« 「西遊筋」 絶妙のアレンジ加減ッ! | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

2015年12月20日 (日)

Perfect Insider

   最近コミック・カテゴリ以外の話題がねーよ。

   娘帰ってきました。この辺の大学で出張集中講義があるので帰省を兼ねて選択して、そんでもって友達と忘年会的楽しみを盛り上がって、そんで年越しはまたおじいちゃんちに戻っておばあちゃんのおいしいお節を楽しむんだそうな。

   だーりん&豹太くんが金銭的事情とスケジュール的事情で帰省できないので、一家の主婦たるおかあさんは
   「お世話してあげてね♪」とおばあちゃんからの言葉で帰省の目が消えました。
   せっかく現在の勤務先チェリースタッフは年末28日から休日だというのに。
   ……たまにちゃんと大掃除しようか。目指せことしこそどん兵衛でない蕎麦で年越し

   虎美が帰ってきて、第1声ってほどじゃあないけど、
   「GATE読ませて!」
   おかあさんうっかり虎美の冬物送るときに
   「うう~んかさばるものばっかりで蓋が閉まらない~♪」なんていって、7巻だけ入れて1~6は入れ忘れて送っちゃって。
   「つかえねえ! いい! もう帰ったら読む!」ってことになってたのでした。

   そんでもって、虎美は自分が買ったジャンプの人気作とかは忙しいとかいって送ってくれなくて。おかあさんだって我慢してたんだからぁ! 殺せんせーの過去とか、ここへ来て新キャラの「絶チル」の松風くんの男性機能(オイ)の安否とか、闇墜ちしたライヴァル伊調の精神状態とか! どうなってたんだよう!? 悶絶する日々。

   1昨日の夜虎美が「え~シチュエーションわかんない」とかほざきながら1~6巻読み終わって、
    「ちょっと7巻! アアッ! それを宅急便にしたのはわたしッ!」と悶絶してる頃、ちょうど虎美の滞在中の着替えとそれらのコミックを詰めた宅急便が届いたのでありました。やっぱり全編にちりばめられた小ネタは解ってくれましたv。

   そんでもって、
   「母からはこのネット配信コミックでゲットしたおすすめ作品を見せてやろう!
   このおねえな男子が意外と男前な作品はLaLaの……」
   「あーッそれあたしも読みたいと思ってた! 広告でてたやつでしょ!」
   「やっぱり!?」
   「あたしからはこれッ! 腐った趣味の男子だけどホモないから! 腐女子のあるあるネタで!」
   「ああ、それ母も気になってた作品だけどさすがにいい年のレディとしてどうかと思って……」
   「BL作家のひとが婚した話は?」
   「読みたいと思ってた!」

   「やっぱりおかあさんは趣味ぴったり!」

   固く握手を交わしていました。

   いやね、趣味の本で盛り上がれる友達って身近にいないなーってずっと思ってやがて敦盛舞おうかって年ですが(昨日気付いて愕然とした!)、光源氏じゃないけど、自分のコドモをそういう風に教育して育成することも出来るんだなあって。嗚呼、親として人間としてどうよ。おじいちゃんゴメンナサイ。でも、萌えバナシを思いっきりぶっちゃけられて昨日は幸せでした。

|

« 「西遊筋」 絶妙のアレンジ加減ッ! | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

コメント

 あ、そんでこの項タイトルに付き解説。
 こないだまでやってたミステリ・アニメに引っかけてあって、ネタバレな内容だったので。もういいかな?
 「流血女神伝」にもある種描かれていて、ちょっと前の「QED」でもネタにされていた件。母娘は趣味が合えば友人になれるかもだけど、娘が母の理解を超えると母の愛はその足枷となる危険性があるという話。
 アニメでどう描かれていたかは知りませんがあの原作を読んだとき、「娘が母の計画に従わなかったときの母の対応」をとても恐ろしく思ったので。そんなに母性愛を信じてるタチじゃあありませんが、あれはさまざまな策を弄した上の奇跡の一瞬だったので、その時に娘が計画の通り動かなければ全てが台無しになるという瀬戸際。そこで、最高のリカヴァリーを行って彼女は目的を果たした、それがゆえの不可能犯罪であったのですが……わたしは「それ」を認められなかったみたいです。あれを告白するシーンに、2時間ドラマの犯人的な長い葛藤の告白と慟哭でもあれば少しは感情移入できたかな。作者はそれをしない犯人をクールと思って世に出した、今までのミステリ史上有り得ない犯人で、だからこそ喝采をもって迎えられたのも知れませんが、だからって、そこまでするか、そういう犯人像を設定してまですごいトリックを描かなくてはならないかと。
 この作者さんはもう1人、家庭人であるより研究者でありたいヒロインを世に出してますが、どうも好きになれなかったみたいです。結構お付き合いしてノヴェルスも購入しましたが、結局手放しました。
 翻って自分は、たしかに自分の予想より先を行ってしまった娘に対し、結構後ろから撃ってるところもありますが、究極のところではちゃんと広い世界へ送り出してやりたいと……日記には書いておこう。
 

投稿: まいね | 2016年1月10日 (日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/62904647

この記事へのトラックバック一覧です: Perfect Insider:

« 「西遊筋」 絶妙のアレンジ加減ッ! | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »