« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »

2015年7月14日 (火)

ご清潔な話

   おかあさんの最近の趣味はもっぱら歴史系の掲示板のまとめサイトで濃い話をのぞき見させて貰うこと。わりとよくあるのが「歴史のトリヴィアを紹介する」系。

   「マリー・アントワネットはきれい好きだったので一ヶ月に1回も入浴していた」

   うわー。まああの時代のヴェルサイユならそれでも「きれい好き」な方かもねーと読み進めると、
   「良いネタだが表現の仕方が惜しい。そこは『1年の間に12回も』と言うべき」ってツッコミが。
   ……さすがですわ。

   ところがですねえ。引越のときに出てきた名香智子が描いた講談社文庫の「皇妃エリーザベト」では、マリー・アントワネットの実家のそのハプスブルグに嫁いだあの心は自由人の悲劇の皇妃シシィたんが、風呂桶にお湯を張ってお湯に浸かりたいと言って「なんたる破廉恥」とバッシングを受けておるのですよ。
   同じオーストリア・ハプスブルグなのに100年かそこらでなんで退化してるのよ。やっぱそこはナポレオンの時代を経て揺り戻しが色々あったのか知らん。
   どっちでもいーや、面白ければ、と思ってしまうおかあさんは歴史研究者には向いてないと。

   香水の歴史をどっかでざらっと読むと、昔は風呂に入れない体臭隠しと、異性へのアピールとで、ムスクとかの動物系、色っぽさ重視の香りのお洒落が主流だったのが、マリー・アントワネットはひとり草花の香りを好んで、それ以来花の香りの香水が定着したとか聞きます。それも、お風呂好きとかいう話と結びつけると、ナルホド、消すほど臭くなかったからのフローラル趣味、と頷けてしまいますことよ。

   明日も暑そうなので、ひとっ風呂浴びてデオドラントも念入りにして、頑張って稼いできます! お集まりの皆さんも気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

恥ずかしい一族

   

これは内緒よと言われたら我慢できないのが人のサガv
   虎ちゃんも母ブログで近況チェックしてもこれはオフレコでお願いします。

   実家の老父が心筋梗塞で入院中だそうな。
   「最近胸が苦しいって言ってたから、かかりつけのお医者さんに紹介状を書いて貰おうって話になってたの。それでも土日は大丈夫だったからって一日延ばしにしてるうちに、月曜あたしがお出かけしてるときにぐあい悪くなって、お隣のかたに付き添って貰って市民病院まで行ったところが、そこで緊張が切れて倒れて緊急手術になって」
   ああ、お嫁さんが桜フィナンシェのお裾分けでゴキゲンで挨拶してきたあのお隣ね。またなんか菓子折持って帰ろう。
   「ところがおとうさんったら、先生、儂はもう十分生きた、ここで死なせてくださいって大見得切って。カテーテルやら鼻から挿管やらそこら中管まみれの姿で手術はいややってワガママいってんて。わたしおかしいておかしいて」
   おかあさんそこ笑うとこちゃうよ?
   「執刀医の先生も怒ってしもて、手術いややと仰る方に手術できませんから奥さんよく話合ってくださいって部屋出て行かれてしまってん。もう、大笑い」
   最近増えてるんでしょうねこういうカッコつけジジイ。まあ、術後のクオリティ・オヴ・ライフ考えたら延命手術は不要って見識もあるかもなー。うちの父熱血社員だった頃盲腸こじらせて1年病院ぐらししてるから入院イヤなんだろうな。
   それが結局手術して入院中とのことですから、無駄なパフォーマンスだったようで、もう市民病院の名物患者になっているそうです。

   あーあ。まあ、生きててよかった。
   この夏こそは帰省しないといけませんね。大丈夫、活田家はしぶといから。長生きするでしょ。
   ちょっとびっくりしたけど、母はうるさい旦那がいなくてメリーウィドウ生活を先取り(オイ)しているそうです。ほんと、虎より凄い老女。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »