« サクラ咲きました | トップページ | 発表! 2014年の本 »

2015年2月11日 (水)

歴女の入り口

   さて、とりあえず歴史研究者の入り口に立った虎美ちゃんですが
   「そもそもおまえはなんで中国史なんぞに興味を抱いたのか……ハッ!?」
   「えへへー『彩雲国物語』」
   あのアニメにもなった中華風お嬢様逆ハーものラノベかい(脱力)。 
   たしかに最初買ってきて勧めたのは母だがそんなにはまるほどのものかと。
   「あれは中華風であって中華ではないのだがブチブチ」
   それでイマドキの中華圏好き歴女なら「三国志演義」は押さえておくべきだと思うのに、とくに興味はないという。これについては後述。

   とりあえずオープンキャンパスに行ってみた近場で歴史学科のある大学で教授とお話しできるブースというのがあったので、
   「こちらの大学では専攻したい時代の講座があるか心配で……」などと殊勝に質問をしたところが、
   「ちなみに何時代ですか?」と教授。
   「シンをやりたいと」虎美決然と語りますが。
   おいおい、シンにもいろいろござんす。口頭では解りづらいよね。
   「シンというと……ええと」教授も困っとるわ。
   「新しい方のシンです」って、よっぽど紛らわしいわ!
   「って」 
   「日清戦争の清……」 
   ……漢の間にサンドイッチ的に挟まった王莽の新ではないのか……。
   「ああ、あれね、うちには専門にしている先生は居ませんが、大丈夫、指導はします」
   「そうですか」
   「いまちょっと席を外してますが、この(パンフレットを示す)先生は古い方のシンをやってますね」  
   「始皇帝の方の秦ですか」と、母口を挟む。
   「ええそう」
   その他シンと言えば三国のあと、高杉晋作の晋もありますね。ご専門の方々は口で説明するときどういうふうに使い分けてらっしゃるのか、ちょっとお聞きしたいわあ。

   それにしても、ゲームや小説から入ったライトな「歴女」も多かろうと思われるのに、こんなんで大丈夫なんだろうか、かえって、
   「じつは『彩雲国』からで」
   「わたしも~タンタンじつは有能でよかったよね~」
   「旺季さま最後に持っていったよね~」なんて自己紹介のあと盛り上がったりするのでしょうか。それはそれでアリなのかなあ。そんで実際の講義になってどす黒い歴史の奔流に目を回すわけやね。ガンバレ。

   それにしても、中国史やりたいというならイマドキなら(いや昭和の昔だって!)
   「三国志なら誰が好き?」ってのは自己紹介代わりに聞かれると思うけどなあ。おかあさんは「蒼天航路」(モーニングでやってたNEO三国志、多分に曹操寄り)の影響ですが夏侯惇様ですねえ。
   わかい娘さんはやっぱり趙雲とか周瑜(史実でイケメン)とかいっちゃうのかなあなんて勝手に思ってますけどね。読んどけよ、そこは。横山版だって、「げえっ関羽」は既にネットの古典フレーズと化しておるし。心づもりというかなんといって返すかぐらいは事前に考えておくべきだと思うの(おかあさん考えすぎ)。「そういうミーハーじゃないので『演義』とその派生作品は読んでません」ってのも硬派としてはありかもな。ガチでアイシンギョロ王朝(=清)を究めたい硬派ならな。敵作ると思うけどな(おかあさんほんと考えすぎ)。

   三国志以外だって、「項羽と劉邦」は母だって読んだよ、時々サーヴィスシーンがあって商業作品って大変ねーって思ったよ、女子高生なりに。
   ラノベっぽければいいんだったら、田中芳樹のアレあっただろうが、富士鷹ジュビロが挿絵描いたやつ……面白かったけどどっかいっちゃった、ごめん。「蘭陵王」はこないだ出てきたけど処分したと思う。暗かったし。

   新しい方の清ならそれこそ、「チンピノイド」とか「ソーキューノスバル」なんてのもあるだろうがよ(すいませんわたしも読んでません)。ホント、親の因果が子に報い、うちの子はラノベ以外を読まない子であることよ。こんなのが全国大会で賞を取ったりする学芸部としてはユーシューな高校生だなんておかしいよ! こんなんで歴史学科行ってホント大丈夫なんでしょうか、先生!?

|

« サクラ咲きました | トップページ | 発表! 2014年の本 »

コメント

とりあえず、司馬遼さんの「項羽と劉邦」とか、「韃靼疾風録」とか。
イマドキの「三国志」なら杜康潤の「孔明のヨメ!」をおすすめいたします。正統いちゃラブ4コマなのでお貸ししたいところですが、今月は間に合わないかな。

投稿: 波多利郎 | 2015年2月14日 (土) 13時19分

まだまだ梅の季節ですが桜咲きほんと、おめでとうございます。幸せのおすそ分けにあずかってます。歴史は小説(らのべ、漫画含む)から、と我が子にも話したところでございます。
中国、宮城谷昌光では古い時代すぎるか、浅田次郎さんも満州国ネタ書ありましたね~。

投稿: くし | 2015年2月15日 (日) 16時51分

 波多利郎さん、孔明のヨメ、とむ影さんに貸していただいておやこしてはまったところです。あれは良かったo(*^▽^*)o

くしちゃんもどーも! 宮城谷さんはわたしは一冊くらいは読んだ気もしますが虎美は未読。ほんとどうしようもないわ。

投稿: まいね | 2015年2月15日 (日) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61121949

この記事へのトラックバック一覧です: 歴女の入り口:

« サクラ咲きました | トップページ | 発表! 2014年の本 »