« プロジェクトS始動 | トップページ | おかあさんの外道! »

2016年9月 3日 (土)

本日の暴論 黒喪服をぶった切れ!

   というわけで嫁入り桐箪笥みんなあけちゃう♪ ツアーをやって来たわけですが。

   「この段は喪服だ。活田の女紋、ハート3つの片喰紋入りで夏冬両方作ってくれた。……まだ着たこと無いけどな」
   当分というかこのご時世永遠にないのでは。随分前に大おばあちゃまが亡くなられたときも、
   「大○(老舗百貨店)へ行ってブラック・フォーマル買っていらっしゃい」だったから。東京(神奈川です)に出てきてからも、お葬式帰りとおぼしき女性はイロイロ見かけるけど、みんなスーツというかアンサンブルで、お着物の方ってお見かけしないし。

   ちょっと前、ミセスのフォーマルは黒留め袖だったのを、着るのが大変だからとロングドレスにリフォームするのが流行っていて、たしか弟のお嫁さんのお母様も結婚式にそれを着ていらして「ふーん」と思った覚えが。

   黒留め袖って、模様は裾模様で、あんまり全面に絵画的に拡がってる感じじゃないから、別にロングドレスにしても残念感はないですな。ドレスって言っても、お年頃的にも、元々の布地の量から言っても、裾の拡がったお姫様ドレスにはならないからまあもとの絵も見られるというかまるきりなくなって残念ってほどじゃあないし。黒留め袖にするような反物なら物はいいはずだから、ドレスにしたってそりゃみすぼらしくはならないけど。

   やっぱなんか、「簡便にしました、それだけ」って感じがします。まあ、目立っちゃいけないんだけどさ、結婚式ではさ。

   どっかで見かけた画像では、友禅の絵付け師になった娘さんがプレゼントしてくれた彼女の作品を、お着物にしてもそうそう着ていくところはないから、とお母様がアンサンブルに仕立てたってのがありました。娘さんが精魂込めたであろう百合の花が、胸元に持ってきたはいいけど洋服の裁断をすることで無惨にぶった切られていて、それはないだろうととっても残念に心に焼き付けられております。もうちょっとなんとかならなかったのかと、ほんと、夢にも見るよ(見ません)。

   だってさ、友禅は、和の英知! いっぺん白い生地をお着物のかたちにある程度仕立てて、着るときのかたちにしておいて、その状態で一枚の絵になるように絵を描くんじゃないですか(山村美紗ミステリの知識でしゃべるやつ)。お振り袖とか、留め袖とか訪問着とか。それを、洋服にするからって無理矢理にあの細い反物に型紙置いたら模様もくそもなくなるのは道理。そりゃ無理だってば。

   だからさ、いまどきお葬式にお着物の喪服着るのもないんだったら、たんすのこやしの喪服こそをアンサンブルにリフォームすればいいんじゃないの? 黒一色→黒一色。模様的になんの障害もありません。夏のお葬式に絽のアンサンブル。涼しげでよいわ~。

   じゃあー隗よりはじめよ、手前の喪服をリフォームしろよって言われたら……ちょっと待って、もしかして旦那の親戚にそういうのにうるさいひといるとやばいから。

|

« プロジェクトS始動 | トップページ | おかあさんの外道! »

コメント

あちらのお姑様から、嫁に来る方へのお支度として、と言われて、喪服の一揃いをいただきました。もちろん、一度も手を通したことがありません‥ご丁寧に帯や草履には名前が入っているのです。どうしたものかと思いつつ、ずっとタンスの肥やしです‥

投稿: とむ影 | 2016年9月 4日 (日) 20時19分

 うわー名入り。凄いなあ。なんて贅沢、羨ましい……?
 わたし、母が亡くなって、母もどこからか形見分けで貰ったという喪服が一揃えあると聞いてるから、母のでも、その一揃えでも、とにかく貰った喪服が手に入ったらそれをリフォームしちゃえという野望を抱いていますが、自分の母を見送ったらもう葬儀はない……? いやそうでもないかな、どうかな、それより、昔のひとの喪服じゃあどれだけ頑張ってもこの巨体が入るアンサンブルにはならない?
 非常に悩ましいところです。
 朝ドラ「カーネーション」のヒロインの大島紬改造もんぺみたいにはもとの和服には戻らないでしょうから、結構決断力がいりますね。

投稿: まいね | 2016年9月10日 (土) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64150699

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の暴論 黒喪服をぶった切れ!:

« プロジェクトS始動 | トップページ | おかあさんの外道! »