« 「桜の国から・霧の国へ」 ちょっと待ったーッ! | トップページ | 主旨は藤田和日郎上げということでいいですか? »

2016年12月17日 (土)

発表! 2016年のコミック!

   さてもう12月も残り半分。お給料が出たら張り詰めてたものが切れてしまってうっかりやすんでしまったおかあさんを2016年もっともきゃう~ん! と言わせたコミックは!?

   

「彼方のアストラ」篠原健太 でした!

   昨年に引き続きネットコミックからの選出です。もしかして「野崎くん」もだから3年連続?
   時代に取り残されてる感を感じてましたがまだまだ乗ってます、乗ってます!?

   ジャンプの公式ネット公開サイトで、完全新作の毎週公開です。クオリティを維持するために、書きため分が無くなってからはストーリー部分と4コマ箸休め部分が交互になってしまいましたが、それでも毎週更新だからイマドキとしては充分でしょう。

   一度ご紹介しましたが、宇宙に展開している近未来の地球の高校生達が学校のキャンプで訪れた惑星でなぞの現象に巻き込まれ、5千光年の彼方へ移動、なんとか宇宙船は見つけたものの、物資が足りない、通信できない。ほぼ初対面の9人のサヴァイヴァル、という、「15少年漂流記」と「11人いる!?」をまぜこぜにしたような設定。
   ただのサヴァイヴァルでもきついのに、学校側からのチャレンジとして帯同したメンバーの義妹が聞いた謎の言葉から、この班は「一斉殺処分」にされる予定だったのではという疑惑を彼らは共有することに。ドロドロでギリギリの大冒険になってしまった9人の行く末は!?

   親の側からの事情も描かれ、同じ高校の生徒以外にもこのメンバーの共通点:一斉殺処分されるべきなにか、があるのではと思わせます。もう、その辺がウマイウマイ。あとになってみれば、これも伏線、アレも伏線。

   それでも、高校生の男女が一緒に生死を共にすれば、憎み合ったり疑い合ったりばかりではない。お互いのこころの傷を見せていたわり合ったり、乗り越えて輝いて見せたり、もう、青春っていいわねぇ~としみじみ。

   青少年向けっていうのはね、こういうの、こういうのを言うのよ! おっぱいの大きい女の子だしとけばいいってんじゃないの! 出てますけど。すごいリアルなグラマァーさんだけど。でも恥ずかしい、わたしなんかってむっちり系内気な女の子のたたずまいがほんとリアルぅ~。そんでもって頭がよくてきびきびしていて、トロトロウジウジしている人間が許せない系、もちろんルックスもAクラス! の女の子もまたリアル。この年頃だといるよね、無駄に尖ってる。おかあさん無駄ってそんな。でもこの年になると思うもの。あなたそんなにツンケンしててどうするのって。自分もそうだったなあと思うともう埋まりたいけど、それはやっぱりあの年頃の女の子としてはあるんでしょう。

   そういうああ~セイシュン! な感じがもう必読と思いましたのよ。うん。買わねばなるまい! 

   

|

« 「桜の国から・霧の国へ」 ちょっと待ったーッ! | トップページ | 主旨は藤田和日郎上げということでいいですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64636147

この記事へのトラックバック一覧です: 発表! 2016年のコミック!:

« 「桜の国から・霧の国へ」 ちょっと待ったーッ! | トップページ | 主旨は藤田和日郎上げということでいいですか? »