« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013年2月27日 (水)

井の中の蛙よ鏡をごらん

   虎ちゃんはいつも「あんたの言うことは小難しくてわからない」と言われて腐っているようです。こないだも、生徒会のグチで、
   「口頭で説明する資料」云々いいやがりましたので、
   「それがイカンのじゃないか? 公立中の下のコーコーセーの分際では『口頭』なんて言わず『口で』と言った方が通りがいい。なんでもずばっとキメる大袈裟な漢語を使うとカッコイイが……それがいわゆる厨二なんだが、それをやらないとぐっと判りやすくなる。今時NHKだって、『試案、試みの案です』と言い換えている」
   「うちらにとってはそれが普通なの! 口頭ぐらい解るって!」と間髪入れず言い返しやがりましたが。

   さて、ただいま絶賛予算委員会中継中。アルジェリアの事件の対応がまずかったとかで外務大臣が集中砲火を浴びておりますが、ほんと民主党は生き生きしていやがる。
   「このクロノロジーを見てください」といいやがって。

   これはギリシャ神のクロノス:時の神が語源であろうから、なんか時系列に視覚的に列挙した板に描いたものを出してきたので、年表のようなものであろうと適当にネットの辞書でスペリングも類推して検索してみたら、案の定、「年代記」と出ていました。スペルはまちがっとったけどね、「もしかして~」と近いスペリングで実在の単語を、2、3例出してくれるから助かる。

   つい最近まで国政に携わっていたようなユーシューな方にとってはそれは常識の言葉出るかも知れませんけど、中年のオバサンにはどんなファンタジーの化け物かと思いましたから、そこら辺は解りやすく「時間の流れを書いた表」とでも仰ってくださいよ。あなたはそういうユーシューな方ばっかりを相手に政治家をやっていたかも知れませんが。なんのためにNHKで中継しとるの? お茶の間の有権者のためでしょ?

   そして、そういう便利な表のことを、解りやすい日本語に直してくれるセンスの良い文化人は、平成の世ではいなくなったんでしょうかね? なんでもあやしい発音で読み下すか、アルファベットの略語を恥ずかしげもなくおうむ返しに使うかで。テーテーピーだかテーピーピーだか、いつまでたっても覚えられないのは、T はトレィドのT? PPはパンパシフィック? といつも概念がおぼろげだから。トランス-パシフィックかい。ややこしいわ。

   それにしても、ヨーロッパの方ばかり向いておって、太平洋なんか裏口だと思っていやがったくせに、なに、環太平洋の盟主みたいな顔をしだすようになったんだろう、アメリカ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

豹太くんも習わぬ経を読む……?

   晴れて浪人生活に入って毎日伸び伸び過ごしている豹太くんです。今日は、
   「友達と出かける」だそうで。
   「そういえば、いつもの草野くんはもう決まったのか?」ときいてやると、
   「公立狙ってるから最後。なんか新潟の方の」
   「ああ、そういえばあの辺にあったかも」
   野球部のみんなが専門学校やら推薦で行ける大学やらで早々と行き先を決めても暢気にしていられたのは、こういう特進本気で受験組と行き来があったからのようで。
   「新潟はこの週末大変だったんじゃないのか、大丈夫か、草野くんはずっとこっちの子なのか?」と心配になりますと、
   「ああ、小学校の頃は栃木だったって。
    受かってももう新潟はヤダって言ってた」 

   まあそういうこともあろう。嫌わないであげてーとも思いますけどね。

   「マジ『トンネルを抜けると雪国』だったってメイル寄越すから、それ場所違うって返しといた」
   「? あってるぞ、『雪国』の舞台はもろあの上越新幹線のエチゴユザーワだ」
   「え?」
   「天城ーごぉえー♪ は『伊豆の踊子』。川端違いだな」
   「一緒だと思ってた」
   豹太小さくなっちゃった。
   「まあまあ。あそこはほんと、トンネル抜けると別世界だよな」

   母は母なりにフォローを入れておきましたが。
   それにしても、おかあさんも読んでないのに語る語る(国文科卒として恥ずかしくないのか)。

   せっかく仲良くなった草野くんと別れ別れになるのは寂しいですが、合格を祈ってますよ。……そして今日は盛り上がってお泊まりみたいね。豹太、読んでたらメイルぐらいしなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »