« 「七つの大罪」 エンターテナー | トップページ | 回帰熱久々 »

2014年4月16日 (水)

イタリアーノになろう

   月曜は体調悪かったですね。なんかおおきな雨合羽を着込んだようで、頭の指令が身体の末端に到達しない、思ったような動きができない。主任さんと組んで新しい処理を教えてもらっていたのですが、何度言われても指示されたとおりに動かない、最初に聞いたことを忘れてしまう。あれ、あれ、と思っても身体が動かないので修正が効かない、ごめんなさいとタイミング良く謝る気働きもできない。

   やばいわ。

   ただそう思うだけで時間は刻々と流れていきました。結構怒りっぽい質で言葉もきついと派遣のみんなが性格を飲み込んできた主任さんが、どうしたのよ、言ったことができてないじゃない、そんなことわたし言いましたか、どんどん言葉を荒げていっていたのが、もう、言葉もなくなって。ただ黙々と、仕事をこなすだけ。それでもなんとか目の前の課題はこなして、放免されるときにはもう主任さんの方がこちらを気遣って、
   「わたしも言葉がきつかったわね」と謝ってくれたくらいに。
   いやもうこっちも顔をつくろうこともできないぐらいに疲れ果てていました。

   作業台からとぼとぼと皆のたむろっている辺りに戻ると、最近よく話しかけてくれる派遣の若手のお嬢さんが、
   「舞子さん(仮名)どうしたの? 腰痛くなっちゃった? 少し休憩する?」と声を掛けてくれました。
   このお嬢さんはほんとによく気がついて、向上心もあって、主任さんにも眼を掛けて貰っている派遣のエースなんですが、わたしにも心を開いてくれて、「舞子さんがいてくれると雰囲気が明るくなるから助かる」、と常々言ってくれてるのです。しかし「仕事が手堅くて素早い」とは言わない、そこはシヴィアー。まあそういうはっきりしたところも好きなのですが。

   「ううん、大丈夫、怒られたんじゃないの、なんだか身体の具合が悪くて思うように動けなかったの。主任さんにまで気を遣ってもらっちゃったよ。
   怒られすぎてふて腐れたんじゃないんだけど、ちょっと表情も出ないぐらい具合悪い」
   「大丈夫? そこまで気を回さなくてもいいと思うよ」
   「午後からはちゃんとしたパフォーマンスができるようにする、ゴメン」
   「いてくれるとほんと嬉しいんだけど、でもほんとにダメだったら遠慮しないでね」
   ああ、我が心のドルシネアちゃん(おまえはドン・キホーテか)。おかあさんきみのためにがんばっちゃう。

   さて、ご飯を食べてゆっくりしてからの後半戦、随分楽になったのよ云々と話しながら集まって作業をしていると、最近顔見知りになったおじさんに入りかけの男性が近寄ってきました。
   「早乙女さんさ、前から思ってたんだけど、女優さんに似てるって言われない?
   ハァ?
   「いーえ全然。誰によ?」
   「えーっと、ちょっと出てこないんだけど、いやほんとそっくりだから。よく言われるでしょ? 自分でも思うんじゃないの?」
   「わかんない、言われたことないわ。どういうひと?」
   「ホラ! あの! 演技派の……なんて言ったかな」
   「キキキリンとかいうんじゃないでしょうね」
   「違うって! でも、ソコまで行かない、もっと若い人。ああ、美人女優じゃなくて悪いけど、演技派ですっごく有名な人」
   知りませんがな。
   「いやーだ、元気づけてくれてるの? でもあら、不思議、なんだか楽しい気持ちになって楽になったわ、ありがとう」
   笑ってそこは話を終わらせたのですが。そう、その頃にはぎこちなくても笑顔が浮かぶようになっていて。やっぱり元気づけてくれたのでしょうか。

   そういえば、ちょっと前にネットで見かけた話。

   母はもう長いこと入院していて、もう長いことはないように本人もうすうす察しているようでした、と語り起こします。
   もう手の施しようがないとかで退院し、その日は用事で話者(娘)と都心へ出てきていました。久し振りに着物を着てドレスアップをしていたものの、やはり衰えは隠せない、もう覚悟はしておかないと、と母の姿を見ながら暗い気持ちになっていたところ、向こうを通った中年のサラリーマンが母を見かけて、
   「おおっ、いい女だねえ」と声を掛けてきたのだそうで。
   「いやーねえ」と母は言いながらも、少しながら華やいだ顔つきになって、「ほんとに下品な人がいるわね」などとまんざらでもない様子で少し気分が上向いたようだったと続けていました。そして、母の最後の外出を彩ってくれたその男性に感謝しています、なんて話だったと思ったんだけど。

   綺麗な女性、職場の花や美人受付嬢が男性にいい影響を与えるというのはよく見聞きする話ですが、男性の方からお世辞を言われることも、女性の心を和ませ、引いては体調を良くすることもあるのですね。身を以て知ったカンジ。

   女性に対してもうこれでもかと美辞麗句を繰り出すイタリア人男性ってのはいろんな話を聞きますが、意外とそれは女性のためにもなっているのかも知れません。ってことは、回り回って世界平和に寄与している?

   男性の皆さん! ここは世界平和のためにイタリアーノになってみませんか?

   そこは、時節柄セクハラと言われないように、イタリアーノなみの訓練をしてもらってギリギリの線で節度を守ってもらう必要もありますけれど。無理?

|

« 「七つの大罪」 エンターテナー | トップページ | 回帰熱久々 »

コメント

 多分元ネタはこれ → http://pucel.tumblr.com/post/50382168389
 ちょーっと記憶違いもあったかしら。

投稿: まいね | 2014年4月16日 (水) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/59476776

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアーノになろう:

« 「七つの大罪」 エンターテナー | トップページ | 回帰熱久々 »