« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »

2016年12月 3日 (土)

「桜の国から・霧の国へ」 ちょっと待ったーッ!

   月も改まったのでゆっくり電子コミックでもひもといて。
   「桜の国から・霧の国へ」名香智子。プチフラワーでシリーズ連載してたときに途中で見失って、アレはいったいどうなったんだろうと思っていたので。

   文明開化のころ、若く美しき桜小路伯爵、千晴様はご不快。由緒正しき伯爵家なれどもお家は困窮どんづまり、丁度先の園遊会で千晴様の美貌に惚れ込んだ金持ち(男性) が援助を申し込んできて、母親にそれを受けろと命じられたから。
   「女ならば
    金持ちの男と
    結婚しても
    賞賛されるんだ」
   「なのに
    貧乏な男が
    金持ちの女と結婚すれば
    甲斐性無しと笑われる」
    …………千晴さまソレ違うから(笑)。
   「女だったらよかったのに…」
   「いっそ
   絶世の美女になって
   いいよる男達の中から
   一番の金持ちを選んでやる

   お怒りはごもっともながらなんかムチャクチャなことを考えながら愛馬で暴走してるとうっかり人力車と遭遇してよけそこなって落馬、どうもその人力車に乗っていたのは援助を申し出てくれた風早という資産家? 
   「死んでもこの男のいいなりになんかならないぞ…」と意識を失って。

   同時期のイギリス、女であるために伯爵家を継げず、遠縁のアメリカ人に爵位とそれにまつわる全てを奪われてしまうことになって、なんとか彼女なりの提案を出しても容れられず、
   「わたしが男だったら……」と怒りの暴走をしていた伯爵令嬢カロライン・グレーも落馬事故を起こしており、彼女と千晴は魂が入れ替わってしまったようでした、という入れ替わりもの。

   いきなり異国の生活に投げ込まれて混乱し心を乱す千晴はバ可愛い。もともとのカロラインは頭もよく芯の強いそしてきつい性格だったらしく、絶世の美女の肢体におっとりぼんやりの千晴が入ったらもうほんと可愛らしくて、伯爵位を奪った当のオスカーはじめ、イギリス勢はみんな虜になってしまう、でも心は男だから男と結婚はどうも考えられない……。からだは女だからちゃんと女として機能していて目の辺りにしてショックを受ける、受けると泣く、それがなんとも愛らしい……。お坊ちゃまの女々しさが美少女の身体に入ってジャストフィットなカンジ。

   翻ってカロラインの方はと言うと、やっぱり援助を申し出た風早に拾われていて。こちらは多少のホモッ気はあったとしても、どちらかというと家格がめあて、社交界に出入りするための手づる的意味合いで充分、と、あんたよく話を聞いてからにしなさいよ、千晴様に説教したい雰囲気。拉致監禁どころかちゃんと千晴のうちに連れてってあげて、英国貴族の伯爵令嬢だと言い張るカロラインの言うことを聞いて(英国留学経験もあり英語がわかるという都合よさ)、古美術を海外に売りさばく商売に出資までしてくれるというありがたさ。カロラインは鏡に映った千晴の姿に一目惚れ、男に頼るだけで自分の人生を生きる自由がない、そんな一生には未練がない、そういいきって、風早の援助を引きだし、すぐ翌日から商いを始めてしまうたくましさ。女性って変化に強いのかしら。千晴の母親も、「おキツネさんが取り憑いた」と認識してすぐ慣れてたし。 

   そんなある日、
   「私はこんなに
   親切にされて
   なに不自由なく
   暮らしているのに
   千晴は食べ物もなく
   路頭に迷っている……」と、千晴の境遇に思いを巡らし、
   「私がチハルをを助けに行きます!!」と、風早の援助の元、彼らはお互いに出会う旅に出るのでした。

   「これは運命!

   カロラインの元々の性格もあるけど、やっぱ、恋する乙女は強いよね。千晴はカロラインの姿を見ても異国風美女だなあぐらいにしか思ってなくて、自分の境遇におたおたするだけでカロラインの身の上の心配なんかしてないけどね。

   そして霧の国で出会った2人は早速恋に落ち……なかった。

   色々あった結果、2組のカップルが婚約したし、風早と「桜小路千晴」もよいパートナーになると思うけどこの結末はなんじゃこりゃー!? ちょっと待ておまえら!? でした。続きはないのかと何度もめくってみたもの。電子書籍でめくってどうする。これって三文オペラ的なアレ? 見た目ハッピーエンドだけど作者の引っかけで、あんたたちこれが幸せと思ってるようじゃダメよ~んという嫌がらせ? 
   元々オスカーは「カロライン」と結婚するのが八方納まるすじだからこれでいいの? 脇役の一番の良識家が密かな恋を実らせてたからいいの? 風早もだけど。彼は結構かれらのために散財もしてるしね。いやいやいや。

   それにしても、女性も才覚を活かして自分の人生を生きてね! という作者のメッセージは伝わりました、そういうことにしておこう。そして、自分で額に汗すること、自分で前に進むことを考えない人は……それなりの人生を生きてください。顔が綺麗でもダメよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

鬱ってもみそひともぢ

   おさへきれぬくらきおもひをひびあびて
     観葉植物枯るるもむべなり       舞音

   いえ、枯らしたんじゃないのよ。日に3どの休憩時間、行くところも話す相手もないのでついつい角の観葉植物の、枯れ葉を取ってやっていたら随分スッキリしちゃって。別に青い葉をむしってたんじゃないから八つ当たりでもないわよねーって。早乙女さんの恨みの波動で枯れちゃったと思う人もいるかもね、いやだわーって。

   3分の砂時計一つセットする
    砂が落ちれば泣きやむつもりで     舞音

   これは25年も昔、お勤めしてたころに詠んだの。おかあさん自分の中で撫で回してこね回して作り上げるから、自作は何年経っても結構覚えてる。これもさっき脳味噌から出した。それで折々にてにをはをいじったりするから、イブセマスジ並みにヴァージョン違いが出るのよねって、マニアックなたとえをしないように。

   ってことで、こないだのは上の句が字余りだし重いし、ひっくり返しちゃいましょう。

   うたかたの贅を尽くせし殿堂を
    形見と仰ぐ世も来たるべし   舞音 

   で暫定版完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

王様の耳はロバの耳 業務上どうしようもないストレス篇

   おかあさんただ今クライアント様から頂いたリストにしたがってお電話を掛ける仕事をしています。カチッとクリック、さあ、本日の1発目は?

   「株式会社剛志」

   ふりがながねーじゃねーかよ。おかあさん固まっちゃった。
   ……これは常識で「ごうし」? なわけねーよ。
   ……SHINJOの「ツヨシ」かなーやっぱり。
   ……内藤剛志は「タカシ」だったっけ。
   ……首藤剛志「シュドウタケシ」っていたよなー。

   考え込んでいても埒が明きません。一応その会社の情報を調べるぐらいの検索は許されてますけどね、立派なHPあっても読み方書いてない会社結構あってね。社長の顔写真はいいから会社の正式名称ひらがなでもアルファベットでもいいから書いといてお願い! 読めないと電話掛けられない!

   ……出たとこ勝負だ、女は度胸!

   「いつもお世話になっております。皆様の○○銀行でございます。株式会社……えーと、なんとお読みすれば?」

   「タケキココロです」

   ……………………………………………………このブログはフィクションです。実際にあったことを元に、お集まりの皆様がおたのしみいただけるように再構成してますからね本当! 渾身のフィクションだからネタもと探さないでねお願い!

   みんな似たような思いをしたのでしょう。セカンド・フェイズのリストから、ふりがな欄が付くようになりました。みんなは喜びました……?

   「NEONGENESIS Co.Ltd」 ヲイ!
   ドコで切ればいいんだよ、この英語かどうかもわかんない単語!?
   でもまあ、今はふりがな欄あるし。痛々しい読みだろうが読めれば電話掛けちゃう! さあ! と思ってふりがな欄を見たらば!

   [NEONGENESIS Co.Ltd
   すんでの所でキーボードをモニタに向かってぶん投げるところでした。あーそりゃーエリート銀行マン様にはこれくらいの単語、見てすぐ読めるかも知れませんがね。ほんとにどいつもこいつも現場の苦労を知らないッ!!

   おかあさんストレス太りで肉体労働で減った分余裕でリバウンドして+10キロ、この秋の健康診断はオール・レッド・アラートでした。再検査待ったなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

OTKオフ開催しました

   許可はあとで貰う。
   <この項は事実を元に構成しております。平安の昔からレディの日記はフィクションまみれ♪

   小金井の江戸たてもの園が先週末ライトアップというのでどうですかと着信。
   波「紅葉とレトロな町並み」
   ま「レトロ好きです~!」
   と「いってらっしゃ~い」と、とむ影さんは抜きで波多利郎さんと行ってきました!

   ま「路線検索にお願いしたらまず新宿行きに乗ってくださいって言われたんですけど(>_<) 逆方向では?」
   ま「ウンターノルドで乗り換えろという事みたいです。首都圏の乗り換えは奇々怪々
   ま「ジョージなう。なんかドライファルケン止まりしかこない」
   ま「ホーム間違えてました! 乗るはずだった急行が行っちゃったよう!」
   毎度実況しすぎて落ち合う前に電池が尽きるイキオイ。

   波「まだ時間はありますから」
   ……波多利郎さんはともかくとむ影さんも見てて胃が痛くなったんじゃあないかしら。

   例によって疲れ切って落ち合った武蔵小金井、駅前の時計が丁度3時を打つところでした。ギ、ギリセーフだもんッ!

   3時集合というのでイロイロ考えてうちを出るのが12時過ぎ。ところがあの日は首都圏空は晴れ渡り珍しく小春日で気温はぐんぐん上昇……。おかあさんでがけにドラちゃんにもラインして相談。
   ま「なに着ていったらいいの!?」
   虎「あたしおかあさんのワードローブなんかしらん」
   ま「ドラちゃんのコート着てってもいい? あのふわもふの」
   虎「なんでも着てったいいじゃない。茶色のとか」
   ま「ふわもふしか入りませんでしたOTL」

   ところが念のため温かくしてくれる機能性下着やらなにやら着ていったせいか、たてもの園のビジターセンターにはいって荷物を預けるときには、
   波「大丈夫ですか? ……まあ、涼しくなってきたら取りに来ればいいか」
   ま「大丈夫!」というぐらいすっかり汗をかいていたのでした。よっぽどやばいよ! ふわもふコートはリュックと一緒にロッカーに放り込み、おばあちゃんお手製の「ザ・袋物」というかんじのびろうどの手提げ袋にお財布とペットボトルとハンカチだけ入れて身軽になってさあ、観覧、うん、美術館馴れしてきました! って、ここ建物を野外展示してるんだよね……?
   波「本当に寒くないですか?」
   波多利郎さんはダウンのコートを羽織っておられました。
   ま「大丈夫……と思う」
   お手洗いを済ませるとすぐにビジターセンターを出て、まだ明るい中広い園内を散策するのでした。

   ま「わーい! 桜の葉っぱって桜餅の匂いがして好きですー」 
   波「でもこれは八重桜で。ソメイヨシノとは花期がずれていて」
   健脚の波多利郎さんに付いていくのが精一杯で、あー春にもいらしたことがあるのね、ナルホド先導に迷いがない、と思いながらなにも気の利いたことが返せませんでした。勝手に借りたドラちゃんのブーツをぽくぽく言わせながら(やや大きくて足が動いちゃう)いろいろおすすめの建物を案内して貰ってました。
   農家やモダンな大正~昭和期の和洋折衷な邸宅、有名人の邸宅やら茶室やら。

   ま「ねこあつめって毎日公開されるパスワードを入れて、貯まると猫の餌が貰えるんですけど、それが季語とかのことが多くて。今日は『口切り』だったんですけど、たしか、八十八夜に摘んだお茶を壺に入れて封印熟成しといて、この頃に封を切ってお茶にするって日があって。その日に茶室もたしか衣更えで、火もやっと囲炉裏的な床に埋めた方を使うようになって。『口切りの茶事』っていうんじゃなかったかな。先生からはお赤飯だったかおしるこだったかのお振る舞いがあって……」
   波「八十八夜のお茶が今頃新茶なんですか」
   それよりおかあさん大チョンボ。夏の間の掘りごたつみたいに蓋をしてある炉の蓋を取り除いて火を入れる炉開きと口切りは同じ日じゃないです(今調べた)。炉開きは11月の亥の日、口切りは11月中旬だそうで、おしるこしか見てなかったことがわかっちゃいました! いやちがうって。とにかく、口切りと炉開きは別です! 波多利郎さん許してえ!

   嘘を全世界に公開する前でよかった。

   などとあやしげな知識を垂れ流しながらあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
   波多利郎さんはさっと一眼レフカメラを取り出してぱしゃぱしゃ。
   「それはフィルムで撮る方の?」
   「デジタルです」
   それにしてはレンズも大きくてかなり本格的なんじゃ……。
   ところどころで今撮った画像はこんなカンジと見せてくれました。
   ま「あれおもしろーい! なんかお屋根のカーヴがムーミン谷みたいで。なんだろ」
   それはよく見るとちゃんと半鐘も付いてるモダン火の見櫓だったのでした。上の方の部分だけ設置してあるからオシャレな四阿に見えただけで。その昔のものとしてブロンズのお屋根がもうレトロたまんない。
   近くには萬世橋からレッカー(?)移動したという交番! 赤い鋳物の郵便ポストと黒ラシャの制服にサーベルを吊ったおじさまの警察官つき
   波「一緒にお写真も撮ってくれるらしいです」
   ま「おひげがなといや~ん♪」
   これこれよしなさい。おかあさんもう、
   ま「少しも寒くないわ♪

   波「商店街はもっと楽しいですよ」
   ま「行く~!」
   あれですよ、看板建築? 商店街に面した方は耐火とかモダンとかを考えて銅板でかっこよくキメてるけど裏手の住居部分はまだまだ和風~な町屋のつくり。
   ま「お酒屋さんかな~やだ~裕次郎のポスター!」
   ま「氷で冷やす冷蔵庫ありました! 芸コマ!」
   全然寒さ感じてる間がありませんでした。こういう博物館? あるんですねー。昭和のものも充分歴史的価値あるんだ。

   ま「ハマーツェントルムの三越ってなくなるらしいですね。解るわ、あんなに閑散としたデパ地下みたことない。夕方5時半に行っても隣の人と余裕ですれ違えるの! 
     でも、あれも一応三越だから、赤い御影石びかびかーッともうええっとコリドー? になってて。あれも壊しちゃうのかしら、もったいないわー」
   波「大阪の方のピー(波多利郎さんは正しき百貨店名を仰ったのですがわたしがボケなので忘れました、ゴメン)百貨店もみごとだったのに壊されてしまったとか」
   ま「いつかどこかでまた人を呼べるかも知れなかったのに」
   波「買ってくれる人もいなかったのでしょう」

   今だから「きゃー懐(かし)い!」と言われるけど、それがまた10年20年前だったら、うわーどうして新しくしないの、よくこんな不便なところに住んでるねって平気で言ってると思う。でも、たとえばフランスとかイタリアとか歴史的な建物が一杯残ってる街のひとだと、そこはうまく付き合って、歴史を受け継いでいく一員としての自覚もあるから、ちゃんと不自由も堪えて守っていって、あの町並みをキープしてるんですよね。う~ん、なんでも見た目最新式が好きすぎかな、とりあえずわたし。

   ま「仙台の地下鉄も、作ったのバブルの頃で、もう、地下鉄の入り口から大理石でぴかぴかで。あー高いわけだわこれ、って思ってたけど。バブルの記念碑としてアレはアレでいいかも」
    今開通したバブル崩壊してからやっと作り始めた方の地下鉄はどんななんでしょうね?
   いろいろ考えたライトアップツアーでした。

   贅を尽くせしうたかたの日の殿堂を
     かたみと仰ぐ世も巡り来む     舞音

   それで、春暁オフの神奈川地区会は……

   O おれたちの
   T たたかい(老後)は
   K これからだ オフでどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月11日 - 2016年12月17日 »