« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »

2018年3月10日 (土)

プリンセス日記 まさかの推し変篇

   この秋以降仕事仲間のカトリーヌちゃんの影響で「うたのプリンスさまっ♪」のソシャゲにはまっておるおかあさんです。

   このゲームを始めるにあたって「推し」という応援するアイドルを7人プラス4人の中から選ばねばならないのですが、おかあさんこの大本の据え置き型や手でもってするハードの方のゲームも、TVでやってたというアニメのストーリーも知らないので、誰を選んだらよいのか解らなかったのでした。

   「Hさんはやめてくださいね私の推しですから」
   カトリーヌちゃんは結構ハッキリ言う子です。
   「早乙女さんはどういうタイプが好きなんですか」

   「眼鏡を掛けているシャイなリコウ系なタイプ」
   そういうひとはアイドルになりませんから。「うたプリ」はアイドル(の卵)と恋をするゲームですよ。今回の「シャイニング・ライブ」にはヒロイン出てきませんけど。

   「イメージカラーの子はどうですか?」
   おかあさん好きな色は赤だけど、いわゆる戦隊もののレッドな正義で元気なタイプって苦手なのよね。戦隊ものだとブルー……
   「ブルーはHさんだったよな?」
   「ダメです。ブルーはやめてください」う~ん。
   「青紫の子はどういう子なんだ?」
   アイドルグループ「スターリッシュ」は基本虹の7色のイメージカラーの子が揃っています。例外はあるけど。
   「かれは優等生タイプです」
   「う~ん」でもなんかキツそう。

   「眼鏡を掛けているのはイエローの子ですが」
   「だめ。こういうなよっとした眼鏡は苦手」
   おかあさんコミックは最近オネエキャラものばっかり読んでるのになんですか。え~と、「水玉ハニーボーイ」とか。

   「元気が良いのはピンクの子です。オトコギ全開! が合い言葉で」
   「う~ん、可愛いけど、男のピンクはちょっと」

   「ロックだぜ! が合い言葉のアツいキャラは赤紫のひとです」
   「不良っぽいのは苦手」髪の毛をブリーチして立たせていて、カラーコンタクトで片目違う色にしています。ヴィジュアル系なのかな? ロックが不良っておかあさんの感覚がもう昭和。ゲームを進めていくと解ってくるけど実はちゃんとしたひとらしいですが。

   「ヨーロッパ系がいるぞ」
   「この人は外国の人なんです。伯爵様で、ある任務のため日本に来てアイドルをしていて、執事キャラなんです」
   「なんで伯爵様が日本に来てわざわざ執事をやるんだ」
   「実はかなり性格が怖い人で、素のときは『この愚民がッ』とか言っちゃうんです」
   「そういう表裏のあるタイプはちょっと……しかし顔は好みだ」

   「綺麗な子がいる。この子は?」
   「この子も結構口は悪いですよ。悪いって言うか、ずばっと言っちゃう」
   「そうか……性格は優しい方がいいのだが」

   「やさしいって言うか、面白いのはこのグリーンの人」
   「いや色としてグリーンは好きじゃない。それにこの人ギャグが寒くって、ダウンロードの間中それ聞いててすっごく不愉快だったからいい!」

   「外国人って言うとこの人は某国の王子様ですけど」
   「タトゥーを入れているな。そういう系は苦手」
   おかあさん人を見た目で判断しちゃダメでしょう。

   「このひとは財閥のお坊ちゃまという設定で」
   「チャライのはイヤ」

   ……残らなかったじゃないですか。結局暫定的に伯爵様メイン、時々綺麗でクールな子:藍ちゃんで進めていました。

   「ねえ、伯爵様のしゃべりほんと上からなんだけど、このひと仲良くなってもずっとこんなしゃべりなの?」
   プレイヤーのレヴェルが上がるとメインに設定しているキャラクターとの親密度が上がって、どんどん優しい言葉を掛けてくれるというシステムらしいんですが……。
   「それがファンにはご褒美なんですよ。『愚民ッ』って言われると喜ぶんです」
   「おかあさんうれしくない」

   心が折れそうになると美人の藍ちゃんに替わって貰いますが、藍ちゃんもなかなか心を開いてくれません。声がキレイで歌は巧いんだけど……。この子ホントに女性じゃないのかとなんども確認しました。
   「なんだかこのゲーム思ったよりキャーっとなれない……」
   とりあえず、その伯爵様藍ちゃんが道ならぬ関係に陥る妄想だけはしてみましたが、乙女達が純粋に楽しんでいるものを邪な見方で汚しているようであまり盛り上がらず、どちらかというとその後「吸血鬼すぐ死ぬ」の方で邪な楽しみ方を覚えたので、そっちの楽しみ方は封印して、いわゆるアイドルソングをいろいろ聴いて、リズムに合わせてシャンシャンと画面を叩いてこの曲は熱いぜと虎美に音源をクレクレしたり、年甲斐もなくCD買いに行ったりしてました。

   「こないだブロマイドでこのピンクの子のウルトラレア引いたからこの子を推しにしてみたら、すっごくよくしゃべるね! 手を振ったり、ガッツポーズしたり、忙しいっていうか、ちゃんと動くんだこのシステム!」
   「……そういえば、そうかも知れません。
   ちなみにこの前Hさんをくすぐったら『こ~らっ』って言われちゃいました」
   「なんと! わたしも伯爵をくすぐってみる!」
   おかあさんその夜は画面を撫でるやら突くやら。
   「くすぐったいですよお嬢様とかいって頬を染めたぞ! すげえ!」
   しばらくそこで燃料(?)をもらい、伯爵様をからかって遊んでみたりしていたのですが。

   「早乙女さーん! 王子様のお誕生日のコメント聞きました?」
   「なんだそれは?」
   「メンバーのお誕生日にはキャラクターそれぞれがお誕生日おめでとうコメントを言うんですよ。王子様の出生の秘密に関わるコメントがあって胸アツでした!」
   「Hさんのお誕生日は年末だな、頑張れよ」
   「わたしもうケーキと青い薔薇の花束予約してあります! 自宅に祭壇を設けてHさんのお誕生日をお祝いするんです!」
   「……頑張れ」
   おかあさんも12月30日にはHさんのお誕生日コメントを全員分聞きましたが、年明けには、
   「今月末は伯爵様の誕生日ですね! 頑張ってください!」
   「わたしはなにもしないよ」
   「お誕生日にはそのキャラの撮影会名目でブロマイドがもらえるガチャがあるんです!」
   「解った、宝石を貯めておく!」と季節は巡り。

   そして途中参加のリーナさんと情報交換をしていると。
   「早乙女さんはご存知? R様バロンと仲良しなんですのよ」
   「バ、バロンって」
   「あら失礼、わたしR様をお慕いする余り、メンバーのことをR様の呼ぶ呼び方で呼ぶ癖が付いてしまって」
   伯爵はバロンじゃなくてアールだろうけど、そこを「だってバロンって雰囲気だからいいでしょ」と流してしまうところがRのお坊ちゃまらしいところなんですが。上げるならともかくじっさいの爵位より下で呼んでお貴族的なマナーとして大丈夫なのかと思いますけど。
   「あ、ああそうなの?」
   「オフの日にバロンが甘いモノを食べにお出かけになるときはR様が車に乗せていってあげるんだそうですの」
   「あ、そういえばそんなカンジの二次創作を見かけたような……でも、それってファンのこうだったらいいのに、ってお話だと思ってました」
   「いいえ、アニメでもゲームの中でもそうなのよ、ほほ」
   「……すいません、わたしいけない想像が盛り上がってしまいそう」
   「まあ、早乙女さんはそうなのね」
   「ごめんなさい、純粋に楽しんでいらしゃる方に失礼でした!」
   「いいのよ、わたしはそういう方もいらっしゃるのねーと思うだけですから」
   「ごめんなさい!」
   「でも、時々R様は『シャイニング・ライブ』でも呟いていらっしゃるのよ、『バロンはお砂糖とりすぎだよ、体が心配』って」
   「いよいよあぶない想像が捗りますぅ~」

   てなことを言いながら、自分でもRはなんて言っているか注意しながら進めていくと、確かに、孤高を保つ伯爵様に対して、Rの方は親しげなことを漏らしているんですよね。今度一緒に出かけようとか。

  

伯爵様の誕生日に、やはり特別親しげなこと、「例の店にまた行こう」的な、言ってましたが、今度は2月にあったR様の誕生日、伯爵はなんというかというと(もうそっちの目で見てるよ!)
   「R、貴様の運転の腕だけは評価している」云々って……
   これツンデレちゃうよね? ツンでツン、甘えたり頼ったりとか、欠片も見せてないよね!? いや、2人きりになったら、ファンの作品みたいに、お前と一緒だから旨いのだみたいなこと言うんだよね(言いません)!?

   「おれはカミュ担をやめるぞカトリーヌ!!!」

   「リーナさん! わたしもうRが可哀相で可哀相で! あれだけ尽くしているのになんですかあの冷血伯爵は!?」

   お誕生日の翌日わたくしは朝イチで叫んでおりました。
   いや、公式ですらない妄想で勝手に推しを見限るなよ。

   おかあさん男を顔で選んでいつも失敗するんだよなあ。

   現在の推しは暫定ですがピンクのオトコギ翔ちゃんになりました。

   いや、そういえば「幽☆遊白書」も蔵馬目当てで見はじめて桑原君が大好きになったし、「ジョジョ」の3部も花京院目当てだったけど3回ほど読み返したらポルナレフ好きに変わってたし。「ハイキュー」は龍ちゃんだし(最新刊は熱かった!)。「おお振り」も最初は阿部くんが目当てだったけど今は花井だ。

   ……やさしくてアツい人がほんとは好きだったんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »