« 2015年5月10日 - 2015年5月16日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »

2015年5月30日 (土)

この母ありて

   旦那様は多忙でうちに寄りつかず、虎美が金沢のおじいちゃんちに下宿してしまって、母子密着度のたかまった早乙女家です。今日はバス代節約のため朝お兄ちゃんと駅まで歩き、帰りも
   「今ノイエ・リリエンベルク着いたところだからいっしょに買い物して帰ろう」となんとまたお兄ちゃんといっしょに歩いて帰って来ちゃったのでした。いっぱいお話しして息子の今まで知らなかった一面をいろいろ知ることができて新鮮な毎日です。

   「登校中に自転車を漕ぎながら『魔王』を歌いたいんだけどドイツ語の歌詞が解らないんだった」とこないだボソっと言うに至ってはもう絶句。

   ……シューベルトの「魔王」ってまだ必修鑑賞曲だったんだ?

   母は中学の時にはまって聞いて、当時仲良かった子と音楽の資料集に載ってた潰れそうな印刷の楽譜を判読してどうしようもない文語の訳詞で歌ってましたけどね。バリトン独唱曲を歌って遊んだりしてるからどんどん声域がアルトになるんだ。しょうもない。友達の方はピアノを独学でちゃらら~んとひいちゃう子だったのであのおどろおどろしい伴奏をさらっと弾いてキャー! とマンマ中学生ノリをしてました。ものがクラッシックなだけで。

   そんでもって昔掘った貝塚(おかあさんソレ違います)、お皿を洗いながら朗々と
   「かーぜーのーよーに~うーまーをーかりー♪」と歌う母の姿をみて育った豹太は、
   「なんだか知らないけどこの曲好き」と思うようになったらしいですな。そう言えば中学生ごろにも言ってたわ。
   そこは、
   「そんなもんじゃなく『弱虫ペダル』の曲ぐらいにしておけ」などとはつゆも滲ませず。
   「調べといてやろう」と言ってのっそりとパソを立ち上げたのでありました。

   ありましたわ。今は凄いね。ネットになんでも転がってる。
   いくつかのサイトのドイツ語原詩を開けて見て、ユーチューブでテロップで歌詞つきでその曲を歌ってる画像を開けてエンドレスで掛けながら、自分も記憶の中の訳詞を唸りつつ、時々エキサイト翻訳で言葉の意味なんか確かめつつメモ帳に作りましたよ。

   「カタカナで歌える魔王:豪傑訳付き 母の愛は海よりも深いスペシャル

   外国曲に歌詞を乗せるための奥義、拍に母音を合わせるタイミングに合わせた分かち書きで、もう、いっしょになって歌いながらの渾身の力作です。

   プリントアウトする環境はないから、USBに入れておにいちゃんのパソコンの上にこっそり置いておこうと思ったらまだ起きてました。

   「なに、そんな暇なの!?}
   「いやせっかく豹太が声楽に興味を持ってくれたから」

   翌朝おにいちゃんUSBを返してくれながら、
   「……母のノートが学生時代便利がられたという意味が解った」としみじみ言ってくれました。ううん、あんまりそんなこと言われなかったよ♪ 
   「やっぱドイツ語って英語に似てるね」
   「ああ、うん、アームがアルメンでな」
   「父がファーターで」
   そういう会話も出来て楽しいの。お馬鹿大学で理系のお兄ちゃんは第2外国語取らなくていいらしいので。語学に学生時代を捧げてしまったおかあさんとしてはつまんなくてしょうがなかったの。

   でもとっても楽しかったからここに書いとく♪

   ♪ ジー  ヴィーゲン ウント タンツェン ウント ジーンゲン ディヒ アイン
   (うたっておねんねもさしたげる)

   しかし「わたしはおまえを愛してるのだよ」といって少年をさらいに来る魔王の歌詞については、いいカンジに腐ってきた虎美とも盛り上げれそうだと思ったおかあさんでした。いやー健全な中学生の時には思いつかなかった視点(原詩を知らなかった)だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

お宝を見てきました!

   日曜日、波多利郎さんのお誘いで「出張! なんでも鑑定団」の収録を観覧してきました。

   「車で拾いに行きます」とライン連絡を受けておかあさん今度こそとYahoo!の乗り換え案内で集合場所に着く時間を3通り設定してみましたね。その時間に余裕で間に合う時間だけ見てたんじゃダメ! 最悪どの電車に乗れれば間に合うかも見ておくのが遅刻(しない)の達人への近道! 
   今回は待ち合わせ9分前、11時21分を設定して、最悪10時までにノイエ・リリエンベルクを発てばOKとの境地に達しました。うん。余裕。
   お天気もなんとか朝の段階では降ってなくて、留守番の旦那様に
   「降ったら取り込んで」と合い言葉か呪文のようにお願いして洗濯もバッチリ!
   だって旦那様最近出張続きで週末にしか帰ってこないのに洗濯物出さないで寝る(または会社に忘れてきてしまう!)というポカをしてくれて洗濯できなくて大変で、とうとうこないだ苦言を呈させていただきましたんで。こっちのみにもなれよ。
   虎ちゃんがいないので、もう平日は豹太と2人きりで食事も洗濯も楽々でほんとラクさせて貰ってたんですけどね。
   おかげで創作が捗る、この春から8本ぐらいピクシヴに投稿してたわ。平均で20枚だったけど、長いのも2,3本あったし。楽しかった~。

   で、無事波多利郎さんと合流できて、会場へ。1時からというのに1時間前の時点でもう会場待ちの行列が文化会館の入り口からちょっと伸びて角を曲がって長い辺にそってまたにょろりと伸びてふたつめの曲がってます! 相模原民お宝好きですね! 
   時間待ちの間花見の時に1,2巻貸していただいてて、続きを恋い焦がれていた「魔法使いの嫁」の新刊3巻を見せていただきました。うおーチセかわいい! ファミリアゲットだぜ!

   なにやら陽がさしてきてじんわり暑くなってきましたが、死なないうちに開場して中へ入ると、ばっちり2階席の真ん中が取れました! そしてごそごそと出してくるオペラグラス! 数日前おにいちゃんの部屋に顔を出したら無造作にキャビネの上に置かれていて、ああちゃんと向こうのうちから持ってきてたのね~とぼんやり記憶に残っていて、今日この日を楽むためには必要でしょ! とひっつかんで持ってきてたのでした。

   

オペラグラス仕事しました!

   バッチリお宝も、鑑定人の皆さんのお顔も綺麗に見えました。おかあさんこんなクリアな視界2年ぶりよ! ……眼鏡つくろう。

   ADの方が最初出てきて、ちょっとだけお宝が出たとき、本人評価額が出たとき、鑑定結果が出たときのどよめきの練習なんかして、でも、
   「要りませんね、ノリノリですね♪」と頼もしい声をもらって収録に入りました。

   面白かった。

   出てくるお宝も依頼人もそれぞれ物語があって、それを上手く引き出す司会者の話芸! さすがプロと思いました。
   「××はだめやって毎度いわれとるんになんで学習せんの!」
   「解った、ということは相模原の×××はクソ!」
   ……おかあさん恐れを知らずにヤジをとばしていました。
   最後の鑑定結果にはもうオレンジのタオルを回したかった! ほんとつり込まれて楽しんできました。

   うちに帰ってからも6人それぞれの鑑定の様子をお兄ちゃんと旦那様それぞれに詳しく語って聞かせて!

   ほんとーに楽しかったです! 波多利郎さんありがとうございました。

   どんな出張鑑定だったかは……放映日をお楽しみに。

   ……いや、うん百万のお宝と判ってもわたしはあの絵はいらんわ。ああいう色合い好きじゃない。そういう自分の好みも解って面白かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月10日 - 2015年5月16日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »