« 英才教育 | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »

2014年3月20日 (木)

他山の石とはこのことか

   いろいろあって初年度授業料もなんとか払い込んでアツギ工大生になる予定の豹太くんであります。
   「工大だと入試の問題も面白かったよ」って、そういえば受けに言った当日も言ってたなあ。
   「エディソンの畜音機が発明されると、作曲家はそれを演奏の記録のみに用いるのではなく、新たなジャンルを開拓し始めた」って。コダーイとバルトークは民謡の採取にそれを用いたんだけど、コダーイは歌った通りを厳密に楽譜に起こすことにしか使わなかったらしいけど、バルトークはもっと「遊んで」、ゆっくり再生すると音が下がる、スピードを上げて再生すると音が高くなると言うことを発見して、さらにゆっくり素材を聞き込んで、細かいところで「あ、ここ拍子が変わって8分の6が7になってる、面白い、今度自分の曲にも使ってみよう、使ってみた、受けた?」というところまでいってしまったらしいです。メシアンも電気的な楽器を採用してみたり、シュトックハウゼンまでいくと取り込んだ音を音源として演奏にも使ってしまうところまでいってしまったみたいです。メシアンは自分が天才で即興的に凄い曲を幾らでも作り出せるので、めんどくさいテープ編集に飽きて電気音楽は追究しなかったと筆者言ってますが、シュトックハウゼンは自分が演奏が上手くないからこそ自分のインスピレーションを完全に表現するためにさまざまな機械を用い、それを指示するために楽譜が詳細に書かれて残されている……、なんて、このひと音楽に造詣の深いひとだなあ「なぜ猫は鏡を見ないか」伊東乾。わたしも読んでる途中知らない作曲家が出てきてあっぷあっぷでしたが、豹太や他の受験生君達大丈夫だったのかしら。

   音楽史の常識だと、たしかにバルトークやコダーイはれいの「民族主義」(それがバルカンを火薬庫にして第一次世界大戦が起きてロシアがひっくり返って赤くなるわけだ、ナルホド、19世紀から20世紀初頭)なんてのにのっかって、東欧の民謡、民族音楽に着目してそれを集めて回ったことになってますが。録音したのかい。わたし絶対音感ってやつで五線紙にメモ取ったんだと思ってたよ。メシアンはメモ派だったようにこの問題文書いてありましたが。ウィキペディアで裏をとりましたら、バルトークは玉音放送まで生きてたバリバリ20世紀人でした。蓄音機は最初のやつが1877年発明だそうですので十分使えますね。
   いつでもどこでも音楽が聴けるようになったら職業楽団員はおまんまの食い上げなわけですが、そこで腐ったり圧力掛けたりしないで積極的に新しい使い方を編み出しちゃうなんてバルトークさんのその心持ちが尊敬できるわ。
   それにしても、レコードの早回しでおかしな声になっちゃうって高校生の悪戯みたいなのをエライ音楽家先生もやってたってのが意外でした。イマドキのDJみたいなのももう戦前には実験済みって、プロは凄いなあ。ヴォーカロイドなんてのも全然新しくないんだ。もう目から鱗。

   そんでもって、クラッシックの作曲家てのも意外と最近の人でした。
   ヴェルディの「アイーダ」がスエズ運河開通記念のカイロのオペラハウスコケラ落とし用の曲ってのは、ガセビア(ガセネタのトリヴィア)らしいです。実際は別の曲で、総督に重ねてオネガイされてなんとかご当地っぽいのをつくって、初演は1871年カイロだそうです。普仏戦争でパリ包囲されて困ったー締め切り延ばしてーってエピソードがあるそうなのでほんと19世紀なのね。ヴェルディはイタリアの統一運動の合い言葉になってますから、(イタリア王ヴィットリオ・エマヌエレ! の頭文字取った略語がVERDIになるらしい。読売サッカークラブとは無関係)、モロ、明治維新頃の人だと思っていいです。でも、ギリギリ20世紀(1901)まで生きてました。

   伝記に載るエピソードでいうと、モーツァルトは幼少時マリー・アントワネットと面識のあるロココのひと。音楽室の肖像は、彼までかつら被った巻き髪ポニテでしょ?
   ベートーヴェンになると、ナポレオンの時代の人。ほら、献呈の表紙破ってタイトル英雄に変えたとか言ったじゃない。「モーツァルトは子守歌を歌わない」森雅裕 読むと雰囲気がよく解る。彼になると、本人のお人柄もあって頭爆発してますね。若い頃はちゃんと巻き髪のかつら被ってお上品にしてたと思うけどね。この辺が、音楽史的にも古典派とロマン派の境界。時代が既存権威の崩壊時期だったから音楽も変わっちゃったのねー。ファッションも変わって、絵で言うとレカミエ夫人の肖像画のあのネグリジェみたいなエンパイア・スタイル。はーい目に浮かびましたかー?

   あと時代背景というと、なんでクラッシック音楽の父なのにミサ曲は少ないのというバッハ。ドイツで18世紀で、というとははーん。彼は新教、ルター派のひとなので、カソリックの教会音楽は作らないのでした。だもんでバッハうたいは死ぬ気でドイツ語と格闘せんとならんのね。ドイツ語訳聖書に詳しくなるなる。トート(死)という単語だけは忘れないと思うわたし。そんで、ありますよ大きいミサ(カソリック典礼の形式の曲)一つだけって、よくよく事情をさぐると「王がカソリックに改宗したため」って、職業音楽家は辛いよ。今のドイツ、カソリックの方がやや多数派らしいし。ドイツ30年戦争も終わり(ウエストファリア条約が1648年)宗教改革も一段落、カソリックのほうに揺り戻しが来て、フランスもルイ14世が、その昔の新教徒に対する理解を示したナントの勅令を廃止してます(1685年)。まああのぼーだいな宗教カンタータも、ドイツで昔新教が流行りましたという化石として残っているわけよね。今現在福音派としてルター訳聖書を尊重している3割のドイツの方には失礼しました。

   てなわけで、丸暗記で通過した世界史の知識もクラッシック音楽の作曲家たちと絡めると世界情勢なんかがリアルに分かるというお話でした。そんでもって息子の入試の問題もブログのネタに使うおかあさんも、ネタはなんでもひろってものにすればいいじゃないとタイトルに戻って終わり。

|

« 英才教育 | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/59324004

この記事へのトラックバック一覧です: 他山の石とはこのことか:

« 英才教育 | トップページ | 本日のがっです・おう゛・あんふぉーちゅん »