を買うわね」

   薄手の布に張りを持たせたり透けないように(?)裏から貼る不織布を2メートルほど買ってました。こちらもお金出してあげようとすると断られました。趣味にはストイックな母です。うーんこまっちゃう。

   お買い物を済ませると、母問題発言。

   「じゃあこんど小枝さん(仮名)に持っていくね」

    ちょっとまってマザー!?

   「おかあさんが縫ってくれるんじゃないんですか?」

   「わたしも作れると思うけど、こういうのは小枝さんの方がちゃんとできると思う」

   「小枝さんってあの、おかあさんの妹の小枝フミコさん?」

   「おいね(そうよ)」

   「いままで小枝さんがお裁縫をなさるとはきいたことがないんですけど」

   「あのひとはちゃんと洋裁学校行ったよ」

    母が独学だったほうが初耳です。いやあの時代の人だから嗜みとして何でもできるんだと。母の実家は結構ちゃんとしたうちだったんで(4姉妹のうち3人私学の桜花:早乙女父が教鞭とってた女子高 に行かせるぐらい)お茶お花お習字地味にいろいろやってましたから。

   「小枝さんとは仲悪かったんじゃ?」

   「もうわたしたちも長くないからいがみ合ってもしょうがないと」

   「なにか向こうから詫びを入れてきたんですか?」

    小枝の叔母はなにかというと実母に張り合ってきて姉妹のうちでも暗躍して母をハブにしたりとかしてたと聞くのに。

   「わたしが自分で思ったの」

    ……いつもこんなひどいことを言われた云々グチをきかされるのはこちらなので、歩み寄ったつもりがまた泣かされたりしないだろうかとそっちを心配しました。

    母の一人遊びのネタを提供するのが6割ぐらいあるので、それで恩にきせられたり、菓子折り持ってったりとか負担になるんじゃ逆じゃないよう!

   「……おかあさんのよいようにしてください」

    やっぱりリサーチが足りなかったかしら。

    そしたら小枝さん張り切って寸法取りに来ちゃって‼ それがまた、往年も美人だったけど(ヨナイズミ町会の誇る美人姉妹マダムでした!)今もビシーッと化粧して、もとから母より目鼻立ちが派手でしたけど、ほんとまだまだ華でした。性格の悪さが顔に出て悲惨になってるんじゃなかったのマザー! あれは別の叔母のことだったかしら。

   「まいこさんもお久しぶりです。お元気そうで」

    いちばん親しかった叔母なんですが、かしこまっちゃって、まあ。リヴィング上がってもらってすぐのところでさっそくメジャー出して、ウェストからヒップ、着丈から股上、股下などいろいろお寸法とられました。

   「んまーあウェスト〇5センチ! ヒップ大台越え! これは既製服が入らないわけや!」

    おかあさん声が大きいです。  

   「バスト、バストも測って、それなりに大きくなったから!」

   「はいはい」

    ……などと姦しく巻き尺と戯れ、叔母さんはさっさと帰ってゆかれました。お茶も飲まないのか。わたしが出すべきだったのか。いや、勝手なことをして居座って母が不愉快な思いをしたら困るから出さない。

    そして連休が終わったころ、母より入電。

   「はーいまいこちゃんおかあさんやよー! 小枝さんがもう仮縫いできたから送るって。もうこちらには当分来れないと思うから、着た感じいろいろ測ってみて感想教えて」

   仕事が早い! さすが洋裁学校伊達に出てない!

   「仮縫いて、そんな本格的なことしなくてよかったのに」

   今まで母が作ってくれたリラックスパンツでそんな高尚なことをされたことなどなかったですよ。

   「まあまあ。とにかくありあわせの布で作ったから当ててみてね」

   少し前はまった仕立て屋さん漫画で、高級な布地の場合は先に仮縫い用に別の布で仕立ててみるってのあったかもだけど。そんないい品じゃありませんよ、サーヴィスの端切れ。

   ……送られてきたのはワインレッドに観葉植物の斑入りの葉が乱れ飛んでいるような柄でした。母がセレクトしなくても老女の好みってこうなるのか。サイズは実にぴったりで、ご機嫌でゴーサインを出したんですが。

   「それでこれは送り返せばいいの?」

   「ううん、これは仮縫い用だからプレゼント。このサイズでもらった布でこれから作るんよ」

   「いいの?」

   「要らんかったら返してもらってもいいけど」

   「もらうわ」

   ラッキーといって穿いてるんですが、2,3日も穿いていたら下がってきて、どうしたんだろう、やっぱりサイズ間違ってたかと思ったら、ウェストのゴムが結びが甘くてほどけていました。

   「おばちゃーん!」

    やっぱり母の手作りとは真剣さが違う、とここに書き記そうとしたら、そもそもこれは仮縫い用だったのでした。そんなもんその場しのぎでいいんだった。わたしがちゃんと入れなおせば済むこと。叔母さんごめんなさい。お中元は東京のオシャレなお菓子ご期待ください。 

 

 

 

|

« 熟女はとってーも芋が好きっ♪ | トップページ | ジパング伝説を検証しました ― 落とし物必ず返る篇 ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熟女はとってーも芋が好きっ♪ | トップページ | ジパング伝説を検証しました ― 落とし物必ず返る篇 ― »