« 第4回春暁オフ開催しました | トップページ | FROM コールセンター TO けっこう仮面 »

2016年5月26日 (木)

「彼方のアストラ」 血湧き肉躍る

   あんまりCMしつこいから見ちゃった。

   「スケットダンス」の篠原健太、今度はSFです。ネット公開のジャンプ+で5月から新連載。今3話目まで見られます。「彼方のアストラ」。

   時は2061年。ケアード高校の恒例行事は見知らぬ惑星の大自然の中で5日間のキャンプ、引率の先生はかれらのチームを惑星に下ろしたらすぐ離れて5日経たないと迎えに来ない、一度行ったひとは忘れられない楽しい行事のようですが、結構大変そうです。保険一杯掛かってるんだろうな。ヒロインは1Pめから名を呼ばれたらお返事という漫画の基本のような登場のしかたのアリエス。天真爛漫なかわいこちゃん。いきなり空港でトランクの中身をぶちまけたり、肩掛けカバンを引ったくられたりと生きてるだけでイヴェント(トラブルって言ってもいーい?)を起こしてくれます。荷物をひったくりから取り返してくれた熱血ちょっと思慮がたりないかもでも過去に辛い経験有りくんがヒーロー、カナタ。これがまた直情径行ぼさぼさ黒髪の正統派ジャンプヒーロー。空港に集まって点呼、これから5日間(?)を一緒に過ごすみんなの紹介が……なくて(オイ!)。

   惑星マクパに降りたって、先生が行っちゃってから事件は起きるのだ!

   ……「11人いる」の原画展みたあとにこれだからイヤでも意識しちゃうな。やっぱりご時世ですのでメンバーは男女半々。これから大人いない装備ない水食料ないのナイナイづくしのSFサヴァイヴァルが始まるのでした。ちょっとほんと大丈夫なのキミたち!?
  ヒーローは平時には使えないし(ピンチには凄いよ!)、れーせーな天才君はでしゃばらないし、残念イケメンは篠原クオリティで笑っちゃうし、それぞれの個性がすぐに出てきて解りやすい。「スケットダンス」の実績があるから学園物としても期待が持てる。絵も達者だし。

   これは楽しみですねえ。やっぱさ、少年モノは健全にハラハラドキドキしたいよ。先どうなるのか楽しみたいよ。本誌でやれよって感じだけど、まあ、拝見しましょう。以後ヨロシク。

|

« 第4回春暁オフ開催しました | トップページ | FROM コールセンター TO けっこう仮面 »

コメント

 そーいえば前作「スケットダンス」はアニメ化もされたし、打ち切りにもならず島流しにされもせず、風呂敷畳みきってちゃんと高校卒業に合わせて終わったのに「ジャンプで円満な終わり方をした漫画」扱いされないのは何でなんだろう???
 いままで頑なにしゃべることを拒んできたスイッチがまさかの答辞代理、自分の声で思いの丈を語る堂々の最終回でおかあさん爆泣だったのに……熱血系青春学園物はもう20世紀で死に絶えたのかのう。

投稿: まいね | 2016年7月17日 (日) 01時17分

 いやほんと毎回面白いよ! もともとネタの作り込みとか名前の小ネタとか伏線回収とか毎度凄い人だったし! 血湧き肉躍ってるよ!? なんで話題にならないの!? 

投稿: まいね | 2016年7月27日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/63685600

この記事へのトラックバック一覧です: 「彼方のアストラ」 血湧き肉躍る:

« 第4回春暁オフ開催しました | トップページ | FROM コールセンター TO けっこう仮面 »