« 本日の一発ネタ | トップページ | 王様の仕立て屋 - 人情もの×蘊蓄=長期連載 - »

2015年1月25日 (日)

開け玉くしげ!

   無事引越もできましてネットにも繋げました。皆さんあけましておめでとうございました。

   雨戸繰る手もかじかます山の端の
    新居に迎ふ新しき年    舞音

   リアル都落ち感を痛感しております。同じリンネルベルク、最寄り駅も同じでバス乗り場も同じとはいえ、一山ずれるとこうもちがうものか。周りは新興住宅街で(またか)、ほんと家しかありません。一番近いコンヴィニが徒歩20分先ってどうよ。コンヴィニエントじゃないじゃん。
   ……さっそく買い物難民な早乙女家であります。

   さて、お引っ越しの片付けで早乙女お母様からの援助物資が入ってきていたタッパー類を、洗ったのはいいけど蓋と本体が生き別れになって返すわけにも行かず溜め込んでいたのを大量発掘、貝合わせ大会(まあ、エレガント!)敢行の結果なんとかお返しできるまでに揃えて、これもまたもらったっきりのクール宅急便用の発泡スチロール容器に収めて、ホントはなにかお菓子でも詰めてお返しするところをほぼ空気だけ詰めて蓋をする前に、あんまりだからと一首ひねって。

   玉くしげ ふたとせあはぬ密封容器
    空にて返すできぬ嫁也       舞音

   その辺の虎ちゃんの原稿のミスコピーの裏にしたためて封をしてお返ししましたとさ。

   これは本歌は大和物語ですだよ奥様。
   玉くしげってのはお化粧道具というかヘアケア道具を入れる素敵箱で、合うとか蓋とか箱とか開ける(=明ける)の縁語として使われます。
   大和物語では、

   玉くしげ ふたとせあはぬ君が身を
    あけながらやはあらむとおもひし

   って感じだったと思いますね。

   受領として任国にくだっている登場人物えーと小野好古ちゃんが、除目って言いますか、昇進発表の季節になって、そろそろ昇進かな、今年はだめだったかな、と知りたいと思ってるけどあからさまに問い合わせるのも奥ゆかしくない、でも知りたいと悶絶していていたときに送られてきたお友だちの公忠くんからの手紙にゆかしく暗示してあった、というお話。

   だから、この歌では素敵箱はどうでも良くて、ふたとせ=2年、逢ってない、を示すために出してきただけで、
  「きみ、残念だったなあ。4位のユニフォーム(緋-あけ-色)のままね」という意味。サクラチルメイルも平安時代は奥ゆかしいというお話。まあ、伊勢の大和だのはそういうコンセプトの物語だから。デカメロンとは違うんです。

   わたくしは「ふたとせあはぬ」ってのを蓋と本体が合わない、箱が生き別れになってると誤読して覚えていましたので今使っちゃったんですが、ネットで正しい意味を今検索して悶絶しております。ああ、かっこっつけて生き恥をさらしてしまった。ああ、はい、生き別れで返せてないので確かに2年ぶりです。そこは合ってるな辛うじて。

   ……早乙女お母様大笑いしながら、あなたもやるじゃないとお電話返してくれましたけれども。

   こんな感じでたくましく生きております。玉くしげならぬ段ボール箱はまだ開いてません。開けろよ。

   寒中見舞いでお引っ越しのお知らせを年賀状のお礼と共に出そうと思ってたんですが……さくらメールになりそうです。

|

« 本日の一発ネタ | トップページ | 王様の仕立て屋 - 人情もの×蘊蓄=長期連載 - »

コメント

>「ふたとせあはぬ」ってのを蓋と本体が合わない、箱が生き別れになってると誤読して覚えていました 

 そう、「平安の昔から箱というものは蓋と本体が生き別れになるものなのだぜだはははは!」ってずうずうしいノリのつもりだったんですが、ああほんと恥ずかしい……。

 だったら「蓋と背」じゃなく「蓋と身」だろうがよ。おかしいと思って念のためぐぐって真実にいたると。書く前にぐぐれ。

投稿: まいね | 2015年1月25日 (日) 11時50分

 そんでもってこの嫁は容れ物を返さない嫁と認識されたようで、敵も然る者(敵ちゃう!)今回のお節は百均で買ったようなプラスティックの使い捨て容器でした。ホントエコに反する嫁でスイマセン。
 それでも送ってくれる姑(はは)の愛に感謝! でした。

 玉くしげ 箱入りのうちが花なのよ
 掛詞でお読み下さい。

投稿: まいね | 2015年1月25日 (日) 13時43分

年末の忙しい時にお引っ越し、大変でしたね。うちでは、タッパーや靴下など、本来揃って存在しているものが片方ずつしか見当たらない時、ナキワカレーズ(泣き別れ達)と、呼んでいます。それでも、靴下なんかはけっこう後ででてくることもあるんですが、何故かタッパーは出てこないですね。うちだけ?
お片付け、頑張ってください。

投稿: とむ影 | 2015年1月29日 (木) 13時38分

 どうもお久し振りです。
 そうそう泣き別れーズ。そっちも今回の引越でも相当数発掘されました。ほんと靴下は久し振りに邂逅を果たしたカップルがあったというのにタッパーは。トホホ。
 仕事を短気を起こしてやめて(ケーニヒスティーゲル社自体への登録はやめていないので日々仕事の斡旋はおくられてくる)、一週間もごろごろしてたというのにダンボールは一つも空けませんでした。いや、それくらいストレス溜まってたということで。ゴメン。今日からがんばる。

投稿: まいね | 2015年2月 1日 (日) 12時00分

お引っ越しおつかれさまです
ときどきコッソリおじゃましてます
昔のなかよしでときどき定例会開いてます
よかったらぜひご参加くださいませ~
ご連絡お待ちしてます

投稿: 川越タロウ | 2015年2月 3日 (火) 22時19分

 おやいらっしゃいませ。
 ほんとご無沙汰ですいません。
 いま貧乏中なので、落ち着きましたら是非。

 そんでもって「玉くしげ」という枕詞について娘にアツク語った件で。

「それで、ものが箱なので、蓋以外にも、開けるとか、箱からいきなり箱根という地名にもかかる。ということは函館にもかかってもいいわけだな。函館って地名は新しいから掛詞の流行ったころには有り得ないが、明治の和歌なんかでも敢えて枕詞使った例もあることだし、土方歳三が好きな歴女なんかが

 玉くしげ 函館山に散りにける
  歳様ゆかしき蝦夷地なりけり

 なんて詠んだりしてもいいわけよ」

虎美:「詠まねーよ!」

 なんで? ジョジョ(「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦)にちなんだ句会なんて企画もあったことだし、史跡をめぐる歴女歌会だってあってもいいかもよ!

投稿: まいね | 2015年2月 4日 (水) 13時43分

 明治に枕詞を使った実例。

 久方のアメリカ人の始めにし
  ベースボールは見れど飽かぬかも

 そりゃー「久方の」は光や天(あめ)にかかる枕詞だけどもよ。女子大生時代のまいちゃん目玉ポーン!
 子規も若い頃はこんなお茶目をやったものよ。

投稿: まいね | 2015年2月 4日 (水) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/61029898

この記事へのトラックバック一覧です: 開け玉くしげ!:

« 本日の一発ネタ | トップページ | 王様の仕立て屋 - 人情もの×蘊蓄=長期連載 - »