« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月24日 - 2016年4月30日 »

2016年4月16日 (土)

本日の暴論 ― 後知恵2016 ―

      暖冬もやがてあやしむ寒のうち 舞音 (再掲)   

   

おかあさん最近6時台におうちに帰ってこられるようになっちゃってさ、NHKの首都圏ローカルの夕方のニュースなんてみて喜んでます。お天気情報が面白いです。

   さて、たぶんそれで可愛らしいお天気おねえさんが紹介してたんじゃなかったかしら、今年の冬は異常に暖かいというネタで、新宿御苑ではまだ紅葉が残っていると言ってた暮れの頃……? もう水仙が、こちらでは蝋梅が、春の花が咲いちゃってます、とやっといて、でもその先へいくと、緋寒桜まで咲いちゃってます! って。それで終わらず、

   それどころか躑躅や皐月まで! 

   

「どうしちゃったんでしょう今年は!?ってやってたんですよねえ、確か。

   おかあさん晩ご飯の仕度などしながら

   「天変地異の前触れか!?」と突っ込んだ覚えが。

   まさかなあって笑って忘れてたのに、これだよ。

   嗚呼、熊本の人、大分の人怖いでしょう、大変でしょう、ゴメンね!

   21世紀にもなっといて! プロ棋士を負かすような立派なプログラムとか作れるようになっといて! どうして「これっておかしいよね」ということを天変地異の予知に活かすことが出来ないの!? 金星なんか見に行くような立派なもの飛ばすより先に足元を解明しろよ! 手前の国土も解明できてないような国は宇宙開発なんか辞退しろよ! なんでもっと地震予知に真剣にならないんだよ!

   暴論失礼しました。天地が鎮まりますことをお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

日本語が不自由ッ!

   本日の一発ネタ。

   憧れのハラショー様が司会だと言うからNHKの新装なった歌番組を見てたところ。
   「えーとこれ『ごちそうさん』? これ本人歌ってないよね」
   朝ドラのテーマ特集をやってました。一緒に見てるお兄ちゃんが意外や詳しい詳しい。この時代は朝ドラ見てからチャリで学校にいってたそうだから(勇者)。
   「うーん男の人、布施明?」
   「ああ、さっき『シクラメン~』歌ってた」
   「それとクリス・ハート。最近よく出るの」
   「ネットでよく言われてる。ジェロの上方置換
   おかあさんソレ違います。
   「置換してどうする」
   「違うよね?」
   「上方修正?」
   お兄ちゃんなんとか言葉を探し当てますが。
   「いやそれも違う」
   親子して黙り込んで言葉を探す探す。

   「上位互換!
   とりあえずおかあさんが勝ちました。

   ああほんとにこんなところからおかあさんボケが始まってたらどうしよう!
   おにいちゃんはもう少しがんばってね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

「さんかく窓の外側は夜」 見えない幸せ

   金沢で下宿してる虎美のことは全部おじいちゃんにお任せしているおかあさんです。人としてどうよとそれは思うけど、こっちも極限まで追い詰められているので(精神がマトモなのが信じられないくらい!)そこはすがれるところにすがろうと。

   ごくごくたまにこっちに余裕があると虎美の口座にお小遣いを振り込んだりもしますが、最近はちょっとしたメッセージも一緒に送れるので楽しいですね。元々は振込み人の電話番号とかを併記するような機能だったんだと思いますが、英字も入るらしいんで、ちょっとしたお遊びでアルファベット入力欄を使ってます。
   この前バスが事故を起こしたときは、丁度春休みにこちらへ戻ってくると言ってたから、お金がなくても新幹線を使え、バスはあぶないからダメという意味で
   「USE TRAIN NO BUS」
   と入れようとしたところが、
   「待てよ、新幹線はTRAINじゃないな、あれはBULLET TRAIN? RだっけLだっけ、いやそのものずばりSHINKANSEN? NOじゃなく RATHER? それより文字数大丈夫?」とぐるぐる悩んで、結果「USE BUS」と入れてしまって、手元のお振り込み明細を見ながら
   「逆じゃん!」と頭を抱えてしまったことも。

   虎美はそれを見てなんの暗号だろうかとむしろ楽しんでいるそうです。
   「こないだのアレは何?」
   「SAY HELLO TO YOKO」
   「そりゃあアレだ、三角窓を貸してくださいヨロシク」

   レンタルコミックのお試し版だけ読んで気になっていたやつ。
   「さんかく窓の外は夜」ヤマシタトモコ。

   アルバイト書店員の三角(みかど)くんは、いわゆる「見える」人。幼い頃からかなりそれで恐ろしい思いをしてきたんだけど、それを普通の人は解ってくれないということも身に沁みて知っているので孤独に不遇に生きてきました。だって24才で頭も悪くなさそうなのにバイト店員。最初は学生さんかなとさらっと流してたんだけど、2巻で年が出て。「夏目友人帳」のたかしくんが奇行で孤立したような事情で就職出来なかったんじゃないかと。落ち着いて考えてみるとかれの苦悩の深さというか霊現象があまりにも身近すぎる不幸がさらっと描かれすぎていて怖いと言えば怖い。でも、その霊現象から逃げようと足を鍛えてみたり、戦おうとボクシングはじめてみたり、でも全然効果なかったとちょっとピンぼけで結果「地味にスタイルのいいひと」になってしまっている加減が可愛いというかうん、好ましい。
   そういう三角くんがある日出会った「運命の人」は、除霊をやっている冷川さん。かれが見える人であることを瞬時に見抜き、かれの魂を介して霊を掴んでぶん投げるという荒っぽい方法で除霊を行うという乱暴な出会いでした。イヤホント。それがまた、

   「気絶するほど気持ちいい」らしいんで。

   「ゴーストハント」でも、自分が見えているものが他人には見えない孤独と恐怖がちょっと描かれてましたが、三角くんと冷川さんにはそれを理解し合えるというのがとても大きかったようで。肉体的にも精神的にも霊的にも(?)ムチャクチャされてるのに文句を言えない、従わずにいられない三角くんの気持ちがせつなく、こっちもページをめくる手が止まらない、この先2人はどうなるの~!?

   ということを娘に訴えましたら、
   「あれおかあさんの嫌いなホモだよ? ヨーコんちで読んだ」と即答されまして。それで、
   「母がお土産代を持つからヨーコさんに是非貸して貰ってくれ」となったのでした。

   貸して貰いましたよ。
   「綺麗に読んでね」とアニメイトのヴィニルカヴァーつきの既刊3冊。どんどん見える人、見えない人いろいろ出会って三角くんの世界は広がる、そして三角くんの潜在能力が大きいこと、そして心がうぶでオープンなことが明らかになってくる。そうすると、冷川さんが嫉妬して暴走する、怖い、怖い……。でも、そこまでされても三角くんは冷川さんから離れられない、かえって、彼のことが知りたい……! 

   そのものなシーンはないのにセクシャル。BLとジャンル別けするならしてもいいけど、高度だわ。いっさいそのケ抜きで読んで読めるし。

   「続きはこの冬発売と書いてある。出てるんじゃないのか、買って回して貰え」
   「おかーさん奥付読んで。それが最新刊。この冬って年末」
   「くうーッ! ヨーコさんにくれぐれもヨロシク!」
   というようなことがありました。

   わたし全然霊的なことに縁がなくて。見えなくて幸い。ホント。悪意も。いろんなモノが見えすぎる三角くんも、それゆえインチキ占い師でも霊感はちゃんとある迎くんや、もっと凄い力を持ったがために悪用されてそれをけろっとこなす呪殺者エリカちゃんにも懐かれて、とっても大変だけどこれから賑やかでほっとする日々が待ってるといいな。その妙にポジティヴでオープンなところはおかあさんが育んだんでしょうか。幸せになって欲しい主人公でした。

   そして、
   「『落語心中』はどうした!? あれアニメすげーことになってる!」
   「ごめーん忘れた」
   ヨーコさん直接蔵書借りに行ってもいいですか……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤギのおしごと 今年もよろしく篇

   6月まで契約延長が決まって胸を撫で下ろしているおかあさんです。のべ2箇所からお給料貰ってたてんで確定申告デビュウもいたしましてもうすっかり働く女性になっています。やっぱ女性の自立は経済的自立からよね。

   さてそんな年度末、虎美もおうちに帰ってきて今日は何喰わそう、お土産は何持たそうと気もそぞろな出勤時間、ハマーツェントルムの駅前大駐車場脇に一本だけある桜の木が道の脇の方から咲いてきて、おお今年の花見はここですまそうと思ってふと眼をやったら。

   白い三角なーに?

   それは去年もあったヤギ小屋では?
   まだ法面は枯れ草色が8割、雑草を刈る必要なんてなさそうですけど、去年ここにヤギを放していたときの掲示では4月~10月と書いてあったような。3月末と言えば4月はもうすぐ(とうぜん!) 、もしかしてまたヤギ投入の前準備としてヤギ小屋の資材だけ持ってきて配置してあるのでは?

   おかあさん色めき立って、もう通勤の行き帰りに首を伸ばして駐車場をチェックいたしましたよ! 

   柵に取り付けてあった掲示は去年ヤギが帰ったときの「11月17日をもってヤギは富山の牧場へ帰りました、ご協力ありがとうございました」のママでしたけどね。

   そして週明け4日、その話をしたランチ仲間の熟女達が、帰りのエスカレーターから身を乗り出して叫ぶではないですか。

   「さおとめさーん! ヤギ居たよ!
   ……おかあさんどんだけヤギ好きと思われとるねん。いや、おかあさんが嬉々としてランチの話題に乗せたからと言ってチェックする熟女の方もお付き合いがいい!

   (心は)ダッシュで駐車場に向かうと、もう日も延びてまだまだ明るい中、ヤギがのんびりひなたぼっこしていたのでした! もう携帯出して写真撮る取る!

   それから東京は(ハマーツェントルムは一応東京都下!)雨が降ったり曇ったりでヤギも濡れて可哀相だったのですが、あんまり気にしないで伸び始めの柔らかい葉っぱをむしゃむしゃやっているみたいです。どうぞ今年もよろしく。今の事業は来年3月まで牛のよだれのように続くそうなので、おかあさんもがんばる。

   とりあえず今週は応募締め切り前のラッシュだと思うから。
   政府系の公募のコールセンターやってると、地味にお役所というのは国民の皆さんにお得に仕事を営んでもらえるよう頑張っていると言うのが解ります。こないだのところなんて、どんどん運用かえてまでご申請者様に損がないようにベストを尽くしてたもんなあ。そこをせっかく取った予算が無駄になるからと思うとアレなんで、国民の皆さんにお金が行き渡るように頑張っているとわたしは思いたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月24日 - 2016年4月30日 »