« 「月刊少女野崎くん」 違うそうじゃない | トップページ | 「とりかえばや物語」 女性の幸せはどこに? »

2017年8月16日 (水)

茂吉も呆れる話

   うぅ~んジャンルはなんだろ。とりあえず近況?

   越路なる祖父のいのちをひと目見ん
    ……ってこだまで帰るんじゃねー豚児   舞音

   こんな戯れ歌をわざわざおかあさんもネットに上げるんじゃありません。
   とりあえずLINEで流したら「茂吉は汎用性が高い」云々とすぐ反応を示してくれたとむ影さんに感謝。

   だって昨日面会時間に間に合わないからその指定席取らなくていいって言うてたじゃん虎美さん!
   夕方おうちに電話掛けたら、
   「うん、色々あって間に合わなかった。金沢着いたら17時で」って。おいおい。
   お昼過ぎぐらいに、「新宿なう」って。「かがやき」じゃなく「しらさぎ」に乗るよって言ってて。あ、北陸新幹線におけるこだま型の各駅に止まってのんびり行くのがしらさぎでございます。だいじょぶなのかなーとはちらりと思ったけど。もしかして、なんかアクシデントあったんだったらゴメンね。

   実は旦那様のおとうさん、早乙女シシカズ氏(仮名)この夏から入院してます。

   ガンがそこら中転移しているとかもう頭がぼんやりしてきているとか緩んでは困る辺りがいろいろ緩んでしまっていて家族の心が蝕まれているとかは聞いてたんですが。
   いや困るよ、そんなもう休暇申請〆切ったあとで。
   「母はムリで~す! 9月に入ってから様子みてチャチャッと帰るから」って言ってたのが、
   「おじいちゃんが離してくれないの。完全看護でおむつも食事も看護師さんが全部面倒見てくださるのに、朝からわたし病院に詰めっきり」
   いやおばあちゃんにこそラクして貰おうという入院のつもりだったのに。だから虎美もすぐには帰さないで様子見してたのに。
   「ごはんも全然食べないの」
   いやそれやばいから。
   豹太就職も決まったことだし、顔見せに行くといって虎美と一緒に帰省と話がまとまりました。若い頃から尊敬され、教え子達に囲まれていたから人に忘れられたようになった生活が淋しいのかと、実家の両親に見舞いにいかせたら、
   「元気でいらしたけど?」って、うん、やっぱ淋しかったのか。
   でも、やはり予断を許さない状態とおばあちゃんもしんみりしていたので。

   それが、この週末からおかあさんスマフォが先に瀕死で。
   「全然充電できないの!」
   「端子がいたんでいる可能性ありますけど、とりあえず埃が詰まっていたので掃除しました」
   「ありがとう! 気をつける!」って言ったのもつかの間、とうとう今朝には充電がどんなに頑張っても10%を越えなくなって。

   「お願い、おじいちゃん入院中なの! 連絡取れないと困るの!」と、今日、お仕事の帰りにDoCoMoショップに泣きついたら!

   「充電が10%切ってる状態ではバックアップも取れません。電話帳はクラウド化してますから最低限守れると思いますけど、写真やゲームのデータは諦めてください。SDカードの容量も足りませんし」
   ウソ! 猫の写真とかポケモンのデータごときがそんなに容量喰うわけ?
   「ご主人様に委任していたいだけたらすぐに修理のお手続きをさせていただきまして、代替機も御用意させていただきますが……あとは電源がいつまで保つかですね」
   契約が旦那名義なのがガンで。連絡のつかないところに入ってしまっていた旦那には許可が取れず、目の前で電源が尽きて死に絶える愛機。ちょっと困るの、会社の電話番号も猫科の人たちのスマフォの番号もオフ会の連絡用LINEのIDも全部スマフォの中。腕時計壊しちゃったから目覚ましのアラームもこのスマフォが頼りなのに!!
   もうデータを吸い出すこともできず虚しくDoCoMoショップをあとにしたおかあさんは……

   向こうにソフトバンクがあるじゃないか!

   「ごめんなさい! 家族に今にも死にそうな老人がいるのに、携帯ぶっ壊しちゃったの! 今日持って帰って明日すぐ電話掛けられる携帯下さい! お金なら今すぐ下ろしてくるから!」
   ノイエ・リリエンベルクのソフトバンクのお兄さんおねえさんごめんなさい。おかあさんもマジせっぱ詰まってたのよ!!

   電話よりアラーム機能の方が優先だったです実は。

   いろいろ相談に乗って貰って、じゃあ今すぐ御用意できる端末で、乗り換えじゃなくご新規でサーヴィスしましょうとかいって、目の前に売れ残りとはいえ墨染め色のエクスペリアを出してきて貰って、口座番号やら免許証やら提示して、あとはクレジットカードの審査だけってところで、……おかあさん社会人として恥ずかしいところでひっかかって、契約できなかったのでした。藤原さん@マダム・ジョーカーみたいな。嗚呼恥ずかしい。今度から気をつけます。ソフトバンクさんは頭金げんなまは要らないそうです。へー。

   おかあさんまあ自分で毎月うん万携帯代払わなくてすんで良かったとホッとしながら、その足でワゴンセールやってたイトーヨーカドーで目覚まし時計買って帰りました。とりあえず明日はこれで起きる。スマフォは明日以降旦那様になんとかして貰う。電話は……テレカを何年ぶりで買いました。うわー。だって、緑色の電話で百円玉で金沢まで掛けたらむっちゃお金掛かったんだもん! しかも、やっと見つけた緑電話、カードしか使えないヴァージョンで掛けられなかったし! もうこの時代お外で電話って掛けられないのね!!

   ってことで、すいません、新しいスマフォが来たら紙媒体の住所録からおいおいご連絡差し上げます。やっぱ電子媒体データは安定性に乏しいわ。

   そしておじいちゃんの病状は……誰も知らない。おい! 


 

|

« 「月刊少女野崎くん」 違うそうじゃない | トップページ | 「とりかえばや物語」 女性の幸せはどこに? »

コメント

残念乗ったのはしらさぎじゃなくてはくたか。しらさぎは関西の方のなんかだったと思うんだけど。兄のスマフォも壊れたり(笑)してるから精密機器は精密機器なりに丁寧に扱おうってことね

投稿: 虎美 | 2017年8月17日 (木) 01時21分

 ごめんおかあさん昨日推敲しないであげた。
 電波目覚まし時計が電波を博わなくって昨日初期設定で汗かいたのは余談。目覚めたらなんとか拾ってました。まさか山深いとはいえ電波時計の電波もはいらないとは思わなかったよ。
 そして目覚めると今夜は帰れないと言ってた旦那様が帰ってきてくれて
「朝イチでDoCoMoショップにもっていってあげる」とスマフォちゃんを回収して行かれました。
 やはりひごろ敬遠していても父の命が掛かっていると本気出すのか。

投稿: まいね | 2017年8月17日 (木) 20時23分

 そして今から精進潔斎しておこもりしてキント雲呼ぶ修行する(婉曲表現)豹太くんはどうするんだよ!?
 これはもう1時間も延長できない!?

投稿: まいね | 2017年8月17日 (木) 20時29分

良かったね。心配してました。連絡先は明日戻るお兄ちゃんに教えてもらってね。

投稿: 虎美 | 2017年8月17日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/65672862

この記事へのトラックバック一覧です: 茂吉も呆れる話:

« 「月刊少女野崎くん」 違うそうじゃない | トップページ | 「とりかえばや物語」 女性の幸せはどこに? »