« 忘却バッテリー ― 悪魔のコロッセオ ― | トップページ | いやー今年は大変だわ »

2019年3月24日 (日)

異世界薬局 ― 誠実×誠実 ―

   最近異世界転生ものにはまっているおかあさんです。はやりには周回遅れで乗る主義です。
   異世界へは赤ん坊として生まれ直してその世界での家族とかネットワークとかちゃんと持ちつつ現代日本の知識を小出しにして認められていく転生型と、それなりの年で日本人としての容姿や能力のままで移動する召喚型とがありますが、手っ取り早く異世界のギャップを出しつつ主人公が力を発揮できるから召喚型の方が面白いのかな?
   「本好きの下剋上」は転生型だけど、ある程度年を取ってから瀕死を期に前世の記憶が蘇ってますから、両者折衷の序盤スピードアップが……うーん、そこんとこまだまだローギアで、リアリティある分読む方の忍耐を要求しましたね。
    こちらの「異世界薬局」も、すでに異世界である程度教育を受けていたショタ少年が落雷で瀕死だったところへ乗り移り元の人格を消しちゃった感じなので、より合理的なのかもしれません。所々この世の常識とかは残っているらしいし。瀕死からの蘇生ということで世界の常識を超えた知識を出しても「薬神の加護を受けたから」でごまかせているし。
   というわけで、「異世界薬局」なかなか設定がしっかりしています。
   難病の妹のために新薬開発に勤しむ准教授の薬谷完治先生(31)、ハードワークがたたって過労死しました。その浮かばれない魂が中世ヨーロッパっぽい異世界で雷に打たれて瀕死の貴族少年ファルマ・ド・メディシスに宿ったところがありがちな第一話。
   ところが、この坊ちゃまの父上は神術を駆使して人々の病を癒し公爵様より偉い尊爵の位を賜るこの国最高の宮廷薬師で子供たちにも家業で世界への貢献を求める意識高いスパルタとーちゃんだったのです!
   おうちの方針と本人の志向がぴったり一致したファルマくんは、転生のボーナスらしいその世界でも珍しい無限の神力に最新日本の薬学知識で貴族に限らず人々を病から救いたいと幼いながら活躍し始めるのでした!
   異世界で教育程度の低い人々相手にも細かく丁寧に病気の状態と治療方針を説明する誠実さ! ちゃんと原作小説では要所で査読がはいっているという真面目さ! なろうなのに原作テキスト開けたら黒くてびっくりしたよ! 何この書き込み!(大いに失礼!)高圧的なパパ上も地位に驕(おご)らず独自に研究をしていてその世界としては最高峰に近づいていた(が、限界を認めており、それでも患者に誠実に、政治に影響が出ないように治療方針を考えていた)辺りが医療ものにありがちな腕に逸って患者さんのことを考えていない医者とは一線を画していて目を開かせられる! そういう誠実な医療従事者を描いていてくれて胸を打たれます。
   医療分野だけでない細かい考証と描写。それをまたちゃんと絵に落とし込む作画の担当の方の誠実さ! 
   奥様や皇帝(女性なのに簡単に「女帝」と表現しないデリカシィが好きっ!)のお召し物の麗しさ。考証しながらも現代人が見て魅力的に感じるように描いてくれて眼福。お母様の腰痛を癒してあげるシーンのコルセット外した腰の艶めかしさ! 女性の神術使いの尊爵さまのガラス工房での作業着のエレガンス&エロス! 読み応えたっぷりです。
   男性もイケメン、イケオジ、イケショタもりもりでどこを見てもおいしい! 宮殿や貴族のお館や町の商店の描写も手を抜いてなくてもう! ありがとうございます!
   神術を使ったことで異端審問に引っかかるアクションシーンも圧巻。そして疑いをかけた異端審問官を赦し、さらに、自分で落馬して骨折した異端審問官を緊急手術で救うシーンにはスッキリ! 生前の資格としてはT大出の准教授でも「薬学者」なので、医療行為はしてはいけないという医師法の縛りに馬鹿正直に従い葛藤する、全能感に暴走しないあたりがもう誠実でただ慕わしいっ!
   というわけで「異世界薬局」原作:高山理図、作画:高野聖 は原作と作画の誠実さが相乗効果で魅力倍増! でございます。

|

« 忘却バッテリー ― 悪魔のコロッセオ ― | トップページ | いやー今年は大変だわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘却バッテリー ― 悪魔のコロッセオ ― | トップページ | いやー今年は大変だわ »