« 2017年10月22日 - 2017年10月28日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

2017年11月 4日 (土)

オジサンよ余技を磨け

   波多利郎さんから貸していただいていた「あかぼし俳句帖」がめでたく大団円を迎えたことをやっぱり書いとかないと。

   ほぼ窓際族だった某自動車会社のバツイチおじさん、明星さんが小料理屋で出くわした美女に釣られて俳句にはまっていくお話でしたが、俳句の会の楽しい仲間に加え、中盤から敵役が登場して、読む方も冷や冷やギリギリになってきていたんですが。
   この敵役が、勤め先も自動車会社(こっちが大手らしい)、部署も広報と同じ、しかし才能はこっちがあるみたいで、初っ端から取上げられたりして華々しい結社デビュウを飾っています。それまた、謙遜するでなし、ガツガツ、ツンツンしていてもうほんと後ろから殴ってやりたい! 絵に描いたような敵役で! ガンバレ明星さん、そういう、句会で点を貰う、雑誌に取上げられるという方面じゃない俳句の楽しみ方をいろいろ味わって、豊かな趣味人生を見せてくださいよ、でも句会であいつをギャフンと言わせてもほしい……と手に汗握って(表現が昭和だなあ)ページを繰っていたら。

   敵失(相手のエラー)で願いが叶った……?

   微妙です、合同句会において、たしかに敵、要氏は自信満々、
   「私の自信作に点が入っておらんのです」って手を垂直に上げていうんですよ。

   WAO! SO BRAVE HEARTED!

   心臓マリモだわ。わたしにもできませんこんなこと。
   その自信作がこれ↓

   新緑の脚線美乗せカブリオレ
                            要

   いやーわたしもこれカッコイイって思ったよ?

  カブリオレってアレだよホレ、カッコイイオープンカー。

   その昔、ホンダのシティが出たとき、オープンカー(お屋根を開けて走れる軽快なスポーツカー)もあったんだけど、それを「カブリオレ」って言ってて、その時に覚えたの。金沢は雨の多い土地柄、それでなくても冬はどうすんだって、車道楽の父もとうとうオープンカー系は買わなかったなあ。そういう、オシャレな土地柄、ユーザーでないと購入しないという憧れがあります。
   そんでもって脚線美だよ。すっごいモデル級の美女。美女って言っても和服着たはんなり系じゃなくて、ミニスカとか、今ならレギンスとかのぴっちり系ボトムスできれいな脚を惜しげもなく見せる活動的な美女だ。季節は初ッ夏ー! うきうきする、輝く季節、くぅーッ若いっていいなあ!

   でも、お年を召した文化系の皆さんはしら~っ。
   「私、実はこれ意味がわからなかったのよ~~」と武蔵野支部の支部長熟女はば~んと擬態語付きでおっしゃる。一同同意。若いあなたなら解るでしょと、明星さんの憧れのマドンナ、スイさんに振っても、

   「ごめんなさい
    カブリオレって
    なんですか?

   これが俳句の落とし穴だったのだよ。ここで要氏自爆(見苦しく感情を爆発させる様子)。
   自動車会社に勤める明星さんとライヴァル要さんにとっては名前も概念もそれにまつわるイメィジさえも共有できて、この句にはこれしかない! と思って詠んでも、他の人には全く解らない言葉だったのでした。

   うまいよね。いや作劇上の話。
   すっごいザマミロ&こりゃしょうがないや案件なんだけど、「この句はこれしかない、この言葉があるからカッコイイ」というその作者の感覚を主人公だけは理解できるってのが。ここで主人公、明星さんは敵の心に寄り添い、そして俳句の言葉選びの難しさにうちひしがれるのでした。いや、敵はぜんぜんありがたがってないけどね。ほんとイヤなヤツ。

   でも、それなりに「敵」がどんな想いで俳句に打ち込んでいるかも描かれ、ほんとイマドキの痛々しいオジサンである様子が描かれ(自分がインターネット上でどのように噂されているかを自分で調べる、どころじゃなく、ウィキペディアで自分の記事を自分が編集して公開するなんて、よっぽど自己愛強くないとできませんって!)、そこにふっと寄り添って「武士の情け」的行いをしたところから、要氏の心もほぐれ、2人は敵から「ライヴァル」になることができたのでした。

   心配されたヒロインはちゃんと彼氏との仲を深めることができ、途中から現れたお騒がせセカンド・ヒロインは行き詰まりを超えて自由律に新境地を見いだし。
   明星さんは青い鳥がすぐそばに最初からいたことに気付いて、めでたしめでたし…かな?

   そんでもって、自分ではこの言葉しかない、この言葉にこそこの句/歌の主体がある、でも他の人には解ってもらえないと言う地団駄ものの感覚はわたしもわかるので。

   眼を閉じて耳を圧する伴奏に
     我が声乗せて今 ergo sum  舞音

   Cogito ergo sum.って、哲学のアレですよ。「我想う、故に我在り」。合唱にはまっていた頃で。想うとかそういう思索じゃなくて、歌う。たぶんこれオーケストラ伴奏の曲をやっていて、あれほんとうに、音も空気の振動ですから近くで鳴ると圧力を感じます。そういう、ばばーんとおおきな伴奏に負けずに自分も声を出すと、自分というものが確かに世界に存在していることを感じる、何をやっているより生きている実感がある……そんな境地だけど、またそのころ宗教曲とかやっていてラテン語がすごく身近だったので、「我想う故に我有り」をラテン語で言ったりしちゃう痛々しい年頃だったというのも込みで。

   これを意味だけ通じるように「我存在せり」って下の句変えちゃうと少しニュアンスが違うのよというお話。べつに歌会に出す訳じゃない、自分で手帳に書き付けてにやにやするだけだからこのまま来ちゃったけど、やっぱりこのお話の通り、周囲はポカーン! なんだろうなとほんと身に沁みました。ここんとこがこの作品リアルなのよ、ほんと! きついわ。これ以上続いたらもう辛くって読んでられなかったと思う。いい頃合いでした。

   まあ、そこんところは日本の(サブカル)のお家芸、本気とかいて「マジ」とルビを振るがごとき対応もできますけどね、でも、句会も、歌会ならなおさら、朗詠するという側面もあるので、正式な所では有り得ない技巧というか逃げでしょうねえ。そんでもってサブカル命のおかあさんはそういうの大好きなんだよなあ。これは禁じ手として脱却していかないといけないんだろうなあ。

  まあそういうことで、「Shall we ダンス?」で役所広司(役名忘れた)が社交ダンスに目覚めて人生が変わったように、オジサンも仕事ばっかしてないでお稽古ごとをしてみればいいんだわ。きっと人生豊かになりますよ。明星さんみたいにお仕事の方もうまく回るようになったってのはできすぎにしても。あ、レディの皆さんもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

宴の後で

   

ハロウィーンお疲れ様でした。

   今年は31日当日が平日だったところへ持ってきて直前まで選挙でおとなが忙しく、直前の週末も台風直撃で盛り上がりはイマイチだったらしいですが。世間様にハロウィーンというものが定着してきているので、へえここも、あらここも、とお子様向けやお菓子業界だけの行事でなくなってきてますね。

   ってことで弊社もハロウィーンやったんですよこれが。

   東のネズミの国に対して西の猫の園(近場にしまじろうくんの東京の本宅もある!)を有する土地柄か、そういうお子様向けの楽しい催しは年に何度もあるご町内でして。ご町内のハロウィーンのスタンプラリーには毎年参加してたんですが、今年はなんと、

   「当日に限りコスチュームでの勤務を許可!」

   ……お客様の前に出る職場じゃないですからね。
   節度を持って露出を控えた服装ならよしとのことでしたが、そんなん前日に言われても。真に受けてひとりだけ本気の仮装で行って笑いものにされたくないし。

   ごくふつうのださい恰好で行きましたよ。

   自分の端末の電源入れて、立ち上がるまでの時間に「うたプリ」を愛するプリンセス・カトリーヌに挨拶しに行ったら、

   

赤い?

   カトリーヌちゃんは「うたプリ」でもブルー担当の日本男児を愛しているので、小物からトップスまでブルーしか身につけないのに、座席表で確認したカトリーヌの席には赤頭巾ちゃんがいるじゃないですか。

   「……気合いはいっとるな。その格好で京王線乗ってきたのか」
   「ここ着いてから着替えたんですよ」
   オオカミさんのふかふかの……手甲っていうんですかね、手袋まで行かない指なしの手覆いも着けて、ミニスカのお尻にはオオカミさんのシッポも付いてました。
   「なんかオオカミに喰われたあと頭巾って感じですけどね」
   カトリーヌはっちゃけてるな。

   「おおおおーいいのがいた。写真撮っちゃおうか」
   マネジャー(女性)がやって来て、入り口に引っ張っていって、小さく小分けにして袋詰めした弊社のトリート(「登録会毎月開催中! とチェリースタッフサービス(仮名)のCM入り)を手に持たせてデジカメを構える構える。
   「もっと笑って!」
   「……まあ若くて可愛いからいいか」

   そうこうしているうちにぞくぞく出社されたリーダーさん(中間管理職)のたぶんアラサーとみていたおねえさんが引っぱがされてアリスちゃんや赤頭巾ちゃんの服を着せられていき……。

   「かわいー」
   「脚ほっそいな」
   「大丈夫だいじょうぶまだイケる!」

   大お姉さん達は管理職も平オペレーターも取り巻いて構う構う。
   「いくつー?」
   「まりりん(仮名)35才!」
   「イケてるイケてる!」

   ……ウッソ、28ぐらいだと思ってたよ、大お姉様たちもだがほんとこのチーム若々しい……。

   管理者さん達は大お姉様も魔女の帽子を被って朝礼が始まり、何事もなく業務が始まりました……。途中、赤頭巾ちゃんが売れ残りのトリート配ってくれたりして。ついでにエスカレーション(管理者への質問)受けてくれたりして。

   途中トイレに立つと、血まみれのナース服着たおねえさんがいたり、「ニシンのパイを届けたのにこれ好きじゃないと言われてへこむ場面のキキ」と設定の凝った仮装の魔女がいたりあれは数年前のディズニーアニメの……なんだっけ、の着ぐるみがいたりでビックリ! ドキドキの半日でした。

   そう、朝は良かったけど、さすがにお昼はその格好で表にご飯買いに行ったり食べに行ったりできないので脱いじゃったみたいです。午後はみんな普通の服になってました。
   おうちからお握りも持ってきてるカトリーヌも、
   「裏の(アニ)メイト行ってきたんで」と、本日発売の「うたプリ」のCDゲットに行ったので脱いだそうです。ああ、そういえば言ってたな、うちの会社の裏手の商業施設にアニメイト入ってるって……。

   「見てくださ~い特典のセシルの缶バッヂゲットしました!」
   「……よかったな」

   後で聞いたらあの赤頭巾ちゃんコスは私物じゃなくて会社貸与だそうで、朝、顔出したら問答無用で着せられたそうで。……それって新手のセクハラじゃないのか? おねえさん達もオトナだから割り切って着てたけど、なんでこんなこと、と思ってるひといたんだろうな。「ここんとこだけハロウィーン」とカボチャのバッヂつけてるおねえさん管理者(いつもボーイッシュ)もいたし。でもパーカの下のTシャツはスカル&ボーンズ♪ 彼女なりにノってくれたんだと思う。
  そこは日頃の振る舞いから、荒立てない人を選んでたんだろうけど(上司も大変)。少数いる男性オペレーターにもドラキュラコスを強要すべきだろう。いやフランケン?

   他業種ではこの先ミニスカサンタをさせられてキレるバイトの女子大生とかいそうだなーと思って書いとく。まあ若いうちしかできないから、イヤだけどやらされましたーで一度くらい経験しといてもいいんじゃないかな。周りもセクハラにならない程度にね。

   …………去年のチームの管理者の、わりとラフな社風なのにいつもちゃんとしたジャケット&パンツで来てたお兄さんにドラキュラコスして貰いたいと今一瞬思った。旦那には内緒ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰かさんが

   一夜明ければカボチャは跡形もなく。

   弊社エントランスは受付テーブルの上にちいさなツリー。
   ノイエ・リリエンベルクの駅前ケンタのサンダース大佐は既にサンタのコスチューム。

   オサレ商業施設にはちいさなツリー登場で、前で満面の笑みで記念写真を撮るお嬢ちゃん。
   その店先には恒例の年賀状特設売り場のテント。
   ペデストリアンデッキの真ん中にはイルミネーション(さすがに未点灯)。

   ちいさいクリスマス見つけた。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

春暁オフ 秋の部開催しました

   早乙女おとうさんの退院も決まり自粛もそろそろ解除して遊びたいと、とむ影さんの上京に合わせて開催です。

   「ハガレン展最終日ですが」
   「行きたい」即答。

   毎度波多利郎さんにおんぶに抱っこ。最近「うたプリ」にはまったおかあさんのために秋葉原のカラオケ屋も予約してもらって開催日を待つことになりましたが。

   ……わたしって雨女だったよね。楽しみに待てば待つほど天気は大荒れタイプの。

   全国の本日台風被害に遭われた方済みません。

   水道橋は東京ドームシティで開催された鋼の錬金術師イヴェントは会場前から観覧希望者が長蛇の列の賑わいでした。とんでもねえ吹き降りの中待っておられた方スイマセン。わたしも同様に被害にあったから許して。

   とてもよく考えられていてファンの気持ちを大切にした展示でした。楽しかった!
   撮影禁止、手触れ禁止などの禁止の掲示が漫画のキャラクターを使ってシンプルにユーモラスにアイコン化されていて、にやり、とさせられました。

   それにしても、作者の荒川氏はまさか一巻刊行時ほんの冗談で描いた自画像がそのまま作品完結時どころかそのあとも延々使い回されて「こういうこと」になってしまうなんておもいもよらなかったでしょうねえ。→黄金の「牛さん」像が作者像として「作者と一緒に撮影できます!」コーナーになってました!

   作中の登場人物が営んでいた「ハボック雑貨店」という設定でのグッズ売り場も充実していて最高。最後時間が押していてさっと見て通っただけですけどね。

   さて、そこから秋葉原に移動してカラオケ。

   この前のリア充熟女に煽られた件で、今度カラオケに行くとしたら絶対歌ってやるリスト「俺様をアゲろ! (ティラ・ミ・スー)」を密かに作成していたおかあさん、迷わずにタブレットを強奪して入れる入れる熱い曲……。

   「真っ赤な誓い」武装錬金
   「バリバリ最強ナンバーワン」地獄先生ぬ~べ~
   「TOUGH BOY」世紀末救世主伝説北斗の拳2
   「哀戦士」機動戦士ガンダム……。

   そして、満を持して番組名「うたプリ」で検索したのに……今回のゲーム「シャイニング ライブ」のテーマCDは発売が11月なので、カラオケ配信はまだだったのでした。
   アキバの空に響くおかあさんの悲鳴!
   「うにゃああああん!」

   辛うじて「マジラブ1000%」があったので入れましたよ。

   そして幼い頃のファミリーアニメのオープニング・テーマなんか入れて心を一つに熱唱したり、アニメ・メドレーを入れて拳を突き上げながら終盤のロボット名をシャウトしたり当時いかにそのアニメにはまったかを熱弁したり。

   「このCMアニメだったからいいよね?」と松田聖子の「スィート・メモリーズ」を入れたとむ影さんに脱帽、今だから言えるけど松田聖子はあれで本当に歌がうまかったと意見が一致したり(硬派としてはあの「ぶりっこ」は当時バッシング対象)。

   その後ヨドバシで雨宿りしつつかるく食べて、漫画・アニメ・ゲーム関係の情報交換をアツく語り、これから先親を送るときの注意事項をレクチュアされ、新幹線が心配だからと、とむ影さんが予定を早めてご帰宅されるのを送って、東京から新宿まで出て、小田急に一緒に乗って波多利郎さんとノイエ・リリエンベルクへ。駅ビルの中の喫茶店でお茶しつつまた暫く漫画の情報交換して、解散となりました。

   ふりたるは雨にこそあれ 集まりて
     をとめの頃の物語せむ      舞音

   降ってるのは雨ですから!(あたしたちが古びたんじゃないですから!)
     また集まって昔の萌えがたりしましょう! ってところかな。

   しかし、「パタリロ」がミュージカル化ってことで驚いてたら、事態はもっと進んでたんですね(「はみだしっこ」がミュージカル、「ポーの一族」がタカラヅカとか「バナナ・フィッシュ」がアニメ化とか)。わたし達も財布を当てにされる世代になってきたのかあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月22日 - 2017年10月28日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »