« プロジェクトS ありがとうございました | トップページ | カルタゴは滅ぼされなくてはならない? »

2017年1月22日 (日)

「海月姫」 ガンバレ魔法使い

   なんだか今週スイッチ入ったみたいに本を買いまくっちゃったわ。

   ネットで試し読み無料公開を見て気になっていた「春の呪い」小西明日翔 はあっさり終わっちゃったなーという感じ。すごく深刻なお話。どんな鬼畜なことをしでかしても、相手が生きていれば謝って、憎まれて、それでもいつかは分かり合えることがあるかも知れないけど、亡くなったひとが相手では永遠にそれはできない、負い目は一生続く、……主人公の母親の忠告が胸に響きました。それでも、主人公は前を向いて旅立つところが若いっていいなあというところでしょうか。この方ピクシヴでショートネタをいくつか拝見してますが、みんなそういう心の奥底が繋がってるのっぴきならない系なのよね。そういうのが好きなのかしら。

   「海月姫」東村アキコ の方が気に入ったかな。無料で2巻まで読めたので読んでみたらはまって、とりあえず結末だけ知って納得しようとうっかり課金して公開されてる最後を読んでみたら完結してなかったーッどうしてくれんのよッ!
   自分のディープな趣味に浸りきり、お洒落とか男女交際とかから逃げてる女の子達、そういう女子を広義の「腐女子」、この作品内では「尼~ず」と定義して、ヒロインが女装男子と出会うことからどんどん新しい世界に飛び出していくお話。
   ……まあこっちの方が自分に近いしな。
   でも、あんまり容姿に恵まれてないと自分で思ってる引っ込み思案な女の子がヒーローと出会って才能を開花させていくってのは少女漫画の王道だと思うな。その才能の方向がデザイナーってのが、一周回って今風なのねえ。70年代かと思いましたけど。アイドルをめざすってのは80年代も90年代もそれなりにあったと思うけど、デザイナーものって最近あったかしら?
   でも、個性的な登場人物がイマドキで、ほんと笑っちゃう。お姫様になる魔法を掛けてあげたのに、女の子は王子様と恋に落ちちゃって、魔法の掛け損? 自分は魔法使いに過ぎないの? と愕然とするヒーロー!wwww王子様の方もリアル「魔法使い」で、おまえそれはないだろうという女の子の扱い方でハッピーエンドまで電車道じゃない! どっちとくっつくんだよう!?
   畳みかけるようなギャグがアキコ節(この方の「ひまわりっ」にはモーニング講読中お世話になりました)。笑って泣いてドキドキして。ほんとムッチャ課金したッ! 最後の理性で4巻までで我慢ッ。

   ……ということでドラちゃんは試験前でスイマセンが2巻まで無料(1/25?)の間に読んどいてッ。母3巻からしか買ってないから。

|

« プロジェクトS ありがとうございました | トップページ | カルタゴは滅ぼされなくてはならない? »

コメント

 それで試験前というのにちゃんと読んでくれたドラちゃんの感想は、
「読んでてイライラした」だってさ。もてない女の妄想爆発で、努力しろよ! って思っちゃうらしい。
 そこは、おかあさんはもう少女漫画の王道よねーっと自分とは違うフィクションの世界(しかし、ディーテイルは細かくて感心する)として楽しめるのに対し、あまりにもあるあるなオタク女子の姿がドラちゃんには、リアルに近くにいる女子の姿として思えて、人に綺麗にして貰って、才能も見つけて貰って、こんな受け身でゆるせない! となるらしく。
 中身で勝負の美名の元にオシャレを手抜きしていたおかあさんときれいにすることも頑張ってるドラちゃんとの違いが出たな。努力が実を結ぶようお祈りしておきます。

投稿: まいね | 2017年1月28日 (土) 14時19分

 そして「中身で勝負ってどういうこと?」と素で聞かれて絶句するおかあさんでした。
 それは、弱いものに手をさしのべる黄金の心であるとか、逆境にへこたれず世を恨まない矜持、あとは古典や教養を身につけるということなんじゃないかなーと母ひと寝してやっとまとまったのでかいとく。

投稿: まいね | 2017年2月19日 (日) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64795800

この記事へのトラックバック一覧です: 「海月姫」 ガンバレ魔法使い:

« プロジェクトS ありがとうございました | トップページ | カルタゴは滅ぼされなくてはならない? »