« 漫画原作者のサヴァイヴァル | トップページ | ミスター ホワイトストッキングス »

2016年11月12日 (土)

昔話をしよう

   えーとね、いちおーおかあさん進学校でしたんで、英語はちょっと軽い物を読むサイド・リーダーってのがありました。英語の小咄集。

   「とある村で、お祭りの日のために村人が少しずつ葡萄酒を持ち寄って樽に集めておいて、お祭りの日にそれを開けて皆で飲むことになった。ところが、あるひとりの村人が、悪巧みをした。自分は葡萄酒ではなく水を入れておこうと。何十人もがひとり一杯ずつ持ち寄っているのだから、一杯ぐらい水でも構うまい、そう考えて、彼は樽に分量の水を注ぎ入れた。さて、お祭りの日、お祝いの言葉を述べたあと蓋を開けて村長がそこから一杯くみ出した。……かれが口にしたのは純粋な水だった」

   えーっこれ笑い話なの? 道徳の副読本でやるべき内容じゃないかしら。現代の理想的な共同体は自制心を弁えた理性ある市民に拠ってしか運営され得ないとかそういう話じゃないの?

   ……てなことをアメリカの大統領選ニュースを見ていた思いだしたおかあさんです。おれ一人ぐらい水を入れてもいいよねってみんな思っちゃったのね。

|

« 漫画原作者のサヴァイヴァル | トップページ | ミスター ホワイトストッキングス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64483718

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話をしよう:

« 漫画原作者のサヴァイヴァル | トップページ | ミスター ホワイトストッキングス »