« そんなヒロシにだまされないっ | トップページ | エスパドリーユは洗っちゃダメ!? »

2018年4月 5日 (木)

おいしいランドマーク

   あんまり受けなかったエイプリルフールについてはサクっと忘れることにして。

   この冬のこのあたりの話題と言えば、あまりの豪雪に小田急バスのノイエ・リリエンベルク発ヴァイトフェルト方面線がなんと迂回
   「甘木高校の前の坂が登れないので迂回します。ナーギとの市境、ウンターラーオまでふつうに行ったところで左に折れて、緩やかな坂を通って2丁目まで上がって、そこからは最後、終点のヴァイトフェルトには行きます」って運転手さんが。
   じゃー終点の我が家には行くのねと乗り込んで。どこで曲がるのかと思ったら、角曲がってすぐの角でまた左へ折れて、いつも山から下りて徒歩で駅へ出てくるときの道を通るようでした。

   「虎ちゃんが教えてくれた道だったよ」

   さもありなん。引っ越してからしばらく虎美がウロウロして、一番アップダウンなくストレスフリーで駅まで出られる道を開拓して教えてくれたんでした。お兄ちゃんは多少アップダウンはあってもまっすぐ駅まで行ける道を行っている模様。時々駅で待ち合わせて一緒に帰ってくる(駅前で買ったものを自転車に乗せてくれる)時に使うルートはまた別だから。
   いやこの丘陵地帯、いつものバスルートは下ったと思ったらもいっぺん上ってバスは尾根道を行くからすっごく体力より精神がやられるので。歩きの時にはもっと位置エネルギー的にロスのないルートを通りたいでしょう。人情として。

   そして、普段なら、できるだけ人通りの多いところを通りたいのが商売なので、バスは多少起伏があっても尾根道を通っていくのですが、このとんでもない雪の時には無理! 解るわ! 

   ということで、1月のあの豪雪から暫くはうちへ帰る道は(朝の出勤時も!)バスも迂回していたのでした。

   「ゴルドベルクは通りますか?」
   「済みません、通りません。ウンターラーオから入ったすぐ、ハムやさんの角で折れてもう一本向こうを通るんです」

   暫くはターミナルで発車前にそういう会話を聞きました。
   このルート、通常は途中で坂の途中、ゴルドベルクの所から左へ折れて更に一山上がって、ゴルドベルク中と甘高のある最高点あたりまで上ったところで下りに転じ、一山下りたところで虎ちゃんのルートに合流して、そこから2丁目、1丁目とゆるゆるまた上って終点ヴァイトフェルトなのよね。
   ゴルドベルクで折れないでまっすぐ上ると、今度は虎ちゃんの行ってた「神奈川の小学校で海抜最高」(教頭先生談)のイーヴィヒベルク小学校前に出ます。そこからはもう上らないで、前のおうちのあったイーヴィヒベルクで一番賑やかなあたりを通って、また山を下り、ヴェスティクターア小学校の前を通ってしばらく行ってまた山を登ってジャイアンツランドを目指すジャイアンツランド線になるんですが……これは雪が残ってる間どうしてたんだろ。完全欠航とは聞かなかったから、根性で上ってたんでしょうか。すごいな小田急バス。でも、ジャイアンツランド付近の住宅街の方もゴルドベルク辺りの方もこのバスなかったら駅まで出られないから止まったら暴動ものだと思う……。

   さて、しばらくして迂回が終わったときにはもうホッとして夕食の話題に出したんですが。
   「あの角は確かにハムやさんがあるが、意外とハムやさんの角で通じるみたいだ。いつ聞いてもハムの角で説明していた」
   「まさか」
   ウンターノルドの角にちょうどドイツで修行してきたとおぼしきメルヒェンな建物の手作りハムの店があって。いっぺん買いに行ってみたいけど、お高かったらどうしようと思ってまだ行けてない憧れの店。やっぱ一枚うん百円とかなのかしらとか、ヒモ巻いた塊でしか売ってないのかしらとかいろいろ考えて。でも、PTAとかで聞いてもあそこをひいきしてるとかいう方いらっしゃらなくて、もしかして強気の値段すぎて流行ってないんだったらどうしようとか勝手に気を揉んでいたら、お向かいに別館が出来て、うっそ商売繁盛してるんだ、すごいなって(失敬!)思っていたんですけど、ブレーメンの音楽隊みたいな豚の置物置いてなかったかしら。

   

地味にランドマークだったらしい。まあ、ほんとメルヒェンな建物だし(別館の方も)! ノイエ・リリエンベルクでケーキの有名店というと必ず出てくるあそこと(行ったことないけど)タメを張れる目立つ建物なんじゃないでしょうか。

   「母ったらまた話を盛って、と思って甘高の友達に聞いてみたらやっぱりあの角はハムの角で通じた」と娘言ってました。

   甘高生も知っている。あの角はハムの角

   では今年の目標はあのハムやさんで高級手作りハムを買う事にしましょう!

   そんでもって、仙台における、早乙女家一同がお店の名前で表現できる角は……一番町の佐々重の角! ってのは古き良き仙台観光のランドマークだけども(今もありますよね!?)。

   「J寺に昇る前の角、柿の葉寿司の角!」

   猫科の人たちが通っていた幼稚園の門前にお寿司の店があったんですよ。観光客相手なのかな、でも、幼稚園で行事の時も出てた気がする……J寺じたい観光名所ですけど。いやうちの人間が食べ物の店しか覚えてないって事じゃない……ですよたぶん。

|

« そんなヒロシにだまされないっ | トップページ | エスパドリーユは洗っちゃダメ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/66578794

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいランドマーク:

« そんなヒロシにだまされないっ | トップページ | エスパドリーユは洗っちゃダメ!? »