« 第3回春暁オフ開催しました | トップページ | 華麗なるギャツビー  »

2015年4月10日 (金)

嘘つきがここにいます

   とあるまとめサイトのスレッドで、「作品を見て作者がハンサムだと思いこむのはどうよ」という話になって、「だって和月伸宏は絵柄もさることながら自画像もアレだったし」云々と話が流れて、そうだったっけ、と新連載の時の作者コメントの載ったジャンプの目次ページ(連載中の作者全員の自画像とコメントつき)の現物の写真を貼った人がいたと思いねえ。
   その初期型和月氏の自画像はそんな盛り盛りのイケメンじゃなかったですね、細面とまではいかないけどふつうのシャイボーイなカンジ。連載が続く中、ストレスの多い職場で肥満していったんじゃないかと。
   そして、昔のジャンプはお正月の最初の号は連載漫画家たちが正装して、今年もよろしく! とばかり一同に集まった記念写真風になるのが定番だったんですよ。これは、もしかして、誰(の作品)が新年最初の号の表紙を飾るのかという格とか男のプライドとかの無用な争いを防ぐためだったりして今にして思うと。
   それで、「るろうに剣心」が人気絶頂のころ、おでぶちゃんになっちゃった作者の和月氏が表紙に登場したら……なんとばったりファン・レターがこなくなっちゃたんだとか。きみたち、作品と作者は別モンだろうがよ。
   この辺はネットで何度か目にした話だったんですが、そのスレッドで今日見たところによると、サイン会ではじめて実際の作者に対したファンの子に号泣されちゃったとか。いやそれは失礼でしょうよ。現実見ろよ。……さぞ傷付いたことでしょうね、和月先生。そして、わたくしがそのあとの作品「武装錬金」を買った頃には、作者自画像は豚さんになっていたのでした。開き直りがスゴイです。

   さて問題はそこじゃなくて。
   わー珍しいモノを見た、とそのジャンプ連載陣の作者コメントを見ていくと、
   「パスポートを更新! 小さくてかっこいい! しかし、5年もたつと人相も変わるんだな~(飛呂彦)」と、ジョジョの作者のコメントが。

   嘘だろ。

   「ジョジョの奇妙な冒険」の作者荒木飛呂彦氏といえば、その作中出てくる人間の身体を吸血鬼に作り替えてしまうという恐ろしいアイテム「石仮面」を被って吸血鬼になった人とまでいわれているくらい老けない人なのであります(第3回春暁オフの項参照)。その白皙の美貌は新選組の土方歳三にも喩えられ(実際には「ああ似てるかもね」程度だけど、そこはノリ)、ネットのある方面では荒木先生をさして土方と呼び、新選組の副長を指してアラーキーと呼ぶことは既に常識です。
   その荒木画伯のパスポート写真が5年くらいで別人になってるわけないでしょ。

   それとも、やっぱり毎日見ている本人様からみたら、5年前の顔はやっぱり「人相変わった」と言えるのでしょうか。1994年から連載とウィキペディアに書いてありましたから、チョット見てきますか(荒木画伯が老けないということを証明するために件のジャンプの新年号の写真などを並べて実証している記事がある、「荒木飛呂彦 老けない」で検索されるとよろしかろう)、あー90年より前の写真はないですが、90年と94年は比べられます。http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/c/h/i/chitekizaisan/20110308-36.jpg

   

変わっとらん(断言)。

   ここに皆様にご報告申し上げましょう。荒木氏はウソツキ。

|

« 第3回春暁オフ開催しました | トップページ | 華麗なるギャツビー  »

コメント

 もちろん、当該スレッドも、「荒木のコメントに笑った」云々としばし脱線してました。

投稿: まいね | 2015年4月10日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61419180

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘つきがここにいます:

« 第3回春暁オフ開催しました | トップページ | 華麗なるギャツビー  »