« ビッグサイトは遠すぎる | トップページ | 正々堂々と…… »

2015年5月 9日 (土)

ふとももキャッチ!

   ゴールデンウィーク暇だったので、ミロのヴィーナス(を見に行こうという)ネタで一本書いたおかあさんです。

   あれはメロス島で見つかった時点でバラバラだったので、なんとか断片をつなぎ合わせた結果がアレなので、ホント残念ですがお手手は昔っからない状態で、
   「どうだったんでしょうねホントは」というのがもう世紀の謎らしいです。だから、
   「なくっていいの! ないからこそ想像の余地があるの!」
   「あったら逆に黄金比が崩れるの!}
   というヤケというかないことを積極的によしとする説もあるそうですね。

   いやおかあさん単純だからミロのヴィーナスにお手々あったとしてどれが正解か知りたいわあ。

   ネットで軽~く調べると、なんとか言う研究者が出した「柱に載っけた手で林檎持ってる」復元図というのが今の主流なんだそうで。
   おかあさんが実家のお茶の間で寝っ転がって「世界の博物館」なんて本を読んでた頃は、
   1 林檎持ってる(前出の復元図) 
   2 手鏡持ってる 
   3 盾に映った自分の姿を見てる

   

と主なものだけで3つだったのになあ。時代はここまで進んだのね、

   何か持ってる前提なのは、西洋の美術の常識だと、絵画や彫刻にされるひとというのはただの架空のきれーなにーちゃんねーちゃんじゃなくて、神話や聖書の登場人物、「この人を描きました!」ってコトが多いので、見て解ってもらえるように象徴的なアイテムを持つからなんですね。それこそ、イヌサルキジを連れてたら桃太郎、熊に跨ってたら金太郎、それが亀だったら浦島太郎ってなぐあい。それがヴィーナス(≒アフロディーテ)というならそれを象徴するモノを持ってたでしょということ。ヴィーナスが持つに相応しいのは、「パリスの審判」で、「一番美しい人に」とネタを振られて3女神が一触即発になったという黄金の林檎でしょというわけ。いやこれギリシャ神話のアフロディーテのエピソードですけど。ローマ神話のヴィーナスちゃうやん(ヘンなとこに突っ込むな)。

   ってことで今は林檎説主流になったようですなあ。

   それ以外にも、ウィキペディアなどその辺の解説を読むと、あの女神像が半ケツ(まあお下品)なのは、衣が緩んでおっこちてきたのを、思わず膝と太腿を締めて食い止めたからなんだそうで。だから絶妙な下半身のフォルムをしているのだとか。そういえば、半分出ちゃってるお尻の方もきゅっとしてますもんね。良いタイミング切り取ったな。やっぱり作った人はスゴイ。

   きゅっと挟んで食い止める、で思い出したのは某ミステリの巨匠。どのくらいって、推理小説の大賞の名前になってるくらい。ちょっとお耽美な倒錯趣味があって、これはそういう短編のトリック。
   美少女が腰掛けているとき、ちょっとなにかを取り落とした。そのとき、彼女はきゅっと太腿を締める仕草をして、うまく挟んでそのものが床に転げ落ちるのを防いだ。探偵はそれをじっと見ていた。
   「可哀相に、彼女は男の娘であろう」いやそんなイマドキな用語遣いませんでしたけど。
   スカートをはき慣れていれば、かえってそういうときはスカートの布地を使って掬い取る方へと意識が向く。だから、はしたないようでもかえって両脚を開く方向にとっさに動かすだろう。男は、ズボンだから、脚を閉じて太腿で挟む仕草になる。だから、スカートをうまく使えなかった彼女は女装子である。という論理。

   いや違うっしょ。
   これ読んだコーコーセーの頃から疑問を感じてました。

   スカートを穿いてるときに取り落としたモノを拾おうとすると、とっさに脚を広げる、これは正しい。わたしもそうします。ズボンを穿いてると、脚を閉じる。そうそう。
   但し、「可哀相」というほど日々女装を強いられているなら、既にスカートを使う仕草は身についているべきと思いますね。逆に、ズボンを穿いているときに両脚を開いてしまって、取り落とした方が、スカートの仕草に慣れている違和感を出すのに相応しかったと思います。
   なんてね。着眼点はイイと思うのに、料理を誤ったカンジ。猿も木からドサリ。巨匠もたまにはやらかすのね。でも、男の娘に濡衣を着せるつもりが目撃者(?)にしっかりおっぱい触られちゃってたら、そりゃ死んで貰うしかないか(豊胸手術のない時代)。犯人も困っちゃったでしょうね、ラッキースケベが仇になる話でした(本当か?)。

   まあ、ヴィーナスもその女装子も、うまく太腿キャッチできてよかったねと言うお話でした。

   ミロのヴィーナスにいろんな人がそれぞれいろんな腕を付けてあげる(スペシウム光線からはじまって、ベース弾かせたりサイコガンつけたり)スレッドは面白かったです。ぬーべー先生の鬼の手がなかったのがちょっと残念かな。

|

« ビッグサイトは遠すぎる | トップページ | 正々堂々と…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61564815

この記事へのトラックバック一覧です: ふとももキャッチ!:

« ビッグサイトは遠すぎる | トップページ | 正々堂々と…… »