« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »

2016年1月24日 (日)

本音はそこか

   先週半ばぐらいから凄いぞ凄いぞと言われてたけど。

   

琴奨菊関優勝おめでとうございます

   繰り返し言われてたのが「日本出身の力士で10年ぶり」という表現。出身はモンゴルとか欧州とかで、もう国籍は日本になってる力士への配慮でしょうか。「日本人力士」と「外国人力士」というのが通例だと思っていたからどうしてそんな回りくどいいい方するかなとちょっとひっかりました。

   まあ日本で生まれた力士がこのところ横綱になってなかったから、危機感は強かったと思いますけどね、協会の方も、ファンの方も。わたしは入門を受け入れて昇進もさせてきたんだから横綱にしないのは無理がある、どんどんなって貰えばいいじゃないのという結論に至ってますけど。まあ、それを許しちゃう現状の日本人力士が情けないとは思いますよ。

   そんでもってはしゃぐひとを中心に「街の声」としてニュースを構成するのもいいけど、
   「日本の誇りです」とか、「日本人みんなが待ち望んでました」って、勝手に世論を作るな。これ夕方からNHKずっと見てきてもう我慢できなくなったから書きます。

   ついこないだには外国人横綱の白鳳が大鵬を抜いたとかなんだとかで褒めそやしておいて。朝青龍のあとということでお行儀よくしなくちゃならない圧力を感じながらそれでも横綱を勤めてきた白鳳が可哀相じゃないか。
   大相撲はもう日本人力士だけのものじゃありません!
   日本で生まれた力士が久し振りに優勝して、国技の行く末が懸念されていた状態に少しは光が見えたからって、はしゃぎすぎじゃないですか。結局は外国人力士の台頭を歓迎していないみたいに聞こえます。
   古くは高見山、琴欧州に黒海たんトチノココたんを応援してきたおかあさんはちょっとムッとしています。
   故国を離れて、同じ国の若人ももう我慢できないような古いしきたりにまだ支配されている世界にはいって言葉も食べ物も生活習慣も違うのに頑張ってる力士達に対して失礼だと思います。
   しかしながら、豊かな世に生まれ、必ずしも昔のように尊敬を受けなくなったご時世に敢えて稽古の道に入り、今日ここに初優勝にこぎ着けた琴奨菊関の益荒男ぶりを、だからこそ讃えたいという気持ちも解るんだなあ。

   どっちもガンバレ。そして大相撲を盛り上げてちょうだい。お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年1月10日 - 2016年1月16日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »