« こんなところから亡国 | トップページ | お前はまだカナガーを知らない »

2017年10月21日 (土)

「天竺熱風録」 ― ナイスBBA登場 ―

   いや買いに行ったのは加藤ミステリのコンビなんだけれども。
   やっぱり書店巡回しなくなったから新刊に疎くなって。

   「天竺熱風録」田中芳樹&伊藤勢のマサラ・ロマン2巻目です!

   いやもうすごい、前の巻で脱獄した王玄策と蒋師仁(ごめん「しょう」の字拾えなかった)、謎の三面の男に見つかっていきなり大立ち回り。文官とか言っちゃって王正使どのの生き残りスキルの高いこと高いこと!
   場所がインドだけに圧倒的迫力の牛ー! 猿ー! 馬ー! そしてなんか知らん猛獣ーッ! 

   そして出ましたかわいいヒロインちゃんとナイスBBA
   そのまま読んではいけません。
    
    RIGHT
    BRILLIANT
    ARISTOCRAT

    な大お姉様です(ブライトもブリリアントもほぼ同じ意味だけども)。殿下です。高貴な女性の全盛期すぎながらも内面から麗しいたたずまいが非常に良かったです。作画の伊藤氏への尊敬度がまた上がりました。同じような顔のぴっちぴちの美少女しか描けない絵師なんかお呼びじゃないですよ、ほんと。

    高貴で聡明な方は別に自ら軍を率いて戦場に赴かなくても良いのです。時制を見極め、人を見極め、必要なときに必要な指示と支援を行えば。そういうなんでも腕力で解決するやんちゃ少年漫画ノリより上をいった感覚がグッと来ます。いやそこで鼻息荒くなるところがまだ坊やちゃんなんだけどね。読んだ当時は(すでに三十路越えだったと思うけど)いたく感じ入った次第。今も胸アツでしたわ。

   「子曰く」の中華に対して「如是我聞」の天竺。
   
   教典の語り起こしスタイルから初めて彼我の違いを説明する王正使殿がカッコイイ!
   まず自分という王があって、そして世界があるという感覚。ナットクリョクがありました。
   そういうね、代表作の「銀英伝」以来、文化ってのは日本と西洋だけじゃあないという感覚を、青少年の読み物というジャンルで教えてくれた作者田中氏をわたしは尊敬しています。

   そういう、陽は中天にあり、明々と輝いていた、あの頃の名作を、こんなに読みやすく、陰影濃く描いてくれたこの作品を、もっといろんなひとに知って貰いたいです。

   ……いや今が落日だっていってんじゃないのよ、ええと、風呂敷をたたみ始めたのよね? いろいろ時の流れを感じてね。アルスラーン最終刊待ってますからね!

|

« こんなところから亡国 | トップページ | お前はまだカナガーを知らない »

コメント

 大お姉様もさることながら、ちみっこも可愛かったよ! そして絶妙な引きで登場のおステキ将軍。こちらが1巻冒頭の女性戦士と思われ。
 ラトナって向こうの言葉で「宝石」だよね、きれい。
 さあ続きがたのしみだ!

投稿: まいね | 2017年10月21日 (土) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/65943278

この記事へのトラックバック一覧です: 「天竺熱風録」 ― ナイスBBA登場 ―:

« こんなところから亡国 | トップページ | お前はまだカナガーを知らない »