« 2015年5月31日 - 2015年6月6日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »

2015年6月13日 (土)

「普通に」って褒め言葉があるか!?

   ええと、ちょっとした連想から、
   「もやしもんの石川雅之はふつうにオッサンを描くのが巧い」と言おうとして、
   「ふつうに巧いという褒め言葉があるか、けしからん!」とセルフツッコミしてしまって。

   たしかに、普段ひとが「ふつーに~」と評価する文脈で使う場合には苦々しいまで行かなくも、それってどうよぐらいには思っていたのに、いざ自分がなにかを評価しようとすると使ってしまうという。おかあさんのダブルスタンダード!

   じゃあそもそも「普通に~」ってどういう意味よ?

   ちょっと評価の別れるモノ、マイナス評価もあり得るものを自分で試してみて、そして出てくる言葉なんじゃないかと。
   たとえば、こないだ、月曜日、日曜の昼に大量に茹でたおそうめんが余っちゃって、冷蔵庫で一昼夜明かしたのを、夕食のときにお兄ちゃんは麺食いだから、
   「いいよおれ食べる」というのを、おかあさんは一日経ったものを過熱しないで食わせることに抵抗があって、
   「待て。焼うどんや炒めビーフンのようにならないかやってみる」と、ツナ缶と残り野菜で炒めて、塩胡椒にちょっと醤油なんか掛けてみたら、なんとか様になって。

   「ああ、普通においしいよコレ!」

   おにいちゃんが言ったんじゃなかったかしら。

   と、こういうシチュエーションにふさわしいかも知れない。

   ということは、状況として、低評価であることも予想される場合に、そして、優しさとか場の雰囲気から婉曲表現やお世辞がありうるという状況において、それを必要としなかった、文字通りの、素直な反応の言葉として「特別気を遣ってない」=「普通」なのかも知れません。

   となると、辞書的意味というか言い換えでは「文字通りの意味で」ぐらいでいいですかね? やっぱりオオゲサというか文字数多い感じになりますか。そういう簡便さも含めて、「普通に」というのは使い勝手がいいということでしょう。

   ということで、いろいろ思ったまま、見たままを表現するのが難しいご時世、だいたいにおいて複雑化しておって、見たままであるもの(ちょっとスゴイものを食材にしておるとか。一見○○、でも■■であるとか)が少なくなってきておるご時世を反映した言葉と見ましたが、いかが?

   そして冒頭に戻る。石川雅之は、文字通りオッサンを描くのが巧い漫画家であります。あのモーニングの無料サイトで公開されてるトルコ共和国との友誼を描いたお話ご覧になった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

おとうさんに捧げるフォネティック・コード

   とあるコールセンターに仕事を見つけたおかあさんです。今日も頑張って工務店のおじさまたちにとあるご案内を差し上げています。電話口で型番をうかがうのに四苦八苦したり、お尋ねの「基本計画書」というのが見つからずに往生してSOSを出したら「それってリフォーム計画書のことじゃ?」と上役さんに苦笑いされたり。

   「これはフォネティック・コードを活用するに如かず!」とネットの海に探しに出ましたよ。

   フォネティック・コードというのは通信の状態の悪い中でも確実に情報をやりとりするために定められた文字の送り方です。「アルファ、ブラヴォー、チャーリー」といえば「A,B、C」のこと。アルファベット全てと数字にあります。五十音にもありますよ、当然。「いろはのイ!」

   役に立つ立つウィキペディア、ところが、さっそく全部覚えたはいいけど、これって決めたの向こうの人だから、向こうの人にとってすぐ思い当たるモノであって、昭和のひとであるおかあさんにはちょっと。ブラヴォー、チャーリー、デルタにエコーまではいいとしても、Fがフォックストロットってどうよ? ダンスに詳しくないとちょっときついのでは?(これは現代では流石にフォックスでいってるところもあると脚注付いてたけど)
   Lのリマ、Qのケベック、Sのシエラ、Zのズールーってなんやねん!? 昭和のひとにはちょっとなじみがないんじゃないかと思いまして、お互いすぐ解りそうな題材で、勝手に作りました!

   おとうさんに捧げるフォネティック・コード! (余計なお世話や!)

   A エースのA
   B ブレーブスのB バファローズのB
   C 広島カープのC
   D ダイエーのD 
   E エネルギーのE
   F ファイターズのF
   G GパンのG
   H ヒットのH
   J ジュリ~~~! のJ
   K 時速250キロのK
   L 大きいサイズのL
   M マリリン・モンローのM
   N ナポレオンのN
   O オスカル様のO
   P パパのP
   Q クィーンのQ
   R ルーフのR
   S セーヴのS
   T タイガースのT
   U ユニフォームのU
   V サインはVのV
   W 早稲田のW
   X エックス線のX
   Y ヤンキースのY
   Z マジンガーZのZ

   ……なんかプロ野球縛りかっていうぐらい在りし日の日本プロ野球ネタになってしまいましたけど。ホントにプロ野球縛りで行くならHはヒット、Kは三振、Oはホームラン王のOになっちゃうんですけど、さすがに自重。

   得々と披露したら、お兄ちゃんには「マジンガーZはないって!」といい加減にきいてたのにそこだけ激しく反応されてしまいました。ああ、イマドキならももいろクローバZか。「Kが三振って知らんって!」とも。Eは楽天イーグルスのEとは言いませんです。あれは毛ということにネットではなってるらしいし(オイ)。

   楽譜の世界でも、キリの良い段落(!?)で練習を切ったりするために所々、アルファベットが振ってあったりして、「次はそこのMからやります。マリアのM!」とか仰る先生がいて、ナルホド便利だのうと思っていたのですが、
   「Eからやろう。Eの音とって」と指揮者さんが言うのに、ぼんやりしてた練習伴奏者のおねえさんがキーをたたいたらなんだか楽譜と違う音で、

   「それホントにEの音?

   「E(ドレミのミの音)だって!」

   なんてこともありました。やっぱり思っていることを明確に伝えるのは難しいみたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年5月31日 - 2015年6月6日 | トップページ | 2015年6月14日 - 2015年6月20日 »