« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017年5月20日 (土)

寅さんも相続問題を救う!?

   壊れる親族男性を目の辺りにして(しとらん)、いよいよ相続のお勉強に熱意の入るおかあさんです。しかし、「相続を学ぼう」の講座は必要なことを学び終えて? 脱落者が相次ぎ、随分知った顔が減りました。でも講師のおにいさんはクールに素知らぬふりを続けていて尊敬せずにおられません。

   「それで今日は上級編にいきましょうか。
   この前、相続には順位があると言いましたが、現実にはその順位どおりに行っていただけない場合もあります。

   お祖父様とお子様は先に亡くなられて、お祖母様とお孫さんが一緒に住んでらした時に、お祖母様が亡くなられたら、相続はどうなるでしょう、はい早乙女さん」

   「はーい、お孫さんより先にパパンかママンに兄弟があったらそっち優先でーす!」
   「イソノ家式相続早見歌」によると、♪フ~ネ、サザエ、博多のジジイ、タラオの順。この場合は祖父と祖母が入れ違ってるけど、おばあちゃんが亡くなってもすぐにはタラちゃんには行きません。カツオかワカメがいないことを確認しないと(殺せとは言っていない)。
   「でも、伯母様は結婚して家を出られていて、ほとんど行き来がなかったらどうなりますか? 毎日一緒に暮らしているお孫さんが、私こそ相続の権利があると仰ったら?」
   「え? え? 戻ってきて貰って法的に相続だけして貰ってあとで話し合いで山分け?」

   「違います。申立書というのを提出します。
   『Aの長女○○は××年に結婚して家を離れ、音信がなく、同居して日頃の世話をしてきた孫のわたくしの方が手続きを行うのが適当と思われます』云々書いて署名捺印して提出するのです」
   「へえ~」
   ナルホドなあ。これで法律を越えるんだ。

   

下克上だ。

   でも、あるよね~フィクションの世界でも、正当な跡取りは家を出て適当に暮らしてて、血のつながりは薄いけど一緒に暮らしてる子が強い絆で結ばれてる話。
   ……「王様の仕立屋」シリーズはあれ息子は放蕩だけど主人公の織部さんは弟子なだけで血のつながりなかったか。えーと、ほら、「犬夜叉」の日暮神社はかごめちゃんがタイムトリップしまくってて、年の離れた弟が跡取りで。……あのおじいちゃん死にそうにないけど。あそこんちパパっていないよねそう言えば……。ああ、今回ばかりはぴったりしたフィクションが見つからない!

   ……「フーテンの寅さんケース」と研修ノートには書いときました。

   「さくらも父親も亡くなったあと親父さんがなくなった場合、光男が申立書を書けば光男が相続できる
   『伯父寅次郎は生来のフーテンで正業に就かず若い頃から家に寄りつかず……』云々」

   あれ? 光男も伯父さんに影響されて家出したりしたんだっけ? あのシリーズ
   日本の誇る長編シリーズをよく知らないことが判明しておかあさん固まっちゃいました。

   そして現実に長男が駆け落ちして次男三男が老母の面倒をみていた某活田家の相続は……雑用を押しつけられた三男、活田ジェイムスくんが火葬場から帰ってきたとき、家は兄たちの略奪を受けて金目のものはなくなっていましたとさ。

   ほんと、仁義ないわあ。法律は正直者を守ってあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

壊れる人々

   日本全国母の日でございます。

   こないだ、実家の母のバースデーをかなり遅れてご機嫌伺いの電話をしたらば、
   「GWを外して上京するから」とゴキゲン。
   なんでも、俳諧老人の活田光矢氏がリアル徘徊老人になってしまって、もう係累も死に絶えてうちが一番近い親戚になっている関係上、一度様子を見に行くとのこと。
   「ついでにご招待して一緒に八ヶ岳のロッジに行ってこようかと」
   あー、むかし西武が持ってたホテルね。うちの両親が気に入って、何度も出かけてしまいには海外リゾートに憧れる弟の海外挙式を阻止するためにここで挙式までさせたという。
   ……弟夫婦が破局したのはうちの両親のせいじゃないだろうか。もしかして。

   徘徊老人になりかかったひとをそんなところまで引っ張りだして大丈夫だったのかとちょっと気になって昨日電話して聞いたらば。

   「おいね!(そうよ)、光矢さんお父さんと久し振りに盛り上がって心臓に負担が掛かって、なんとか神社まで行ったところで心臓苦しいって言って倒れて救急車呼んでん

   「ちょっと!」
   「そのまま山梨セントラル病院(仮名) に運ばれて、お父さんみたいに心臓の脇の動脈に瘤があるとかで緊急手術して。もうわたしら帰るわけにも行かずそのままロッジはキャンセルで病院紹介のAPAホテルに泊まってやっと帰ってきてん」
   「ぱーどん!?」
   「もうたいへんやってんわ」
   「ご飯は病院の食堂とか?」
   「なーん、売店のパン。朝だけAPAホテルのバイキング」
   それは旅行として残念かなー。
   「大丈夫なん?」
   「やっとおとといやら目が覚めて、チホーが入ってきとるから名前とか住所とか言えんかってそのまんまお泊まりやってんけど、なんとかリハビリもしてうちも思い出して、退院できるとかまだとか。でも、そんなひとに帰ってこられても困るて向こうの奥さんが」
   「うん……」
   「チホーがもう始まっとるから昼は寝とるんやけど、夜になったら薬が切れておきて暴れるらしいんよ、それでもう手足縛られて」
   「それはどうなん、暴れるなら昼にして貰いたいわ」
   「でもまあ、こちらも電車の時間があるからっていって先に帰らして貰ったわね」
   「放置かい」

   大変な状況だったらしいです。そして光矢氏はまだ山梨セントラル病院に入院中とか。まあ、八ヶ岳でよかったな。これが湯布院とかだと奥さんも大変。まだ山梨ならあづさ2号で見舞いに行ける(いけない?)。また、東京のまだ公的病院が新しくなってない辺りに担ぎ込まれるより、ぴっかぴかの大病院に入れてもらえて最新鋭の医療を受けられて、自宅で倒れるよりよっぽどよかったとか向こうの奥さん言ってらしたとか。

   山梨の方には本当にご迷惑をおかけしました。どうか病人にはやさしくしてやってください。こういうかんじで旅先の病院にお世話になってる患者さんってどのくらい居るんだろう? 転院ってできないのかしら。

   「それが男2人久し振りに盛り上がって、
   『まいこちゃんはカロライン姉様に似てきた、後ろ姿がもうそっくり!』って」
   「はーどーも!」
   カロライン伯母(仮名) というのは父の一番上の姉で、母は嫁いびられたからいい印象持ってないんですよね。瓜実顔に引目かぎ鼻の正統派日本美人らしいんだけど、もともと背が高い上に晩年は脂が載って……。

   ちくしょー! お父さんも親なら、
   「バカ言っちゃいけない、まいこは若い頃から今に至っても、前も後ろも俺たちの憧れ、大聖寺小町のカロライン姉様に生き写し!」と言ってくださいよ!! そういうところは無駄に公正なのがまた活田ブラッド……。

   まあどうひいき目に見ても京マチ子のタチアナ伯母(仮名) に似てると言われなかっただけいいか……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »