« ヤギのおしごと あなたのお側篇 | トップページ | 「普通に」って褒め言葉があるか!? »

2015年6月 9日 (火)

おとうさんに捧げるフォネティック・コード

   とあるコールセンターに仕事を見つけたおかあさんです。今日も頑張って工務店のおじさまたちにとあるご案内を差し上げています。電話口で型番をうかがうのに四苦八苦したり、お尋ねの「基本計画書」というのが見つからずに往生してSOSを出したら「それってリフォーム計画書のことじゃ?」と上役さんに苦笑いされたり。

   「これはフォネティック・コードを活用するに如かず!」とネットの海に探しに出ましたよ。

   フォネティック・コードというのは通信の状態の悪い中でも確実に情報をやりとりするために定められた文字の送り方です。「アルファ、ブラヴォー、チャーリー」といえば「A,B、C」のこと。アルファベット全てと数字にあります。五十音にもありますよ、当然。「いろはのイ!」

   役に立つ立つウィキペディア、ところが、さっそく全部覚えたはいいけど、これって決めたの向こうの人だから、向こうの人にとってすぐ思い当たるモノであって、昭和のひとであるおかあさんにはちょっと。ブラヴォー、チャーリー、デルタにエコーまではいいとしても、Fがフォックストロットってどうよ? ダンスに詳しくないとちょっときついのでは?(これは現代では流石にフォックスでいってるところもあると脚注付いてたけど)
   Lのリマ、Qのケベック、Sのシエラ、Zのズールーってなんやねん!? 昭和のひとにはちょっとなじみがないんじゃないかと思いまして、お互いすぐ解りそうな題材で、勝手に作りました!

   おとうさんに捧げるフォネティック・コード! (余計なお世話や!)

   A エースのA
   B ブレーブスのB バファローズのB
   C 広島カープのC
   D ダイエーのD 
   E エネルギーのE
   F ファイターズのF
   G GパンのG
   H ヒットのH
   J ジュリ~~~! のJ
   K 時速250キロのK
   L 大きいサイズのL
   M マリリン・モンローのM
   N ナポレオンのN
   O オスカル様のO
   P パパのP
   Q クィーンのQ
   R ルーフのR
   S セーヴのS
   T タイガースのT
   U ユニフォームのU
   V サインはVのV
   W 早稲田のW
   X エックス線のX
   Y ヤンキースのY
   Z マジンガーZのZ

   ……なんかプロ野球縛りかっていうぐらい在りし日の日本プロ野球ネタになってしまいましたけど。ホントにプロ野球縛りで行くならHはヒット、Kは三振、Oはホームラン王のOになっちゃうんですけど、さすがに自重。

   得々と披露したら、お兄ちゃんには「マジンガーZはないって!」といい加減にきいてたのにそこだけ激しく反応されてしまいました。ああ、イマドキならももいろクローバZか。「Kが三振って知らんって!」とも。Eは楽天イーグルスのEとは言いませんです。あれは毛ということにネットではなってるらしいし(オイ)。

   楽譜の世界でも、キリの良い段落(!?)で練習を切ったりするために所々、アルファベットが振ってあったりして、「次はそこのMからやります。マリアのM!」とか仰る先生がいて、ナルホド便利だのうと思っていたのですが、
   「Eからやろう。Eの音とって」と指揮者さんが言うのに、ぼんやりしてた練習伴奏者のおねえさんがキーをたたいたらなんだか楽譜と違う音で、

   「それホントにEの音?

   「E(ドレミのミの音)だって!」

   なんてこともありました。やっぱり思っていることを明確に伝えるのは難しいみたいです。

|

« ヤギのおしごと あなたのお側篇 | トップページ | 「普通に」って褒め言葉があるか!? »

コメント

 早速実戦投入しましたけれど、あんまり受けなかったです。黙殺でした。まーそーよね。別に受けを狙ったんじゃなくて、ホントに要るんだもん。
 昨日は
「小田急(オダキュー)建設様ですか?」と復唱したら(含フェイク)、
「小竹(オダケ)です」と返されました。うん。地方からのお電話だったからさ、有り得ないとは思ったけどそれくらいはっきり間違えた方がきっぱり解りやすく訂正してくれると思って。失礼かもだけどね。

投稿: まいね | 2015年6月13日 (土) 09時44分

 お隣のブースは商品番号をお客様にお伝えする業務のようで、
「タイガースのT」とかリアルに漏れ聞こえてきてほくそ笑んでしまいました。
 ところが大旦那様や大奥様にアルファベットをお伝えするのはたいそう難しいようで、
 「Jの小文字ってどう伝えたらいいの!?」
「あたしこの前のときは『点の下にしの逆』って言っちゃったよ!」なんて聞こえてきて、もう悶絶。
 ホント、お電話口のお仕事は大変。

投稿: まいね | 2015年6月18日 (木) 19時57分

 今日気がついたんですけど、会社の方で用意した「アリファベットをこのように表現しよう」表というのがちゃんとありました。
 Aはアメリカ、Bはブック、Cはチャイナ、Dはドライヴ……以下ほとんど国の名前を使う銀行式だったみたい。BのブリテンとDのダッチは何故か却下されたみたいですが。
 ところが、
 Hはホンダ、Tはトヨタ、YはヤマハってじゃあNは日産かって、当然日本で。……がんばれ日産パルサー(おかあさんそれGNPの覚え方:昭和の就活の小咄ネタ)。

 IはインターネットのI、JはJリーグのJと、イマドキなセレクトすぎておかあさん少し引きました。

投稿: まいね | 2015年6月25日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61719471

この記事へのトラックバック一覧です: おとうさんに捧げるフォネティック・コード:

« ヤギのおしごと あなたのお側篇 | トップページ | 「普通に」って褒め言葉があるか!? »