« この母ありて | トップページ | おとうさんに捧げるフォネティック・コード »

2015年6月 6日 (土)

ヤギのおしごと あなたのお側篇

   イギリス海軍では軍船に山羊を乗せていたというお話から始まった「山羊のお仕事」シリーズですがここへ来て急展開!

   5月いっぱい求職活動をしてなんとかお仕事をゲットしたおかあさんです。今はハマー・ツェントルムにコールセンターのオペレーターをしに行ってます。エアコンの効いたところで座って出来るお仕事で夢のよう! ハマー・ツェントルムへは電車いっぽん、13分で行けちゃうので通勤も楽々! こんなに幸せでいいのかしら!? 
   ただ、5月は結局1日も働いてないのでお給料が出るまで生き延びられるか大変でした。夜が明ける前が一番暗いってこのことね(違います)。

   さて、研修も終わって業務に入った今週、とぼとぼと会社の入ったオサレビルを出たおかあさんの眼に留まったのは多摩市の出したとおぼしき掲示。近寄って何気なく見ると、
   「ヤギによる除草実験のお知らせ
   え?
   「昨年に引き続きヤギを使った除草を駐車場の法面において実施します。
    ヤギ除草は、草刈り機や刈草の集積・運搬・焼却が不要で、化石燃料を使用しないCO2排出削減・環境にやさしい除草方法として注目されています。
    期間中は、『大きな音を出してヤギを驚かさない。柵の中に紙くずやゴミを投げ込まない。』等皆様のご協力をお願いいたします。」だって!

   時期は4月の下旬から10月半ばまで。もうやってるんじゃん!? どこ!?
   大人の膝を超えるほどの雑草の繁茂する斜面を見下ろすと、はるか向こうになんか白いものが揺れてる! こういうときこそ携帯だわ! と、リュックにしまったスマフォをいそいそと取り出してスイッチオン! 掲示とヤギのイラスト入りの「大きな音をだしてヤギさんをおどろかせないでください エサをあたえないでください」という(お子様向け?)お願いの掲示を撮ると、いそいそとその白いモノにむかって階段を下りました。大丈夫、そんな遠回りじゃなかったです。そして、粗末な三角屋根の仮設ヤギ小屋と、のんびりと草をはむ3匹のヤギさんを発見! みごとに携帯に収めました! ……すいません、わたしまだスマフォからこのブログにお写真おくるのってできないので文から想像してください。娘にはラインで送れました。これは金沢に去る前に虎ちゃんが教えていってくれたの。

   ……1匹はサボって小屋の中でお塩かなんか舐めてましたけどね。

   昨日は雨だったので、さすがに小屋の中だろうと思って帰りに寄りますと、
   小屋が動いてる!
   午前中はまだ降り出してなかったからですかね、こまめに面倒をみてくれてるようです。小屋の位置が動いて、もっと仕事場のビルに近い方へ来てました。そして! やっぱり3匹には小さかったのでしょうか、一匹のヤギは小雨の中結構な斜面をのしのし登って、その人間様ではとても立っていられないようなところの草をもりもり食べていました。

   ナルホド、傾斜地の除草はヤギに如かず!

   ヤギ除草の有効性については、このシリーズを書きながらいろいろ調べたんですが、見てて癒されるとかしーおーつーがどうとかよりなにより、意外なところで効率! 実は、ちょっと起伏があると草刈り機って入れないらしいんですよね。ところが、ヤギは、ネットでときどき信じられない画像的なジャンルで上がっているのを見るに、相当すごい斜面でも苦にせず上っちゃうらしいです。だから、こういう団地の法面なんかの除草にはもってこいなんだとか。なるほどな~。これは百聞は一見にしかずってやつよね。

   虎美どころか旦那様や豹太にまでどしどし写真を送ってしまってゴキゲンなおかあさんでした。

   じゃあ、頑張ってハマー・ツェントルムの美化に貢献しちゃってくださいね。

   そーいえば先週? うちも不動産屋さん差し回しの植木屋さんが「虫が出たとのことなので」と庭の手入れに来てました。隣との境のブロックのお隣側に結構蔦がはってて、ものが蔦だから切ってもいいものか悩んでたのをたぶん手入れしてたようで、お隣の奥様が出てきて見張りつついろいろ苦言を呈しておられてちょっとうわーここで聞いてますスイマセンと冷や冷やしたんでした。
   うちもヤギ飼おうかしら。でも、こんなに狭い庭でそんな声が聞こえるほど密着してるところでヤギは無理よね。ハマー・ツェントルムの駐車場でもそこはかとなく育小屋の香りがしてたから。

|

« この母ありて | トップページ | おとうさんに捧げるフォネティック・コード »

コメント

 ってことを言ってたら今朝は、「今日はヴァイトフェルト地区の一斉清掃日です」という広報車の声にびっくり! もう起きてたけど。
 これをバックレルとまたお隣にムチャクチャ言われそうと思って軍手を手に坂を下ったところの公園に出頭しましたよ! 
 ところが緑おおきヴァイトフェルト、「10時過ぎまではこの公園を、そのあと階段をやりながら上のヴァイトフェルト中央公園をやっていただきます! 半日仕事ですが熱中症に気をつけて、刃物も使いますからお子さんにも十分注意して作業してください」って町内会長!?

 思わずおかあさん叫びましたよ。
「ヤギを! ヤギを寄越せ!」
 どこのリチャード3世や。

 立ちくらみで朦朧としながら草をむしってむしって2時間。小さいボトルの飲物と100円相当のコンヴィニで売ってるような袋入りのパンを貰って11時過ぎに解散でした。小さいお子さんにはアイスも出たみたいよ。

 前のところのお隣の町内会みたいな全家庭70才以上で草むしりの人員が出せないなんてところはアウトソーシングしたらどうよと思ってたんですが、お祭りみたいに盛り上がってたからここはこれでいいのかも。

投稿: まいね | 2015年6月 7日 (日) 19時28分

 そして、今日はどこにいるのかナーと柵に近寄ると、「ただ今のヤギの除草状況」と、この一帯の地図のコピーの一部分にマーカーで色を付けたのが掲示してありました。たしかにそっち方面に白いものが揺れていたような。
「今日はどこなの、いないじゃない」というお問い合わせが来て大変なんだろうなあ。……まあそれはヤギの手配主さんのやる範疇の手間かな。

投稿: まいね | 2015年6月13日 (土) 11時04分

 秋頃、そろそろヤギもお里に帰る季節だよなーでもまだ雑草残ってるところあるじゃんと思って久々に柵に近寄ってみると「延長のお知らせ」が。
 「ヤギの除草期間を11月まで延長します」ってさ。
 その頃やってたお仕事が11月30日までだったおかあさんは手をたたいて、「よし! 一緒に最後まで頑張ろうね!」と意気高くなったのでした。

 ところがヤギがんばっちゃって、10月半ばには草を食べ終えて、ある日、
「ご協力ありがとうございました。ヤギは富山の牧場へ帰りました」と立て札が……。

 おかあさんしょんぼりして、それでも朝は駐車場の方を回るルートが固定になっちゃって、降りしきる落ち葉に足を取られる(誰もお掃除しない!)秋だったのでした。今になって記念にかいとく。
 結局お仕事はその業務「好評につき」会社自体の契約が延長になって年明けまで細々とお問い合わせをお受けしてましたよ。これもヤギのおかげ?

投稿: まいね | 2016年3月21日 (月) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61704907

この記事へのトラックバック一覧です: ヤギのおしごと あなたのお側篇:

« この母ありて | トップページ | おとうさんに捧げるフォネティック・コード »