« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013年2月22日 (金)

ブラヴォーは一拍待って?

   おかあさんまたよそ様でやらかして

   「雑学のソムリエ」、今日の更新は「フライング・ブラボー」。なんでも、クラッシックのコンサートで、曲が終わるのを待ちかねて「ブラヴォー!」と声を掛けるファンがいらっしゃる。まだ余韻に浸りたいお客もいるのに……とのこと。もしかして、それは「空気が読めてない」という意味のお話だったのかも知れませんが、わたくし、似たようなというかもっと困った実体験があったので、「ああ、経験ありますよ」と書いちゃった。だからよく読めって。あれでしょ? 映画が終わって、まだスタッフロールが流れていて場内暗い内に帰るなって話でしょ? 「ハリーポッター」の、アズカバンの囚人かな? あれは最後の最後にクスリと笑わせる、その巻を象徴する演出があったんだから。最後まで観ましょうよと言う制作側の気持ちが解ります。

   そちらを見に行っていただくと確実なのですが、「フォーレのレクィエムは、構成上ふつうのレクィエムのあとにもう一曲付いた形になっている。そして、その最後の曲の一歩前で、ブラヴォーと声が掛かってしまった。最後の曲、これがフォーレのレクィエムの白眉たるところなので、お客はずっこけてしまっただろう。わたしも一緒に聴きにいった仲間同士、困った客がいたものだ云々言ってしまった。しかし、曲の合間には拍手をしてはいけないそうだが、途中の曲にとても感動した場合など、気持ちを抑えかねて困ってしまうこともある。コンサートのお客をうまくやるのは難しい」云々と書いたのですが。
   いや、最後の音がまだ鳴っている最中のブラヴォーどころじゃなくて、曲の継続してる最中なんだからそれはもうずっこけるどころの騒ぎじゃないだろう。やっぱりマナー違反だったんでしょうかね。

   こういう例はどうなんでしょうね? おかあさんは、
   「これはうちでCDを聴いてるだけじゃあ得られない経験をした、ラッキー♪ 話のネタにもなるし」とほくほくで帰ったと思います。
   「うわっ、『楽園で』の入りにそんな雑音被せるなよ、雰囲気壊れた、金返せ」と思う程じゃあないです。そこまで濃いクラッシック・ファンじゃないなあ。合唱をやっていて、その日の舞台で披露する側のお友だちから買った千円しないようなチケットで、完璧な出来を期待していったわけでもなかったので余計にそう思うのでしょうか。
   あら? じゃあ、外国から来たとっても有名な合唱団で、指揮者もそれなり、お値段も万単位だったら怒ったかなあ?

   逆に、一年この日のために練習してきた晴れの舞台だった場合、ステージの上に乗ってる合唱団員さんにとってはもう、殺してやりたいぐらい憎いでしょうかねえ? ステージは録音して記念にとっとくものでしたし。自分たちの晴れの舞台が、そういう、アマチュア合唱ファン達の笑いのネタにされるなんて悔しいでしょうし(ごめんなさい)。

   そういうことを考えると、とっても大切な一期一会なんだから、よくよく勉強して、雰囲気を壊すことのないように気をつけて行動すべきなんでしょうかねえ?
   でもフォーレのレクィエムは、ある程度合唱曲を知ってるひとこそ引っかかるワナだ!
   まあ、レクィエムという曲のジャンル(死者のためのミサ曲)を考えたらブラヴォー! なんて掛けられないかも知れないですけど。

   じゃあ、プロフェッショナルのオーケストラ奏者や独奏者の方にとってはどうなのかしら? 

   ここの楽章確かにこの楽器の聴かせどころがあって、今日はとてもよく出来た、そこで次の楽章に入る前に「ブラヴォー!」って掛かったら……?
   「ふふん、確かに、今宵のこのコは素晴らしくよく啼いてくれたよ」とイイ気持ちなるのか、
   「まだ一楽章残ってるんだよ、焦るなよ、ぶちこわしじゃないか、こっちの集中もキレるだろ」とイヤーな気持ちになるのか。

   ちょっとお尋ねしたいところです。

   虎美の学校に限らず、学校の吹奏楽部の演奏会なんかだと、聴かせどころでソロ奏者は立ち上がって聞かせたりして、そしてその後は曲の途中でもわーっと拍手が浴びせられたりしてますけどね。そこは文化が違うのかしら?
   オペラなんかは、アリアの度に拍手がわーっと掛かるのがふつうみたいに見聞きしますけどねえ。ええ、演劇としての進行はプッツンプッツン止まってます(それもどうよ?)

   プロフェッショナルならなおさら、
   「そういうことを気になさらないで、楽しんで下されば良いんですよ」と口じゃあ言ってくれそうで。だって、それで、クラッシックのコンサートはお行儀よくしなくっちゃ! ってことになってさらに足が遠のいてしまったら……おまんまの食い上げじゃないですか。プロなのに、「ああ、邪魔です」ってハッキリ言っちゃうのって、どうかと思います。

   でもホントのことを言えば……茂木さんでしたっけ、器楽奏者のエッセイストの方にでもぶっちゃけて欲しいところです。おっちょこちょいのおかあさんはとりあえず人の話を良く読むと言うことで。

   で、自分が演奏する方だったおかあさんがお客として行くときは……音が鳴り終わってから、しばし余韻に浸った振りをして、そこからはっと我に返った如く勢いよく拍手を打ち鳴らします。その辺はもう、阿吽の呼吸で。要らん演技?
   わたし達の周りでは、「あのブラヴォーはサクラ」ってことがありました。うちの合唱団ったら選曲がマイナーすぎて、「もしかしたらアマチュアでは本邦初演?」ってこともあったらしいので、どこで終わったのかも解らない、前衛過ぎてあの和音はあれでよかったのかとっても微妙……って曲の場合、OBなんかにお願いして、あんまり出来が酷いときは止めて貰いますけど、ブラヴォーを掛けて貰う約束をしていたそうです。そういうときは、誰が拍手の口火を切るかもきっと気が揉めたことでしょう。

   あは、やっぱりクラシックのコンサートに行くのが怖くなりました?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女心は不可思議

   ついうっかりほぼ自分の名前を一人称にして呟いていたらしい虎美。

   「カーニャはね」って、ほぼ本名ですがそれがとっても恥ずかしくて突っ伏してばたばたなのに、
   「虎ちゃんね」(筆名)がオーケーなあたりの感覚がわからない……。

   そういうおかあさんはオレオレ詐欺対策に、
   「まいこちゃんどえ~っす」と実家に電話を掛けるときは名乗っています。素で
   「クリストファー(仮名:弟)や、あ、まちがったまいちゃんや」と語りかけてくる母にはこれ位してもやり過ぎと言うことはないと思ってたりして。

   あ、親から貰った名前が重すぎて苦労したうちの姉弟ですが、なんと弟の方はモンゴル帝国の皇帝に同じ名前がいたことが判明。父は全然知らなかったそうですが、なんたる偶然。まーそれくらいフツーじゃねー名前って事よね、迷惑。虎ちゃんには一学年に1人2人被ってる名前がいる程度の人生でほどよく個性的に生きていって貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

「Q.E.D.」&「C.M.B.」 ミステリコミックは誰のための物なのか?

   例によってW発行であります。加藤元浩によりますミステリ・コミックの「Q.E.D.」&「C.M.B.」もうそれぞれ大河過ぎて一見さんは入ってこれない感じなんですが、無事に巻を重ねております。「Q.E.D.」なんて大河になりすぎて(もう40巻を超えた)サザエさん時空に突入。最近は高校生活の描写がないからもう卒業しちゃったことになったのかなと思ったら、またれいの愉快な探偵同好会が最新刊では登場して。冒頭またただの酔っぱらいを殺人事件の被害者に仕立てて大騒ぎしてお目玉を食らっていたかと思えば。珍しく犯罪の解明に寄与して「正しく探偵らしいこと」をしていたのでした。うん、珍しい。

   もともと超マイナー誌で連載していた「Q.E.D.」は、とうとう掲載誌がなくなってしまって、さらに新しい(刊行がまばら?)雑誌に移動したあとは、その雑誌に掲載した分プラスまるまる中編一本単行本書き下ろしで刊行ペースを守っています。ある意味凄いです。ほかの雑誌では1年に1冊以下のペースでしか出ない作品もあるのに。まーたしかにわたしこの作品雑誌を買ってまで読んだことないですけど。だって書店にあんまり入ってないし、少年向け雑誌だし。「Q.E.D.」読者でこれじゃあ潰れるワケよね。

   それでも続いているのは、質の高い論理系ミステリのコミックをコンスタントに出しているという作者の偉大さに拠っているんじゃないでしょうか。今回の「A面作品」、探偵同好会(の助っ人燈馬くん)が目の前の犯人の不可能犯罪を前に、いかにしてそれを成し遂げたかを証明する辺りのギリギリの論理の展開は往年のコカコーラ級の「スカッと爽やか!」でした!

   そんでもって恒例「B面作品」の、人の死なないコージーミステリの方は、よくよく考えるとこの「事件」で利益を得るのは「犯人」なんだけど、まさかあの人物が事件を企図したとは思えなくて、二度びっくり! の面白さだったのでした。いやフェアだったけどね。何度も提示されてた「犯人」のスペックがそんな凄いものだったなんて。いえいえ、この作品では、いろんなひとがいろんな隠し芸を持っていて、それをそれぞれ出し合って「犯人」からの謎を解いていくので、そこが面白かったんですが。ここは「犯人」と言うより「ゲームマスター」と呼ぶべき。また、過去の事件で主人公燈馬くんが「ゲームマスター」として参加していることがあったから、燈馬くんが出てくるのもうまいミスリーディングになってましたよ。今回は燈馬くんもゲームの駒でした。ロキに久し振りに逢えたのがうれしかったかな(エバも呼んでください)。

   「C.M.B.」の方は、反対になんか結末が切ないというか後味悪い系で、うちの子たちは「もやっと」だと言っていました。最近「C.M.B.」はそういうの多いかも。いやいや、もともとこっちの方は、そういう世の中の複雑さ、ひとの価値観には色々あるのだというのを示すこともテーマのうちに入ってると思うので、これはこれでいいのかも知れません。

   ってことは、ただ日常生活で殺人が起きて、誰が次に殺されるか解らないドキドキを一緒に感じたり、アリバイのトリックやら物理的なトリックを主人公が解いてスッキリ! することを目的としたミステリとは方向性が違うのかも知れません。

   そういうのを若い主に少年に経験して貰うのがこのコミックの目的なら、それはそれで存在意義があると思うんだけれど、それにしてもこの質の高さはお子ちゃまだけに読ましとくのはもったいないですよ! 絵がね、絵が難なんだなあ(何度でも言う)。作者は割り切ってこういう画風で固定したらしいんだけど……。いや、毎度こう言ってるけど、読み直したらそんなひどくもなかった。デッサンとか画力とかが積極的に酷いんじゃないんだ。パースもしっかりしてる! ただ、……なんというか華がないだけ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

ハートのエースが出てこない

   往年のキャンディーズの曲はどれも出だしがキャッチーだのう。でも、最初のワンフレーズだけ有名で、サビがどうだったかはとんと思い出せない……って、「ハートのエースが出てこないは前サビ(サビ:曲の主眼となる一番盛り上がるメロディの部分 が出だしに来る構成の曲)だったよ。

   おかあさんが待っていたのは合格通知です。って、それはどっちかっつうとダイヤのエースだな、以後金が出て行くサインだから。

   豹太くんはおばかちゃん高校なりにがんばって、特進クラスからなんとか首都圏の国公立を目指しておったのですが、いかんせん高校野球にはまって、帰宅したら自室へ直行、進学校でほぼ帰宅部だったおかあさんは当然勉強をしているものと思っていたのですが、そんなわけない! のが世の常で。ニコニコ動画にはまっておったようです。
   普通の高校球児と同様、ほとんどお勉強をしない青春を送り、流石高校創設以来最高の第4回戦進出(神奈川は190校参加の激戦区なの!)を決めた豹太が受験勉強を始めたのは7月も終わりになってからだったのでした。そんで、ほんとに先生のいうように一日12時間勉強したかって、してなかったみたいだしね。

   「どこ受けるん?」と聞く度に顔が曇っていって、模試の結果もはかばかしくなく、センター試験を受ける頃には「国立はムリ」という事態になっていたのでした。
   「それでもセンター利用があるから」ということでセンター試験を受けて、2月には2つほど受かりそうな私立を決めて、なんだか大船というより泥舟にのったような受験シーズンに突入したのですが。

   「それで、ズートサガミが滑り止めで良いのか、ズートサガミなら受かりそうなんだな?」
   「……うん」
   「本命は結局ツェントルムなのかヤーパンか。相済まんが母は田舎もので大学は帝国大学以外は早稲田と慶應以外は知らぬ。あとは適当に受かりそうなところを先生に紹介してもらうがよい」っておかあさんあまりにも世間を知らなさすぎ。
   「……おかあさんもうひとつ受けても良い?」
   「からだは1つしかないんだ、受かったとしても行くのは1つ! 入学金の無駄! 絶対行きたいところと絶対大丈夫なところ1つずつ受ければよろしい!」
   「おれはオスト帝国大学だけしか受けていない。死んでも合格すると思えばなんとかなる」
   いや旦那様の受験のしかたはわたしも豪気だと思うけどさ。
   しおしおとなった豹太は結局なんか御茶ノ水のあたりと湘南の辺りを受けた模様。

   今年のセンターもなんだか異変があったとか、ヒアリングの試験でキムチが出て失笑が漏れたとかで、話を振っても豹太浮かぬ顔をしてましたが。だいたい年が明けてから、
   「寝ようとしても眠れない、起きて勉強しようとすると眠くてしょうがない」地獄にはまって、全然勉強できてなかったようなので。

   それでも豹太は「持ってる」と信じていたので、
   「大丈夫、おまえはキセキの世代だから! シックスマンになるのだ!」
   「おかあさんダメ! おにいちゃんチキンだからそんなこと言ったらプレッシャー!」と、あくまで軽いノリで合格通知を待つ日々を送っていたのですが。

   「合格通知はいつ来るのだ? 電報は頼んだか? 首都圏の受験生は見に行くのか?」と尋ねましたところ、
   「書類はうちに送られてくるから」とのこと。願書を瞥見しましたところ、今は学内掲示板に番号を貼り出したり等せず、ネットや携帯で受験番号から簡単にチェックできるんだそうで。今朝もポストを覗いてから出ましたが、まだなんにも来てなかったですね。

   今日、うちに帰りまして、
   「おーいどうだったー?」とあくまでも軽いノリで声を掛けましたら。おにいちゃん布団に潜り込んでましたよ。
   「どうしたー? 合格通知は?」と聞くと、
   「ダメ」と一声。
   「え? どっち、ズートサガミの方? ヤーパンは?」
   「全部
   「あちゃー」
   大逆転で受かってたら寿司でも食べに行こうと思ってたのに。やっぱ世の中甘くないわ。

   サクラ散る。ま、しょーがないですね、ダメだったもんは。おかあさん放任しすぎ。ちょっと反省しました。

   ってことで、「第二次サクラ咲くオフ」はムリでしたが、年度も改まりましてから、「サクラ散るオフ」もとい、「子供なんか親の思うとおり育ちゃしねえ母の悩みは海よりも深いオフ」開催をここに宣言させていただきます。昨年お目もじさせていただいて以来1周年記念ということで、お心当たりの方には時期を見てご案内させていただきますのでよろしく。

   ってことをつらつら考えながら打ってたら眼を覚ましたおにいちゃんに夕食を所望されました。おまえなんかふりかけご飯食ってろ!(打ち始める前に仕掛けといたご飯は炊けていた模様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »