« 自動昂揚装置? | トップページ | 春暁オフ番外2開催しました »

2016年10月14日 (金)

「あかぼし俳句帖」 身を切る刺激

   波多利郎さんからお宝と共に到着。「あかぼし俳句帖」原作有間しのぶ作画奥山直。

   昔取った杵柄でなんとか某自動車会社の広報部に在籍しているバツイチの痛いオジサン明星啓吾さんは、行きつけの小料理屋で出会った若い美人の女流俳人水村翠さんに釣られて俳句を始めることに。最初は邪心99%だったのに、こてんぱんにけなされるうちにどんどん句心に目覚めて、なかなかな句を詠むようになり、俳句の結社に顔を出すようになっていくのでした……。

   オジサンの痛々しさが見ていられなかった導入をなんとか過ぎると、俳句というもの、創作の世界の厳しさ、しかし他で得られぬ高揚感、充実、達成感を読んでいるこちらも味わえるようになってきます。ただ見過ごしていた世界が、自分で再既定しよう、自分の言葉、感覚で切り取り直そうとしたときには一気に姿を変える様、なにをもっても捉えきれないもどかしさ、自分が感じたその時のキラキラはなんだったのか、まさしく、「なないろ軌跡をつかみかね」る悔しさ、俳句と短歌で土俵は違うものの、明星さんの昂奮と失意はわたくしの感じたものに同じです。

   それにしても、これを読んでわたくし娘に対する尊敬を新たにしました。いくら部活だからって、あの「句会」を毎度毎度やって曲がりなりにも3年生きてきたなんてすごい。それも、自尊心が感度MAXな女子高校生としてだよ? ああ、わたしが作中の人みたいに批評されたら3ヶ月は立ち直れない! なんだっけ、臆病な自尊心と尊大な羞恥心? 「山月記」の! 娘よく曲がりなりにも学校行ってたよな(行ってません)。そしてよく切磋琢磨の日々を勝ち抜いた。ほんと、ドラちゃん尊敬するよ!

   かすめたるなないろ軌跡掴みかね
    しかと描けぬアウロラの貌(かほ)    舞音(再掲)

|

« 自動昂揚装置? | トップページ | 春暁オフ番外2開催しました »

コメント

ご無沙汰です。久々に訪問しておかあさんのマシンガントークに受けてます。秋の地元イベント花盛りですね。

投稿: くし | 2016年10月19日 (水) 17時31分

 おひさです。おたのしみいただけたなら何より。それよりくしちゃんの経験上、七重八重とか九十九髪以外に具体的数値として王朝和歌にでも近代短歌にでも詠まれた実例はあったの~~~?(ただ今悶絶中) 

投稿: まいね | 2016年10月20日 (木) 22時28分

 そういえば、数字の歌がまたあった。

 小春日に温湿度計は今日もまた
  6時5分をかたちづくれり

         舞音

 これは大塚女子大学同窓会報にも掲載されたけど、近代和歌としてだろうなあ。あの、上が温度計、下が湿度計になってそれぞれ針が示すアナログのもの。だいたい15度、50%ぐらいのとき、遠目には6時5分ぐらいに見えたの。ただそれだけ。なんの思索もない叙景。

投稿: まいね | 2016年11月19日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64344867

この記事へのトラックバック一覧です: 「あかぼし俳句帖」 身を切る刺激:

« 自動昂揚装置? | トップページ | 春暁オフ番外2開催しました »