« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »

2014年7月20日 (日)

メイ曲アルバム 「ゴールドフィンガー'99」 リゾラバでノリノリ

   やっぱ夏になると聞きたくなりますね。郷ひろみの「ゴールドフィンガー'99」。あのアチチ・アチというサビのかけ声は一世を風靡しました。そーいえばこれ、誰かのカヴァーだったよなと調べて原曲をユーチューブで呼び出して聴きましたよ。リッキー・マーティンの「Livin' La Vida Loca」だそうで。若いわ。向こうの人の逆三角形にかぱっと笑う「少女漫画の口」にちょっと引きながら見入ってしまいました。ダンスは郷ひろみの方がキレがあるし振り付けも(あの手の振り以外も)カッコイイと思いましたけど。

   原曲の「Livin' La Vida Loca」ってクレイジーな生活を送るって意味らしいです。じゃあ「ゴールドフィンガー」ってのはどこから来たのよ? 今回の疑問はそこかな。

   調べると、そういう洋楽の歌詞を翻訳して紹介してくれるサイトってのは結構あるもんで、いろいろ見比べると情熱の赴くままにえいやっとやってくれてるというのがモロ解りだったりして、じゃあおかあさんがクラシックのマイナー曲の歌詞を痛々しい語学力で訳しているのもあながち電脳資源の無駄じゃないのかもとヘンなところで自信を持ちました。ものがマイナーだけにほんと藁にもすがる的需要があるかもしれん。すいません、頼れる藁になります。どうぞご利用下さい。

   そんでもって歌詞の内容は……ええと、ファム・ファタール的彼女にいかれてしまって、雨の中マッパで踊るようなことさせられるかもよ、お水なんか飲まないんだ、いちいちシャンパン頼まないといけなくなる……と心と生活をかき乱させられるたとえが次々続き、ひろみヴァージョンのサビにもあるとおり、「upside inside out」身体の中と外がひっくり返される状態、クレイジーな生活に引き込まれてしまうのさ、と歌うのでありました。
   こりゃ、向こうの恋の歌にはありなのかもね。
   「Killer Queen」もそんな感じじゃなかったですかね? 彼女と付き合ったら大変カモよって。
   リッキー版の歌の中盤の決めぜりふ、「ドタマに弾丸ぶちこむみたいに」と、危険な彼女の魅力にくらくら(でも嬉しそう)と歌い上げているのがラテン・テイストってところなんでしょうかね。発売は4月だし、とくに夏っぽいところはありません

   それが、ご存知ひろみ版だと、日本語版歌詞は康珍化、たしかに男の方もノリノリで口説いてますが、彼女の魅力に狂わせられるってことはない。自分が理性を失っていく描写はあるにせよ、それは特定の彼女の独特な魅力のせいではなく、「夏の太陽がさせたことだよ」と、夏というシーズンのせいにしている。リゾート地の一夜限りの恋。「♪夏のこーいはまやかしー」って、リゾラバかい。全部嘘か。とりあえず、原詞の内容を少しでも再現しようとしているところはありません。世界観だけでも出してみようという雰囲気も感じ取れない。まるきり別ノリですね。
   あとはまあ、日本語は1文字1音節なんで、同じメロディのフレーズでも入れられる歌詞=内容が少なくなるので歌詞を書き出して内容を見比べて吟味すると……内容の薄さにがっくり来ますね。まあ、訳詞という形態上、「彼女はクレイジーな生活を生きている」てな感じで固い文になるせいかもしれませんが。日本語の相当部分が「感じたんだろうか」じゃあ、あまりにも感覚的、断片的で、雰囲気だけ、別物なら別物で全体を統一して流れる思想てのが感じられないんだなあ。流行歌にそんなの要らない? そうですかね? いい曲は時代を超えて、なんかドラマ的流れ、作品の世界とかあった気がしますけどね。

   そんでもって、原曲を見ると絶叫したくなるのが、あの「だろうか」「だろうか」というサビの脚韻部分が、原曲のタイトルで、サビでも繰り返される「Livin' La Vida Loca 」の(ヴィ)ダ・ローカの空耳を意識していたということですね。そんな小技いらない。いやここがニヤリポイントなのかな。どうでしょう?

   そうそう、原曲では「dancing in the rain」と、雨の中踊るって言ってるのに、ひろみ版では同じところで「ダンシン イン ザ サ~ン♪」と高らかに歌ってて、おいおい、雨はどこへいったとおかあさんは突っ込みたいです。向こうは雨の多い日本とは違って、雨の中踊るってのにこちら以上の非日常感があるんでしょうかね? とりあえずrain も sun も1音節なのでフレーズ的にはちゃんと乗ってます。じゃあべつにwind でも snow でもいいわけだ、ははッ(やめとけ)。

   いい男のノリノリの曲を代わる代わる聴いてノリノリのおかあさんでした。さあ、明日も仕事です。はりきって行ってこよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月6日 - 2014年7月12日 | トップページ | 2014年7月27日 - 2014年8月2日 »