« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

2014年8月27日 (水)

「月刊少女野崎くん」来てます

   帰省してた猫科の人達も帰宅して新学期に控えている早乙女家であります。
   学校の都合で時間差帰省してたので、兄妹してお互いの不在時の話で盛り上がっていたのですが、
   「おかあさんが『野崎くん』待ちで夜更かししてたの見た時にはすこしほっこりした」とお兄ちゃんが虎美に報告してるのを聞いておかあさん絶叫。
   「見てねーよ! 最近おかあさん疲労で早寝してるよ!」
   「だって若本回
   「あ」
   なんか脇役で若本なんとかいう大物声優が出ていたといって、横で見ていたお兄ちゃんが一声ですぐさま反応したとすぐさま帰省中の虎美(金沢ではやってない)にメイルを送ったことがあったような。

   今ではオープニング・テーマの「君じゃなきゃダメみたい」を気がつけば口ずさんでいる状態です。これがまた、この歌詞にこの曲じゃないと有り得ない! と心から思える神曲で。そうなんだよ、恋ってそんなんだよ、おまえらもっと恋しろよ! とおかあさんは熱い想いを抱いてしまいました。それにしても、コーラスが繰り返してる謎フレーズが「きみ、じゃな、きゃ、だ、めみたい」だったと知ったときの顎落ち感! 21世紀を迎えた日本語ロックって凄いなあ。

   さらにドラマCDまで家族で聞いて、「カッコイイ男でどんなの?」という野崎くんの質問にみこりんが「アウトロー系か?」と答えたところで、
   「アウトローっていったら桑田でしょ」とお兄ちゃんが素で返したのがもう大笑い。

   みこりんの言うアウトローはOUT LAW で無法もの、ざっくり言って不良くんですが、お兄ちゃんの言うアウトローはOUT LOW で「外角低めに投げときゃ打たれません」としか言わない元巨人の桑田真澄投手のことです。さすが野球ファン。

   ……うちのお兄ちゃんは「吉本へ行け系」みたいです。

   あと、
   「みんなどうして堀ちゃん先輩の鹿島君に対する態度を親ばか扱いして『惚れてるなあ』と言わないのだろう?」
   言わぬが花ってやつなのかなあ。
   「あ、顔に惚れてるだけで、中身はわりとローレライと同レヴェルだから?」
   「かもしれん」ということになりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

おかあさん熱中症対策する

   この夏は頑張って週5回とか6回とか仕事を入れたのであとの時間は死んでました。やっぱりこの季節お洗濯工場はきついです。てなはなしはあとで。

   氷バケツチャレンジとかいうものがはやっているそうで、なんやそれ、新手のチェィンメイルかと突っ込んでたら(おかあさんその表記だと西洋の鎖帷子みたいよ)、丁度本日の「アッコにおまかせ」でこのままだとあと数日で全人類を網羅するとか言ってました。ひとりが次の人を3人指名するらしいからなアレ。やってるヤツも気付けよ。 
   そんでもってよく聞くと、ご指名された有名人著名人バケツの水を被るばっかりで、寄付をしたという話は聞かない。おい、100ドルやろ? 明日にも困る売れない芸人でないならスキッと寄付したれや。というとALSの協会はお金が欲しいのではない、共感と知名度が欲しいのだと答えるであろう。実際寄付も殺到しているらしいし。まあ、知名度は上がったが、そんなに知られざる病気だったわけ? 安倍ちゃんの前に職をなげうった原因のアレよりは知名度あったと思うけどな、おかあさん規準で。

   あれだよね、ファンタジー的にいうと体がじわじわ石と化す病。それで頭も相応にぼんやりしていけばいいのに、脳の働きは従来通りって。ある意味地獄だな。その辺も含めて広く知ってもらいたいってことでしょう。わたしも若い頃肋間神経痛をやってますので、恥ずかしいところを何度も晒して検査をやってるのに原因不明、治療法わからないってのはキツイです。死を覚悟するほどの痛みと恐怖を日常的に味わってるというのに。患者さんにはご同情申し上げます。ここで取上げたから100ドルとバケツは勘弁してください。

   そんでもって、バリバリ全開で毎日患者様ご利用者様のリネン類を洗い倒しておる北里リネンサプライ(仮名)であります。毎日工場長さんが「ほい、今日もガンバレ」といって日替わりで塩分補給用の飴を配って歩いてくれてます。
   「これはミドリ十字が出してるから本格的だよ」
   「今日は能登の上げ浜塩田の塩だよ」などと工場長さんも楽しんでいるような。
   そうしてパートさんも派遣さんも、水で濡らすと襟足の涼しさをキープしてくれる襟巻きだとか、一冬掛けて溜め込んだケーキについてくる保冷剤とか、一吹きするとエアーサロンパス的な成分が一瞬の清涼感をよんでくれるミストとか、各種のスポーツドリンクとかを持ち込んで自衛して7時間半を乗り切るのであります。
   おかあさんも、最初はポカリスェットの小さいボトルで対応していたものの、とてもそれでは足りず、お三時には備え付けの自動販売機でキリンのラブスポーツとかいうスポーツドリンクを買い足して飲むようになりましたが、足りない足りない。お昼まで持たなくなって、一日3本体制。いや自動販売機で買わないでうちから持って来ようよって、それだとぬるくなっちゃうんだってば!

   コンヴィニを覗くと、凍らせたアクエリアスというのがあったので、これなら冷たいまま何時間か保たせられる! と勇んで買っては見たモノの、これは手間が掛かっておるし、凍らせてもある程度壊れないボトルの開発費用とか素材とかにお金がかかっておるのか、ただのアクエリアスより随分お高いのであります!
   「お金が保たない!」とばかりに、ペットボトルで買ったアクエリアスを凍らせアクエリアスの空き瓶にうちで移し替えて凍らせて持ち込むようになって。これがまた、なかなか凍らなくって、半分まだみぞれ状態でタオルを巻いて持って出ても小田急線を相模原まで乗ってるうちに溶けちゃってたり。

   苦 労 し て お り ま す 。

   ああそれなのに! 貧乏でお茶好きのおかあさんはこんなに四六時中甘い飲物を口に入れていることがなかったのでストレスがたまるたまる!
   「あ~ん、口の中甘ったるい! 虫歯になっちゃう!
   でも命は惜しいし、お茶にしたり、真水にしたりということは思いもよらない石頭で。

   そして破滅の時が来たり。

   「歯が痛~い!」

   奥歯に阿蘇山ほどのカルデラができていましたとさ。

   奇跡的にお盆休みを一週間遅れて設定していた歯科医院が駅前にあって、とりあえず応急処置はしてもらって、今週水曜に予約を取りました。行ってきま~す(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »