« サクラチル | トップページ | 英才教育 »

2014年3月16日 (日)

本日の暴論 乙女は日光を浴びよう!

   愛憎は 虚構の世界で愉しみて
    この身を焦がさぬ月光浴せむ    舞音

   つい数日前、
   「ちくしょう、このレンタルコミックの広告商品、無料部分だけ読んだらすっごくそそるんだけどなんで男同士なんだよ!」と呻いていたら、虎美が、
   「なんてタイトル?」
   「『年下彼氏は俺の飼い主』(仮名)。『進撃~』のハンジさんみたいな研究者のおねえさんだったらすげー萌える!」
   「それ買った。丁度ヨーコからかえってきたとこ。持ってくる?」
   「お、おう、……頼む」

   昨日お腹こわして寝てるときにそれ思い出して、
   「あれどうなった?」と催促したら、
   「もろにやってるからあとでギャーギャー言わないでね」と注意した後に出してくれました。
   「あと、同時に広告出てた女装して大人を引っかける話と着ぐるみ着ないと会話できない人の話も」
   「どうもサンキュー……よくもタイムリーにブックオフでみつかるもんだな」
   「ハァ? 取り寄せたから。本屋さんのネットで」
   「おまえ……ようやる」

   読ませてもらいましたよ。
   ほんとに、無料版のああーっここからどうなるのッというところの続きからばっちり濃い同性愛の性行為が始まってました。おい。それも、寸前でシーンが切り替わって、事後から始まるという進行ではなく、もろに手順を細かく描いていて、おい、これ性器描いてねえか、大丈夫かという加減。なんでこれが18禁指定じゃねえんだよというそのもののポルノでした。

   おい!

   まあ、物語の筋は、恋人未満の関係が横恋慕した脇役の介入で一期に進展して、それが身体先行だったために悩む……というありがちといえばありがちな展開だけどきゅんきゅんするというものでした。うん、ちょっとした表情とかが可愛らしくてよかったですが。

   「女子高生がこんなものでキャーキャー言っていてはいかん!
   「18禁小説を自分で書くようなおかーさんに言われたくない!」
   「母はもうアラフィフでちゃんと結婚して子供もおる! 18に達していないものがこんなまんまの性行為をよだれたらして読んでおることが問題なのだ!」

   親子喧嘩になってしまいましたよ。

   だってBLって、おまえこれ相手が男性だったら何やってもいいと思ってるだろっていうムチャクチャを強いてることがかなりあるし。相手の同意を得ていない性行為とか、集団強姦とか、異物挿入とか(全部見といて言うやつ!)。おかあさん今日は露骨ね。いや、ジャンルがティーンズラブだと女の子相手でもやってることありますけど。要するに最近のはすぐ体の関係になってそれが直接的にバンバン絵になっていてそれが不快と。

   当の虎美、この週末はホワイトデーだというのに、とりあえず義理チョコをあげた生徒会長(男子)からはなにかしら返ってきたらしいが、あとは友達や後輩(女子)からクッキーを山のように貰って、
   「ご飯? クッキー食べて胸焼け」なんてことを言っておって。

   だめだよ、ばりばり青春まっただ中の人間はもっと男女交際で盛り上がらないと!

   「カッコイイ男を見てもおまえらで絡めとしか思わない」って、間違ってるよおまえは!

   冒頭、月光浴というのはそういうことを言いたくて、でもおかあさん家庭ある身だし。愛とか恋とか官能とか、リアルで追求するわけに行かないし。おかあさんは現役時代はちゃんと追求してましたよ。方向性間違っててほんと今思い出しても穴掘って自分を埋めたいぐらい痛い子でしたけど。それを通過して、ああ、自分はリアルの男性は無理だわと達観してお見合い制度におすがりして現在に至ってるわけじゃん。容姿に恵まれている(と思う)若い虎美には母の轍を踏んで欲しくないと思っているのに、なんでおまえ架空世界の倒錯した愛に楽しみを見いだしておるのだよ。あとで悔やんでも知らんぞ。自分と関係ない世界のこととして傍観しておったらそりゃめんどくさくもなく傷付きもしないかも知れんけど、後になんも残らない、子孫が繁栄しねえんだってば!

   月光浴は後でもできる。乙女はリアルに日の光を浴びてキャッキャウフフしてください。青少年も同じッ。だから子供が生まれねえんだよ日本は。まったくッ。

   リアルで同性しか愛せない方には失礼しました。1人の人を大切に思う気持ちじたいに貴賤はありません。大変でしょうが貫いてください。

|

« サクラチル | トップページ | 英才教育 »

コメント

いえね、今ちょっと思いついて、背景とかかなり真剣に作り込んで書き進めてた話が、とある二次創作にヒントを得た話で。先輩後輩関係なんだけど、後輩の方が丁寧語で礼儀正しくでもずけずけ言いながらわりとちゃんと面倒見ていて仲良しって関係性が良くって。
 なにかというと「先輩いい加減にしないとピー♪しますよ」といきなり物騒なことをいうのがアクセントになっているお話で、実際ピー♪してしまったらどうなるんだろうと自分のホームグラウンド(やや色気に乏しいおねえさんと彼)に持ってきて考えてキャー♪ と悶えまくっていたのですが、やっぱレイプはいかんかと公開はためらっていたのにこれだから。
 なんだよホモなら良いのかとやさぐれたのもあります。
 いやそれ以前にひとの二次小説にヒント貰った時点でだめだよ。

投稿: まいね | 2014年3月16日 (日) 13時25分

 虎美から訂正が入ったので。
 男子からのお返しはなにも生徒会長だけじゃなく、ほとんど男子だったそうです。
「だから大変だったんだってばッ」へーそう。おもてになることで結構でございますね。
 だってあんた2月には、生徒会長には世話になったるからあげた、根津になんかやらなかった、シグリンにはあげたとしかいってなかったじゃん。

投稿: まいね | 2014年3月18日 (火) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/59300868

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の暴論 乙女は日光を浴びよう!:

« サクラチル | トップページ | 英才教育 »