« 愛はフェニックスw | トップページ | M書房より幾星霜 »

2017年12月17日 (日)

ささいなところから広がる世界

   「ジャンルがないなら自分で築け」というのが最近のわたくしのモットーです。
   売ってる本に自分で読んで楽しいと思うものがなかったら自分だけの物語を書けばいいじゃないかと。基本無料だし。……おかあさんは本質的にケチです。

   それでどういうものを書いているかというと、何度も申しますがオスカル様的な強いんだけど乙女なところもある麗しいお姉様のロマンス。今まで自分が見て自らの中に取り込んできた綺麗な物、カッコイイものをここぞとばかりに出してきて、自らの創り上げた物語を荘厳するのにつかうのは得も言われぬ楽しみです。荘厳(しょうごん)する:2 仏像や仏堂を、天蓋・幢幡 (どうばん) ・瓔珞 (ようらく) などでおごそかに飾ること、小学館デジタル大辞泉より。あ、ほら、ヨーロッパの田舎に綺麗な石を集めるのが趣味だった人が自分のコレクションをちりばめて作った家があるとかいうじゃないですか、そういうの。
   こういうひとの住む家だったら何とか様式で家具はきっとこうとか、こういう趣味の彼女のドレスはきっとこうだわとか妄想の全てを注ぐのがもう楽しくて。黙って遊んでいられます。

   この夏は、高校野球にもう架空のお嬢様学校じゃないのその名前! っていうぐらいカッコイイ名前の高校が出場したと言うネタ(調べたら教育の聖人にちなんでいるらしい)に、ちょうど歴史系のまとめサイトでティムールだったか誰だったか、遊牧民系で1代で相当な国を建てた英雄の話が盛り上がってたもので、「シュトヘル」に出てきたカソリックの尼僧がモンゴルのハーンの側で謀略に携わってた話との連想で、ちょっと年のいった遊牧民の英雄と清らかで天然だからこそ皆に一目置かれる、「傭兵ピエール」ジャンヌみたいな尼僧ヒロインとの恋なんか書き始めて、設定と世界観調べて作り上げるだけで疲れて満足して放置っての、昨日発見してああーってなったりしました。
   「気に入った、尼僧どのに湯を使って寛いで貰え」って所まで書いて、エロシーンまで行かなかった。湯を使う:そのあと夜伽コースというわけ。せっかくだから遊牧民の奔放な愛欲シーン(風評被害)書いとけば良かった。

   とまあ、こういうお金のかからない趣味をしています。
   こういうイントロだけ書いて放置が最近増えちゃってねえ。そろそろそれぞれ幕を引いていかないと。別に誰に見せてるわけでもないけど、自分で気持ち悪いじゃないの。

|

« 愛はフェニックスw | トップページ | M書房より幾星霜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/66168244

この記事へのトラックバック一覧です: ささいなところから広がる世界:

« 愛はフェニックスw | トップページ | M書房より幾星霜 »