« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

2016年10月29日 (土)

超嗅覚探偵NEZ 承認されたい!

   阿部ちゃんがやってるのとは別だけど、とこないだのオフで波多利郎さんがご紹介。「超嗅覚探偵 NEZ」 那須雪絵。

   通り魔事件の捜査中の若い警視庁の所轄の捜査員の神保くんが思いだしたのは高校の同級生。人並み以上に鼻が利くとかでいつもマスクをしていて、ちょっと周りを見くだしたイヤな感じが印象づけられていたのですが、こう連日証拠集めに駆り出されていて、警察犬も頼りにならない状態が続くと、藁をも掴みたくなるのでしょうか。死ぬ前の走馬燈状態は、過去の経験から現状を打破する智恵を無意識に探しているのだとも言いますけど、そこまで追い詰められていたのか神保くん!?

   しかしながら運命の女神は彼らを引き合わせてくれるのです!

   丁度通常業務、嗅覚を平和利用して迷子のペットを探すペット探偵の活動中だった松下くんがちょうどかれの前に現れました!
   でも、地面に顔を近づけて匂いを嗅ごうとする姿はどう見ても挙動不審者、即決で職務質問対象者と捜査員としての再会です!
   まあふつーに職(務)質(問)馴れしてる松下君は非協力120%でやっぱりサボテンのような印象でしたけどね。松下くん生きるのがヘタ。勝手に偏見に満ちた目で扱った方も悪いですが、頭は低い方がむやみに怪我しないんだよ。同行していた探偵助手というか事務員のマリコちゃんが巧くフォローをしてくれているのでなんとか世の中渡っていけてるカンジ。
   マスクをとって1回匂いを嗅ぐだけで松下くんはちゃんと神保くんが高校の同級生だったと思いだし(名前は言わなくても1年の時同じクラス、とまで特定)、次の瞬間にはその捕獲対象が現れ、ペット探偵の仕事ぶりもバッチリ描写。そして去りがけにしっかりケンカを売っていくというみごとな登場シーンでした。もっと上手な生き方覚えた方がいいよ。

   松下くんの捨て台詞で誰も知らないはずの秘密を言い当てられてしまった神保くんの相棒で上司の芳谷さんは、
   「しゃべる警察犬がいればいいって言ったのお前だよ」
   「おまえ友達だろー? タダで使えよ」と、松下くんを捜査に利用することを提案するのです!

   ものが嗅覚だしなあ。

   いろんなことが解ってしまう超能力、でも尊ばれない、相手を知らず傷つけてしまう、この辛さに、それでも能力を隠して生きようという賢さがない松下くんは傷付きまくってひねくれまくっています。ほんとヤマアラシ状態。でも、人間ひとりでは生きられない。幼い頃から自分の嗅覚を誇りに思い、物を探したりして賞賛されたい、認められたいという欲求をうまく抑えられない松下くんはほんと生きるのがヘタ、見ていてハラハラします。神保くんもけっこう同レヴェルなので、ヤマアラシ状態の松下くんにまともに傷つけられたり腹を立てたりして、大丈夫なのかとハラハラします。でもまあそこは、もう直接の志望動機を忘れてても、刑事になるくらいだもんな。正義とか、真っ当なものを志向する深層があるから。上司に言われたから100%でなく神保くんは松下くんにかかわっていこうとするのでした。

   いや神保くんもぶきっちょだよね。同級生だったのにかれの実家知らないの? って芳谷さんに聞かれて、「勝手に調べたら信頼関係に悪影響が」って調べてなくて、「バレなきゃいいんだよ」って。あーこいつはって顔されてました。

   まあ、芳谷さんも、イシュヴァールから帰ってきたマスタング大佐(ハガレンの)みたいなところがあるみたいだし。ほんとは切れるひとなんでしょう。都民の、国民の皆さんを守るために、もっと使えるものがあるならどんどん探して使っていきたい、当然、人道というか迷える若者に対する人助けといういい大人な理由でもないけど、単に出世のためだけでもない理由からかれらを手助けしてくれるのでした。

   おかあさん心に傷を負ったイケメンの超能力者でもこういう触るもの皆傷つけるタイプの子苦手だわ~。そういう意味では「絶対可憐チルドレン」の初期型兵部少佐みたいな。かれも今は結構寿命を意識して後の世代に気配りしてるみたいだけど。
   平凡でも、へこんで引きこもる松下くんにぶつかっていったり、松下くんのおかげで捜査の初歩ミスが発覚したあとで、言い訳せず警視庁を代表して被害者の方にまっすぐお詫びを言ってまっとうなケアをしてあげられる神保くんのほうが好きだわ。最後の事件で人が撃たれた、と嗅覚を使って実況する松下くんを気遣って手を宛がうシーンはきゅうっとなりました。

   まあそういうまっとうパワーでとうとう松下くんの心は開き(頭と鼻から血、そして涙をだらだら流しながらまっすぐの笑顔で「うん」と答えたあの見開きページには圧倒されました!)、彼らは最高のパートナーとして最後の事件に挑むことになります……。

   やっぱね、ひとは繋がらないと生きていけないんだってのがよく解りました。あと承認欲求を満たす。そこらへんが、そんなにこの方の作品読み込んでるわけじゃないけど、那須雪絵さんの作品だなとしみじみ思いました。

   波多利郎さん、よい出会いをありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

ああっお姉様っ!

   最近日本シリーズがアツいのでお兄ちゃんは長々とTVの前に陣取り、観戦しながらおかあさんの話に付き合ってくれます。
   「それでこないだの波多利郎さんの今後の目標はシュウカツだって! 
    哀しすぎるだろそんなの! たしかに上のお嬢さんは就職されておうちを離れられて、下のお嬢さんももうご卒業が近いからって! だめだよ! 子供の手が離れたら女性は第二の人生満喫しなくっちゃ!

   「……だからシュウカツなんじゃないの?」と、おにいちゃんも付き合いが良い。
   「なんだと! お前、波多利郎さんがはやく彼岸へ旅立ってもいいというのか!? もっと母と遊んで欲しい! もっといろいろ展覧会見に行ってご本を紹介して欲しいじゃないか!」

   「だから活動するために軍資金が要るんでしょ?」
   軍資金が要るのは母の方だよ。映画もご一緒したいし携帯も新しくしたい……。

   おかあさんしばらく考えて、はたと思い当たりましたね。

   「豹太君、われわれの年代でシュウカツというと人生の終わりに向けた活動なのだよ。ぶっちゃけ老い支度」

   大学3~4年生にとってのシュウカツって就職活動の方しか思い浮かばないんだなあ。
   「……それに波多利郎さんはしっかりお仕事もしてらっしゃると思う」

   嗚呼、本当にお馬鹿な親子ですいません。

   その波多利郎さんにはこのまえ帰り道で、れいの暴論の末をアツク語り、
   「でも絽なんて透ける素材は和服だからフォーマルに許されるんであって、喪服のリフォームでも透けるアンサンブルを葬式に着てったらやばいでしょうか?」と問うてみると、
   「フォーマルで冒険はやめた方がよいのでは」と非常に理性的な感想を頂いております。もうほんとうに、いつも知性と教養に溢れていてすばらしいッ。ご両親を送ったりそのあとの親族間の片付けもお一人でこなされたというし(うかがっていて、ブラックフォーマルはじゅうぶん元をとったと思いました) 、大人の女性としての経験もわたしよりずっと豊富で、たとえお年がわたしより5つも6つも下だとしても(お肌はぴっちぴちです!)お姉様とお呼びしたいッ!

   旅立ちの仕度はお話を伺いながらご一緒に進めるにしても、まだまだおつきあいを頂きたいところです。

 ドラゴンボールをまだ読んだことがないと仰る波多利郎さんにすぐさま「送ろうか」とお声がけしてらしたとむ影さんはすでに心の大お姉様です。今後とも宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

春暁オフ番外2開催しました

   やって来ました秋の佳き日。またしても漫画読み熟女集まって原画展へGO!

   今回は根津は弥生美術館、山岸凉子展でございます。版権の問題か訴求力の問題か、今もモーニング誌でジャンヌダルクもの「レベレーション」を連載中という現役漫画家の展覧会のポスターが30年前の「日出処の天子」ってのはどうなんだろうと思いましたけどね。「レベレーション」はなくても「テレプシコーラ ―舞姫―」はアリだろう、なんかの漫画賞取ってるしまだ平成に入ってからの作品だし。

   まあ、この展覧会の売りはそのまえの出世作「アラベスク」とその「日出処の天子」だから企画がそっちに重心を置いてるのか。まあその繊細で綺麗な描線を愉しませて貰ったからいいけど。

   わたしは「花とゆめ」誌に移ってからの長編「妖精王」の連載中に「花とゆめ」の本格的読者になったからまあ古い方ですか。別冊の方で一挙掲載があったから、そのまえの「メタモルフォルシス伝」も読んだかな。ほっそい線だなーとか、顔が独特だなーとかおもってましたかね。
   「わたくしは『妖精王』から読んでましたから、『FATE』でクー・フー・リンが出ても、娘にでかい顔できましたね。『ああ、ケルトの英雄な?』とかいって」
   と、その妖精王で主人公爵(じゃっく、と読む。英国人の血を引く)を妖精の世界に導く美貌の騎士の絵を見ながら得意げにしますと。
   「……その程度で知ってるというのは」
   いやちゃんと調べたもん。ちゃんとケルトについての本を読んだんじゃないけど。

   「アラベスク」はもうバレエ漫画が流行遅れになってからのスタートとかでそれでもちゃんとした骨格理解からの正しく美しいポーズ絵、当時のソビエト連邦のバレエ学校が舞台というスポーツ根性もの的展開が話題を呼んで一躍ヒット作になったとの由。
   ……うーん絵の善し悪しはわかりませんけど単純に話が面白くて立ち読みで一気したかなあ。わたしはストーリー重視。
   「日出処の天子」になるともうばっちり中高生で、あの中性的ながら妖しい美しさには感嘆しましたけど、当時の友人達のようにキャーキャー言うほどでは、うーん。
   「服飾が素晴らしい。こんな聖徳太子はゆるさんとかいってこのあと池田理代子が本当の聖徳太子を描くつって描いたけど、服とかの資料がなんもなくて結局こちらをパクるしかなかったとか」
   「シーッ!」
   まあネットで拾ったような話を当の展覧会でしゃべりちらすのもアレだけど。でもまあ、錦はあっただろうが奈良時代前期に友禅的な染め物はなかったんじゃないかなーと麗しのお衣装をみてふと思いました。ソレを考えると、昔本木雅弘で聖徳太子のドラマをやったNHKの考証はしっかりしてた(フリをした手抜き?)んだなあと。ほとんど生成の埴輪ルックでしたよ。たぶんあの時代は輸入物でない限り色や模様のついた布はなかったんじゃないかなあ。その辺は考古学に頑張って貰って証拠を探して貰うと。

   山岸凉子的世界はその他にも、女性の情念、恐ろしい心の世界を神話や伝説に仮託して描くというのがあって、展示室の2階はそういう短編もの中心。
   「天人唐草」といえばあの時代の漫画読みは
   「ああ」と重い溜め息を漏らすそういうような作品群。今回ご一緒した波多利郎さんもとむ影さんも同様。こちらも折々にいろんな雑誌で見ておって、
   「恐ろしいモノを描くなあこの人は」と思ってました。
   バッドエンド多くて、物語世界を引きずるまいちゃんとしては、
   「なにも娯楽作品でこういう話を描かなくても」とずずぅんと打ちのめされて考え込むから触りたくない、でもやっぱ読んじゃう。すごい魅力。

   しかし、小さくて綺麗で雰囲気ある弥生美術館で開催というのは解ってるなあ、作家さんも嬉しいでしょうという展覧会でした。というわけで特別展を見た後は中で繋がってる竹久夢二の美術館へ入り、そのマルチタレントぶりをうまくまとめている展示にほほうと唸って。
   やっぱ作品を愛し、作家にリスペクトがあると展示はここまで極まるのかと。
   いい物見せていただきました。
   ミュージアムショップも、アイテムはマグネットにクリアファイルに小風呂敷にハンカチ、便箋とご存知モノながら、なにせ元ネタが夢二だからみんなモダンでセンスがいい。ただ、明らかに夢二と解るものだと、
   「いい年をして(少女)漫画に夢中なまいこさん」を中途半端に知ってる親戚連中とかには、「やっぱりあなたのような人は夢二って好きなのね」扱いをされるのでアイテム選択は要注意であります。
   「最近の文房具的にはマスキングテープというモノが流行ですか?」
   こちらのミュージアムショップにも夢二柄の商品がありました。
   「JK程度がマスキングテープの正しい使い方をしようとは思われませんが」
   ……いえ波多利郎さんほどの美術の専門家とはちがうライトな用途と思います。わたくしもJKがマスキングテープをどのように使っているかは詳しくは知りませんが。

   あとは根津から上野を徘徊しながらこのへんに評判のそば屋が、とか、喫茶店ならちょっと歩いたところに、とスマフォのサーヴィスを駆使しながら歩いて、歩いて、歩いて。
とむ影さんって毎度ほんと予習を欠かさないというかアプリを使いこなしてるっていうか、いつも付いていくだけですいません。

   結局その辺のパスタやさんに入り、
   「(ジョジョ)4部アニメ化記念でプッタネスカいっちゃおー!」と暢気に生パスタ食べてゴキゲンでした。
   注) 「ジョジョの奇妙な冒険」の4部には本格的イタリアン・レストランに行くエピソードがあり、そこでプッタネスカというパスタの説明が結構丁寧にされているのだ! そしてとっても「おいしい」! ことになってる。それが今期アニメ化されて放映中ということ。
   いやいや、根津、上野界隈は表通りだけじゃなくもう観光地で、ちょっとした食べ物屋も喫茶店もそれどころかそのへんの一般のお住まいも綺麗にしてるし趣深いしもう目の保養目の保養。

   あとは不忍池の周りをウロウロしつつ
   「コイキング祭よーッ!」
   「ゴルダックきたわーッ!」とポケモンを狩りまくって卵をかえしまくったと。
   いやお二人ともお元気。おかあさんはさすがに陽が暮れてきた辺りで限界。
   「なんでもいいから冷たいコーヒー買ってきてください、あとで精算する」
   上野の駅前の各種飲食店の入ったお食事どころで席を取った時点でもう立てませんでした。

   今回の趣味のお話は、「『逃げ恥』がもう最高」とか、「あの本の続きを持ってきたからどうぞお持ち帰りを」とか、例によってパスタを待つテーブルにごっすんごっすん複数鷲掴んで出して交換会。さらに、
   「……わたしかぼすが今年店を出せるくらい生ってたいへんなの」
   「ごろにゃん」ト手を出す。わーいお鍋に使おう! 蜜柑ネット一つ分ぐらい貰いました。1コ1コがSサイズの蜜柑ぐらいあるよ! それにしてもとむ影さんちはいったいどのくらい果樹を植えておられるんでしょうか。
   「そういえば、前のうちを出るとき、おにいちゃんの友達で農業高校いった子に来て貰ってバッキーの枝を25本ぐらい切って、実家へ送って挿し木してもらったのの行く末を聞いたら、全部無事に挿し木できてて! 子孫繁栄ですよバッキーちゃん」
   「うんまあ!」
   注) とむ影さんから「祝 一戸建て!」と椿の木を貰って、「ジャイアント・キリング」の主人公にちなんで「バッキー」と名付けて前のうちの庭に植えたのです。引越の前年に白い花が咲いたのに、もう大きくなりすぎて連れて出られない、どうしようとこっそり置いてきたのです。

   いつまでもお喋りは続き、とうとう新幹線の時間が来てお開きとなりました。とむ影さん元気でねー! また春になったらお花見しましょう! そんで波多利郎さんにはノイエ・リリエンベルクまでグチを聞いて貰って(どうもスイマセン)!

   珠玉なる書の数々を託されて
    返しに悩む凡才なりけり    舞音

   ホントに、返礼にご紹介できる作品がないから肩身が狭いったら!

   そして夜中まで一気した「超嗅覚探偵NEZ」面白かった!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »