« 2<3? な話 | トップページ | 「元カレが腐男子になっておりまして。」 同人界のスパダリ »

2018年1月25日 (木)

○○の窓はファンタジー?

   なんかもう一ヶ月経っちゃった。

   昨年の年末、お歳暮出そうかって頃に朝リヴィングのドアしめたら、勢い余ってごろんって! なにッ? って、築20年のお手頃貸屋の我が家でドアノブ取れちゃって。ネジが緩んでたみたい。その時はドアノブじたいは拾ったんだけど、それを止めてた木ネジがころころと転がっていって、なくなっちゃった。
   「つけてくださいよ、旦那様工学部卒でいろんな工具セット持ってたでしょ」
   「それ以前にネジがどこかへ去った。こんな散らかった家ではもう見つからない。
   不動産やを呼んで直して貰うにもこんな散らかった家恥ずかしくて上げられない」
   あーそーですか。ちょっとその辺のものどかして見たんだけど、ほんとに見つからない。やだわあ。

   しばらくないはないなりに心棒をぐるっと摘んで回して対応してたんだけど、やっぱりてこの原理(いや細かくは輪軸)で、回転半径が小さいと力が倍必要なのよね。そのうち反対側も緩んできて、じゃードアノブ自体外しちゃえって、それなのに壁側のラッチ部分は活きているからがっちり壁に爪が食い込んで開かなくなって、冷や汗かいたり。

   「あーもう! ドアノブごと買えばいいじゃない」

   電車に乗って一駅のホームセンターまでドアノブ買いに行ったわよ。
   でも、ドアノブも良いお値段して、クリスマスケーキと同じぐらい。えーっ、新築の自分ちで趣味ガンガン出すならロココなカンジのカッコイイドアノブ買うけどいつまでいるか分かんない賃貸にクリスマスケーキの予算突っ込んでまでドアノブ新しくしてもなあ。ノブ本体は多少さびが浮いてる程度で使えるし。

   ……ネジだけ買って帰りました。

   そしておかあさんの野望。

   「ドアノブを修理しがてら密室ごっこしよう」

   とある古典ミステリの傑作で、あるんだ、糸とねじ回しで作る系密室トリックの。ネタバレしますからごめん遊ばせ。
   主人公が客として訪れた家で主人と相対していると、酒を振る舞われた。ところが酒には眠り薬が入っていてうっかりそのまま眠ってしまったら、目が覚めたとき部屋は密室、主人は矢で射殺されていた。矢には自分の指紋、見に覚えないのに殺人犯一直線、助けて!! ……と言った状況のお話しがあったのよ。
   「犯人は○○の窓から射たのです」というタイトル落ち。この窓はどの扉にも付いている……云々やっぱ台詞がカッコイイね。翻訳ミステリはね。いやわたしこれミステリのトリックを紹介する本で読んだんで、ホントの所は知らないんだけど。
   トリック概説。
   外からそっとネジを外してドアノブを取り去ると、ドアにはその心棒を通す穴が開いている。そこから狙えばいいじゃん、というトリックで、図解を見たときにはよく考えたなあ、と思ったものでしたが、有名なトリックだから突っ込みも激しく、「殺されるほどの恨みを背負った人間が、そんな細かい工作を殺意を抱えながら延々やられて、気がつかないものか!」という解説本の突っ込みには肯かされたりもしましたが。

   学生寮で荷物の閉じこめにあって横溝の「悪魔が来たりて笛を吹く」のトリックを実証し、救急車で夜間外来に運ばれれば車椅子で超信地旋回を実験するお母さん、ドアノブが外れたらそりゃー実験するよ!

   ドライヴァーと木ネジとドアノブを手にわくわくとドアの構造を見たら!

   平成の安普請のリヴィングのドアは、クロスボウの矢が通るほどの穴など開いてませんでした。20×15ミリぐらいで。嗚呼、古典ミステリは所詮ファンタジー。ぶっとい心棒の通ってる大英帝国仕様のお宅でお試し下さい。……まあ、護身用の銃の弾丸ぐらいは通るかもね。殺傷能力あるかどうかわからんけどね。

   そしてまーしょーがねーかとドアノブを修理しようとたら。

   ほんの一週間の間に壊れたほうのドアノブどっかにいっちゃってました
   「おっかしーなーこのへんにおいた筈なんだけど」
   おかあさんは安普請をどうこういうより密林と化したゴミ屋敷を何とかしましょう。

   そして早乙女家のリヴィングは……まだドアノブが壊れたままです。
   ドアノブごと買うべきだった。どうせ住んでない虎美の部屋のドアから共食い修理をすべきか。

   そしてこれを書くために念のためにとネタバレレヴュウサイトをいろいろ見たら。
   「○○の窓」は密室トリックというより、そこまで追い詰められた主人公の裁判を怒濤の論破でひっくり返す法廷ものとしての魅力が売りだそうです。う~ん目から鱗賞。

|

« 2<3? な話 | トップページ | 「元カレが腐男子になっておりまして。」 同人界のスパダリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/66321533

この記事へのトラックバック一覧です: ○○の窓はファンタジー?:

« 2<3? な話 | トップページ | 「元カレが腐男子になっておりまして。」 同人界のスパダリ »