« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月29日 - 2014年1月4日 »

2013年12月19日 (木)

世に言われることはケッコー正しい

   こないだの「船に乗れ!」のレヴュウからのつながりで。

   関連で「画狂人ラプソディ」を出してきて、最近記憶力の減退を感じているので念のためどういう話だったか調べておこうとググると、葛飾北斎(画狂老人卍とか号したことがあったらしい、タイトルはそこから)に関わる埋蔵金探しの話と書いてあって、全然違う話やん! と読み進めると、ヒロインについての言及があって、やっぱこれでよかったか、と胸をなで下ろしてみたり。

   作者の森雅裕は「モーツァルトは子守歌を歌わない」(こっちは乱歩賞、「画狂人ラプソディ」は横溝賞佳作)の方が有名だと思ってるんですが、シリーズとしては「椿姫を見ませんか」の尋深さんシリーズの方が出ていますね。そういう音楽と美術の絡み合う世界の中才能の限界としがらみに苦しむ若い人を描くことが多いのかな。「デビュー作に作家の全てが現われる」という見方があるようですが、タッチの差でデビュー作となったのがこの「画狂人ラプソディ」となると、なかなか世の中で言われていることは確かなんだなあと感嘆しました。

   そんでもって、暗号解読埋蔵金ものも好きなはずなのに、まるっきりその側面は忘れ果てて、芸術を志しながらも諸般の事情で諦めざるを得ないヒロインの姿を心に強く焼き付けていたわたしは、ちょうどその頃仕事が忙しくなって合唱をやめてしまっていたなあと思い出し、人間結局自分の見たいものしか見ないのだという境地に達したのでありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

このぐらいはまりました

   試験期間中、午前中で虎美帰って来ちゃうのにお昼を手配しておくのを忘れて、そういえばもうお小遣いないって言ってたなーと焦ったおかあさんの脳裏に浮かんだあのシルエット! この年末が賞味期限って書いてあったわよ。と、仕事場で携帯を取りだして書き書き。

   「第一の令呪を以て命ずる。
    宝具の開帳を許可する。

   虎美よ乾パンを食え!

   えーと、Fateの物語世界観で、令呪ってのは主人公である魔法使い達が契約したいろんな過去の伝説の英雄の霊たち:英霊(この言語感覚はちょっとびっくりしますね)に有無を言わさず物事を行わせてしまうことができる命令で、一契約に付き3つしかもてないようになってるみたいです。その英霊に自殺を強いたり、作中の皆が望んでいる究極の宝物「聖杯」をぶっ壊せと命じることもできました。そんな貴重な命令をこんな所に使うか。
   宝具ってのはその英霊が持ってる必殺の武器ですねー例によって史実空想とりまぜていろいろ逸話のあるもので小難しい漢字の名前に意訳盛りもりのカタカナが振ってありますね。いや、物語で語り継がれている正式名称に綺羅綺羅しい漢字を付けたのかな。
   そんでもって、その宝具を実戦使用して良いよってのが「開帳を許す」という文言なのですが。まあ、開帳ってのは辞書的意味だと普段公開してない秘仏やなんかを厨子の「扉を開けて」拝観させてくれるっていうような意味だと思いますんで、誤用まで行かないセンス良い拡大用法だなと思うだけです。

   そしてそういうメイルを貰った虎ちゃんは、実に昂奮した感じの返信を寄越してくれました。

   「でも、『宝具の開帳』は令呪じゃないでしょ」と冷静な突っ込みはそのあと。ああ、うん、いちいち闘うのにそんなコトしてたら令呪すぐ使い切っちゃうよね。「宝具の開帳」って書いたらなんかスイッチ入ってFate っぽくまとめたくなったの。

   そしてお兄ちゃんも参戦し、おかあさんが帰宅した頃には成人が3日食いつなげるはずの乾パンは猫科の人たちによって食い尽くされていたのでした。
   今地震が来たらどうしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

結構生き残っているらしい

   ツィッターを見ていた虎美が聞こえるように声をあげました。うちでは結構それぞれが漫画や本なんか読みながら面白いネタがあったら読み上げて受けを共有しますです。新刊の時はおかあさんネタバレ中継しないでと時々言われますが。

   「この味がいいねときみが言ったから」

   ああ、サラダ記念日だね、とうとうそこまで行ったかと思って耳をそばだてていると、

   「次の課題は再現性の確保」って。

   「ちょ、なにそれ!? それって理系! シグリン?」
   「いや、流れてきただけ」
   「お兄ちゃん来たら言ってみよう」

   豹太お風呂から上がってきましたよ。

   「……どう?」
   「それはネタ?」
   「いや、有名な短歌があって、そのパロディ? もっぺんこの通り作れるようになろうねってのを固く言ってみた?」
   「ああ」
   「理系でしょ?」
   「そんなことで理系~! って言っちゃうのがちゃらい文系ッ
   ほんとの理系はそんなこと考えないのッ」
   「キビしー!(しょぼん)」

   「問十二、夜空の青を微分せよ。街の明りは無視してもよい」

   なんてのがネットで評判になるくらいだしな。意外と短歌ってのはまだまだ平成の世に生きているらしいです。おかあさんは好きよこういうの、きゃうんってなっちゃうわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月29日 - 2014年1月4日 »