« おーい でてこい | トップページ | おかあさんぎっくりする »

2014年10月29日 (水)

「咲くは江戸にもその素養」 クールジャパンばんざい

   もうね、とんでもねえ(笑)。
   ネットでコミックを発表できるサイトというのもいろいろ出てきまして、コンテンツも紙媒体で昔出たもののレンタル落ちばかりでもなくなって、ネットで堂々新作初公開なんてのもふつうになってきました。
   これも、会員登録すると無料で読めちゃうサイトで、作者さんは登録したアマチュアの方のようですが……。娘の紹介で。

   「咲くは江戸にもその素養」沙嶋カタナ。

   江戸時代にもええとそのいわゆる「腐った」趣味の女の子はいたんじゃないかというアイディアで、手習いに通う三人娘が当時の大メジャー、「南総里見八犬伝」の二次創作にはまっていってしまう! お話です。
   最初の1人が目覚めると、アツク語りだし、××と○○が衆道の関係(オイ!)だといいよねッと言い出して、残る2人はもう頭真っ白、「ナイナイそれはナイ!」 と幼なじみの関係が崩壊かと思いきや、「……ありかも」から「どっちが上よ?」で喧嘩になったり、「絶対わたしの好きな▲▲でそんなこと妄想しないで!」から「……いいよ楽しそうだからそっちはそっちで楽しくやって」になり……。「あんたたち八犬伝の話ができるんだって?」と乱入したノーマルのファンを洗脳したりと実にその趣味を持つものには(オイ)身につまされる展開で毎度笑ったり冷や冷やしたり。
   いやー。ほんと、ありそうで困る

   クールジャパンの源流はもうここからあったんだわ(おかあさん騙されてます)。

   総天然色、絵もキレイ。時代考証も唸らせられるし。これはほんと一見の価値あり

|

« おーい でてこい | トップページ | おかあさんぎっくりする »

コメント

 怒濤の単行本化。総天然色のまま。これはすごい。出てくる出てくる腐女子あるある、あ、それやばい、を毎度掬い上げるカタルシスの鮮やかさ。ゲラゲラ笑っちゃった。
 どうぞ一度ご覧下さい。

投稿: まいね | 2015年2月26日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/60563515

この記事へのトラックバック一覧です: 「咲くは江戸にもその素養」 クールジャパンばんざい:

« おーい でてこい | トップページ | おかあさんぎっくりする »