« 悩ましのレディ | トップページ | おまえは猫じゃなかったのかと »

2014年2月 4日 (火)

立春寒波到来

   さむいっすね。
   たった今夜遊び(?)から帰宅した虎美が電話で、
   「門扉が凍り付いてて開かない……お湯持ってきて」って。
   「リアルハムテルか!?」
   大笑いしてお湯を沸かして、熱湯じゃなくて良いのよねとちょっと湯気が立ち始めたあたりでヤカンごと持っていってじゃっとかんぬき……じゃなくてあの回す部品のところ(ハンドルで良いのか)に掛けて無事虎美をおうちに入れてやることができました。あ、「動物のお医者さん」に、蔵に季節用品(クリスマスツリーのオーナメント?)を取りに入った主人公(あだ名はハムテル)が、凍り付いていた入り口の扉をお湯を掛けて開けるエピソードがあるんですよ。……ってことはしっかり拭いておかないと明日また開かなくなる?

   寒中の 見舞いに寄せる 短歌をや
    え詠めぬうちに 春立ちにけり      舞音

  また今年も寒中見舞い出せなかったよ。ご不幸のあった方、ごめんなさい。今年もよろしく。って書こうとしたらこれだし。

   春立ちて 梅の便りを待ちけるを
    などて六花の枝に咲くらむ       舞音(再掲)

  2012年は2月末に大雪だったようですが、その後まで梅が咲かずに気を揉んでいたみたい(当ブログの記述より。やっぱ日記って役に立つ♪)。今年は昨日の暖かさで薄雲太夫ちゃんはもう満開でした。紅天女ちゃんはまだでーす。

   やっぱ王朝和歌のノリに慣れているので、こういうなんちゃって王朝ふうが、とくに季節の和歌だと、しっくりきます。文法的にあってるかしらって、いつもびくびくですけどね。


|

« 悩ましのレディ | トップページ | おまえは猫じゃなかったのかと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/59072399

この記事へのトラックバック一覧です: 立春寒波到来:

« 悩ましのレディ | トップページ | おまえは猫じゃなかったのかと »