« おかあさんの外道! | トップページ | 虎美さん出世(?)する »

2016年9月20日 (火)

紳士的にあらざる話 (とあるミステリのネタバレ含む)

   おかあさん今日は風邪をこじらせて早退です。喉が痛くて、オープニングトーク、
   「お忙しいところを恐れ入ります、皆様の○○銀行コールセンターより早乙女がご挨拶させていただいております。おそれいりますが、株式会社▲△様でございますでしょうか」というようなご挨拶がちゃんと言えない、途中で咳き込んじゃうので、ゴメンナサイしておうちに帰してもらいました。お医者に行って、ギリギリ午前の部がアウトでご飯先にノイエ・リリエンベルクの立ち飲みコーヒーのお店で食べて、午後一で診て貰ってお薬処方してもらってあさごパン買ってうちにたどり着いて洗濯機回したとこ(ここさらっと伏線)。

   ええと、そんでもって、女性の下半身のお話になりますので、お集まりの紳士淑女の方で、そういうお話がイヤだわ、という方は、またこのおばはんはなんかやらかして、自分の至らなさを知ったんだなと、そういうところだけ察しておかえり下さい。毎度お品がなくてゴメンね。

   その昔の(もう昔になっちゃったよ!)ミステリで、
   「なんで犯人はわざとこの被害者の首を斬ったのよ」というホワイダニットに、
   「犯人は結核でうっかり犯行の時吐血しちゃったのよ、血を調べられたら犯人もばれちゃうから隠すために被害者の首を斬っちゃって血を上から被せてごまかしたのよ」ってのがあって。

   なんだってー ΩΩ Ω 彡

   って解決篇だったと思えば、それがまたさらに真・解決篇で

   「そうと思わせて実は女性の生理の血だったのだよ! だから犯人は男装の麗人であるあなた!」ってWどんでん返し……って作品があったと思いねえ。 いやあったんだよ。すげーなイキナリネタバレしたよこのおばさん、そんでもってもっとバラすよ。ごめんいやな人は***まで飛ばして。

   「そーいえばなんか女性がもう1人いるっぽいこうなんかスッキリしない表現があったわ」とは思ってたけど。そんでもってそうじゃない女性は妊婦とご老女で。もしかして女性の……って可能性もと水面下で思っても、
   「! ねーわ」となるようなキャスティングでね。どう、フェアでしょ? ってどや顔うざい。その当時どや顔なんて言葉ありませんでしたけど。もうね、アッとしてやられましたけどね、ナルホド、こういう経緯でこうきたらそりゃ犯人の気持ちも解るわーちゃんと地の文でいろいろ語ってたわーって後から思ったけどさ。

   こういうトリックを使うために女性の生理まで題材に使うかって、そりゃ、ミステリにはもっとなまなましい欲とかエロスとかグロテスクは描かれますけどさ、引いたわ。

   「イマドキ生理用品がこんだけ発達してるのに、床まで垂れて拭いてられないほどモレるか!」と悔し紛れにすっごく突っ込んだんですけどね。それは、フィクションに対して野暮でしたね。でも、やっぱ、新本格をヒョウボウするならそういう方向の生々しさは切り離して欲しかったなあ。かえって、夏樹静子とか山村美紗の方が、使いそうで使わないトリックかな。いっくら男と思わせて女ってトリックを活かすとはいえ、ねえ? お下品じゃないのよ。

   ***(ミステリのネタバレ終了) 生々しい話に入ります。***

   なんてことを常々思ってたおかあさん、本日お医者さんで長く待ってる間にやっちゃいました。診察室から出たら、看護師さんが絶句して、
   「あなた! スカートの後ろが汚れてる!
   ……日本の高性能な高分子吸収体でも吸収しきれないモノがあるのでした。
   えーん。自分が座ってた席に戻ったら、やっぱりぽつんとシミが。慌ててトイレに駆け込んで、ティッシュを湿らせてトントンして来ましたけど(断らなかったけど、とりあえず触って何も付いてこないレヴェルまでにはしてきた)。自分は雨降ってるのでレインコート持ってたから、もうその場で羽織っちゃって隠して。

   お仕事仲間の熟女に最近ひそひそ情報収集してみたところ、女性の卒業間際というのは、ことに子宮筋腫とか持ってると、想像とは逆に出血が多くなって市販のモノでは間に合わないことも多々あるそうです。
   「わたしの姉は猟奇殺人があったかと言うぐらい敷き布団が血まみれに」
   「わたしはソワレ用をマチネーにも使って」
   「☆☆☆の40サンチ級がもうすごくいいからそれおすすめ」
   「どこで売ってる?」
   どんなことばを使っても内容は血まみれ。どうもすいません。

   というわけで、20年経ってからおかあさん懺悔します。

   ごめんよ×××、あのトリックはアリだわ。

     

|

« おかあさんの外道! | トップページ | 虎美さん出世(?)する »

コメント

 書いた後調べたら、けっこーこのトリックは「女性に怒られるだろう」とか、「女性のわたしが突っ込みますけどありえない」とか突っ込まれてました、はは。

 ものが生々しいネタだから読んだ方も気になっても口にできなくて、だからトリックとしては破綻してるけど突っ込まれないってのは、狙ってやったとしたらそれはほんと卑怯だな。結果的にそうなってるだけだと思うけど。

 

投稿: まいね | 2016年9月20日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/64230887

この記事へのトラックバック一覧です: 紳士的にあらざる話 (とあるミステリのネタバレ含む):

« おかあさんの外道! | トップページ | 虎美さん出世(?)する »