« おかあさんプリンセスになる | トップページ | 「あずみさんは倒せないっ」 これはこれでアリ。 »

2017年9月19日 (火)

合成樹脂は女性を解放した話

   おかあさん今日は絶賛血まみれウィークで仕事はさぼりました。というような話なので紳士淑女はご遠慮下さい。

   連休明けで入電多い要注意日なのにゴメンナサイ。だって仕事できない状態なんだもん。

   命の母を飲み下してごろごろしてますと、嗚呼、こんなのが月に1回くるんならガチ中世な世界観で女性戦士とか女性騎士とかありえねえと痛感いたします。脱脂綿さえない時代ですぜ!? ボロ切れとかその辺の植物とかのもこもこ部分:天然繊維とか。昔ちょっと調べたけどそれほど真剣じゃなかったから大変だったのねーレヴェルでしか覚えてない(気になった方はアンネタンポンとかの会社の出してる文化史的な本があったと思うので図書館でお調べください)。昔仙台時代に親しくさせていただいてたご近所のおばあちゃま(昭和20年のお生まれ)が、昔はガーゼと脱脂綿で手作りして、自分は器用でアイディア・レディーだったからきれいに巻き上げたところに安全ピンを使って分解しないようにして勇者と賞されたみたいな話を伺ったなあ。
   その昔は、お外のトイレの汚物入れの所の表示も「脱脂綿などはこちらへ」云々と案内が露骨にあって、稚(いとけな)い頃のまいちゃんは、なんで脱脂綿をトイレで捨てるのだろうと思ってました。今の人は知らないんだろうなあ。

   わたしは思うに生理用品に両面テープが付いてなかった最後の世代ですもんね。さすがに手作りガーゼのは使ったことないけど、うちの母が口コミで
   「ちょっと新製品」って当時にしては薄手で両面テープが付いてるのを持っていて、うちではそれを使っていて、よそで買ったら付いてなくて悶絶した覚えが。あれがあるとないとでは使用感がダンチですよ! よそでって、中学校の購買で、急に始まった子とか、手持ちを使い切った子は購買の女性に「女性用の」というと売ってくれたんですよ、たぶんそれ。

   今は面で配置され、剥離紙も1回ぺらっとめくれば良くなったけど、前は線で、剥離紙もほっそいテープ状で、それが静電気を帯びていたからうまく入らなくて、場所によっては汚物入れの周りに散乱していたりして、あの頃は本当にいやぁな状態でしたよね。改善っていいなあ。

   ……今の女性はほんとラクになったなあ。だから男並みに働けるようになったんだよ。ストッキング以外にも、合成樹脂とか化学の産物が女性を解放した分野って、あるんですねえ。

   でも、臓器自体の営みは変わらないのでありました。ちくしょう。
   ……いや。昔の女性敦盛舞うような年まで生理ないから。栄養状態悪いし、妊娠機会も多くて、生涯生理経験数ももっと少ないから。産児制限と生理用品の発達は同時進行ってどっかで読んだし。

   娘よりよっぽど定期的に来てるぜ、ヘタするとリアルでマドンナ・ヴェルデしてしまう(娘の代わりに代理出産)かもしれない。それも困るわあ。

|

« おかあさんプリンセスになる | トップページ | 「あずみさんは倒せないっ」 これはこれでアリ。 »

コメント

 ……いい年してまだキャアキャアとエロパロ書いたり見たりしてるから卒業できないんじゃあないだろうか。深く反省。

投稿: まいね | 2017年9月19日 (火) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/65810874

この記事へのトラックバック一覧です: 合成樹脂は女性を解放した話:

« おかあさんプリンセスになる | トップページ | 「あずみさんは倒せないっ」 これはこれでアリ。 »