« 続 人の褌で相撲 ― 早熟の天才篇 ― | トップページ | 悩ましのレディ »

2014年2月 1日 (土)

続 文学的キョコー散歩

   ああっもうネタが多くて出し切れないッ。

   そんでもっておかあさん自分のオリジナルはと言うと。

   道のべに水仙咲けるこの夕べ
     仕事のあとの膝をなお折る    舞音

   いや、折りませんから。あー咲いてるなーと思って通り過ぎただけ。屈み込んで、匂いを嗅いだりしたらもう立ち上がれないほどに疲れ切ってました。昨日の現場、駅から15分も歩いたんだもの。町田まで気合いでたどり着きましたが、乗り換えた小田急線でもう精も根も尽きて、
   「おかあさんぎっくりしました。ご飯は自力でおねがいします」ってメイル打っちゃいましたもん。明日(もう今日?)本番の受験生になんてことを。ぎっくり腰ではなかったので、とりあえず寝たらなんとか回復しましたけど。

   上の句はふつーにすらっと出ましたけど、そのあと、下の句をどうするか、それでその水仙がどうなのよ? って悩んで、「仕事で疲れてたけど足を留めて屈んで(匂いも嗅いで)一瞬和んだわー」って風に持っていきました。匂いは嗅がなくてもまあ雅な気分にさせて貰ったから完全に嘘でもないでしょ。

|

« 続 人の褌で相撲 ― 早熟の天才篇 ― | トップページ | 悩ましのレディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/59047526

この記事へのトラックバック一覧です: 続 文学的キョコー散歩:

« 続 人の褌で相撲 ― 早熟の天才篇 ― | トップページ | 悩ましのレディ »